基本的に面倒くさい作業に関することだ。

WordPressで運営されているサイトは、

  • ダッシュボードからテーマをアクティブにしたり
  • ダッシュボードからプラグインをインストールしたり
  • ダッシュボードからテーマ&プラグインをアップデートしたり
  • ダッシュボードからテーマ&プラグインを削除したり
  • FTPで接続しダウンロードしたフォルダをインストール

したりする。

これはこれで良いが、サーバー環境に直接アクセスし、コマンドラインから諸々操作を行うほうが、最終的に楽である。

筆者が運営しているWordPressサイトはAWSやVPSで動作しているものがあり、これらのタイプはSSHで接続しコマンドからアップデートすることが多い。

この、WordPressをコマンドラインで操作するツールが『WP-CLI』であり、本記事で紹介するものだ。

ちょくちょく各種コマンドを調べるのも面倒なので(忘れたりする)、自分のメモついでにWP-CLIで使用するコマンドを例と共に紹介したい。

WP-CLIをメンテナンスしている企業

WP-CLIは、Wordpress界では著名である企業が継続的なメンテナンスを行っており、信頼性は高い。

WP-CLI
メンテナンスを行っている主な企業

プラグインの操作

Background vector created by dooder – www.freepik.com

インストール

wp plugin install broken-link-checker contact-form-7

--activateをつけるとインストールと有効化を同時に行える。

プラグインの有効化

wp plugin activate wp-multibyte-patch 

プラグインの無効化

wp plugin deactivate broken-link-checker 

 アンインストール(無効化した後)

wp plugin uninstall akismet hello 

インストールされたプラグインの一覧と状況

wp plugin status 

頭にAがあるものは有効化されているもの、Uが付いてるものはアップデートが出てるもの。

プラグイン検索

wp plugin search hogehoge 

アップデート

まとめてアップデート

wp core update && wp plugin update --all && wp theme update --all && wp core language update 

全てのプラグインをアップデート

wp plugin update --all 

特定のプラグインをアップデート

wp plugin update addquicktag contact-form-7 

翻訳ファイルのアップデート

wp core language update 

WordPress本体のアップデートが出てないか確認

wp core check-update 

WordPress本体を最新版にアップデート

wp core update 

WordPress本体を指定バージョンにする

wp core update --version=4.0.1 --force 

アップデートで不具合が起き戻すときに。--forceが必要。

パスやバージョンを指定してwp本体をインストール

wp core download --locale=ja --path=/var/www/html/wordpress --version=4.5.2 --force 

--force 付けると存在するファイルを上書きできる。

メディアの操作

サムネイル画像の再生成

wp media regenerate --yes 

--skip-delete で現在ある画像を削除せず残せる。

ホーム/Picturesにあるjpg画像を全てWordPressにインポート

wp media import ~/Pictures/**\/*.jpg 

テーマの操作

インストールされたテーマの一覧と状況

wp theme status 

頭に付いてる文字の意味はプラグインと同じ。AとU。

全てのテーマをアップデート

wp theme update --all 

テーマの切り替え

wp theme activate twentysixteen 

記事とタクソノミー

固定ページ記事の記事タイトル一覧を表示

wp post list --field=post_title --post_type=page 

カテゴリ登録

wp term create category 'テスト' --slug=test 

カテゴリ更新

wp term update category 4 --name=Sample --slug=sample 

ユーザーの一覧

wp user list 

WP-CLI自体の操作

バージョン表示

wp cli version 

アップデートがあるかチェック

wp cli check-update 

wp-cliのアップデート

wp cli update 

--nightly 付けるとナイトリービルド版を使用できる。

その他

データベースの修復

wp db repair 

データベースの最適化

wp db optimize 

ヘルプ

wp help wp help cli

参照:Qiita

You May Also Like
続きを読む

月$3.5〜のAWS Amazon Lightsailで独自ドメイン&SSL化されたWordPressを構築してみた、中規模なコーポレートサイトやブログにオススメ

ロリポップで契約していたウェブサイトの動作が遅すぎたので、サーバーを移行しようと考えていた。小規模なウェブサイトであったし、VPSや新規にレンタルサーバーを契約するほどでもない。 そんな時、月$3.5から利用できるAWS…