世界で最も人気のコンテンツ管理システム(CMS)であるWordpressを使用し、サブスクリプションサービスを作る方法を紹介する。

ブログ、E-コマース、ランディングページ、ブッキングサイト、求人サイトなどなど幅広いタイプのウェブサイトを構築できるので、Wordpressは非常に便利なプログラムだ。

W3Techsによると、WordPressはCMSを使用していないもの、CMSを使用しているものなども含めて、インターネット上すべてのウェブサイトの34%を占めている。言い換えれば、WordPressを採用しているウェブサイトの割合はウェブサイト全体の3分の1のもなるのだ。

これは、多くの人が使っていることで知見が集まりやすい事を意味する。

今回紹介する方法は、To B向けSaaSや数万人規模の顧客で構成されるサービスには向かず、どちらかといえばスモールビジネスでサブスクリプションサービスを作りたい人に向けたものとなる。

また、DjangoやLaravel、Rails、Reactなどを使用してウェブアプリケーションを構築する予定である事業者が、PMF(プロダクトマーケットフィット)するまでWordpressにより簡易展開するのにも使えるだろう。

サブスクリプションサービスとは

サブスクリプションサービスとは、決められた期間でユーザーから課金を受け、課金された期間サービスを提供するものをいう。

例で言えば、Netflix、Spotify、Kindle Unlimited、Tinder、Photoshop、家賃などだ。これらのサービスは、1ヶ月ごとに定額を請求し、定期支払いすることでユーザーはサービスの使用を享受できる。

サブスクリプションサービスを、ユーザー側、事業者側ともにメリットを示そう。

ユーザー

  • 一括決済すると高価なものを分割することで安価に利用できる
  • 支出計画が立てやすい
  • モノを購入しなくて良い
  • 勝手にアップデートしてくれる
  • その時の需要に柔軟

事業者

  • 定額✕サービス料金=売上なので事業計画が立てやすい
  • 随時機能をアップデートできる
  • ユーザーの声を拾いやすい
  • ユーザーを満足させることが売上アップになるので、良いプロダクトを作ることに集中できる

といった事が挙げられる。

所有権から使用権へ、という言葉が流行していることから分かるように、モノを購入するよりもサービスとして使用することに価値を置いている人が多いように思える。

したがって、何かを販売する際に、売り切りモデルを取るのか、サブスクリプションサービスを取るのか、その事業の性質にもよるが、選択肢の1つとして入れた方が良いことは明白である。

WordPress ✕ サブスクリプションサービス

では、扱いやすいWordpressを用いてサブスクリプションサービスはできないのか。

答えから言えば、できる。

WordPressには、E-コマースを構築できる拡張機能でWoocommerceというものがある。

サービスの定期決済は商品の購入とイコールなので、サブスクリプションパッケージをWoocommerceで販売してしまえば良いのだ。

今回はタイトルにつけている通り、無料で構築する方法を紹介する。

Woocommerceとは

WooCommerceは、WordPressに構築されたオープンソースのE-コマースソリューションだ。ビジネスを始める場合、既存のオンラインストアを継承する場合、顧客のサイトを設計する場合などと使用の自由度が高い設計なため、すぐに着手し思い通りのストアを開設できる。

WordPressを主体となって開発しているAutomattic社がWooCommerceを開発しているので、コードの安全性もある程度担保され互換性は問題ない。

設置方法は簡単で、WordPressサイトで無料のWooCommerceプラグインを有効化し、オプションのガイドツアーに従うだけでオンラインストアが数分でできあがる。

税率や配送料金などを設定すれば、決済画面で自動計算してくれるなど、簡単で便利かつ高機能なものとなっている。

WooCommerce Subscriptions

WooCommerceでサブスクリプション商品を販売するときに必要となるのは、「WooCommerce Subscriptions」というプラグインだ。ただし、このプラグインは有料であり決して安いものではない。

余談だが、WooCommerce Subscriptionsの開発元であるProspressはAutomatticが買収したので、今後機能や価格が変更されるかもしれない。

執筆時点で、最新バージョンは2.5.6となっている。

価格はサイト毎のライセンス制で、1年のアップデートとサポートが保証される。

  • 1サイト:$199.00
  • 5サイト:$249.00
  • 25サイト:$399.00

可能な決済手段は以下の通り。日本では、PayPalとStripeを使用すれば良いだろう(Amazon Payは決済手数料が高い)。

決済サービス停止キャンセル最有効化
Amazon Pay
Authorize.net CIM
Bambora
Chase Paymentech
Elavon Converge
eWay
FirstData
GoCardless
Intuit
Merchant Warrior
Moneris
NAB Direct Post Gateway
Netbanx
NETbilling
PayFast
PayPal Checkout 
PayPal Digital Goods
PayPal Powered By Braintree
PayPal Reference Transactions 
PayPal Standard
PayTrace
Peach Payments
Pin Payments
PsiGate
Realex
Realex HPP
SagePay Direct
Sage Payments USA
SecurePay Direct Post
Stripe
TrustCommerce
Wirecard
WorldPay

では、どう考えても有料になりそうなWooCommerce Subscriptionsを無料で使用する裏技的なことを教えたいと思う。

最新版で常にアップデートしなければならない方は、おとなしく199ドル以上払ってプラグインを購入してくれれば良い。

さて、複数人で行うプロジェクトのコードを管理するサービスに、Githubというものがある。もう、お気づきの方もいるだろう。

WooCommerce SubscriptionsのミラープログラムがGithubで無料公開されているのだ。

せっかくご好意で無料公開されているのだ。ありがたく使わせてもらおう。

緑色になっている「Clone or download」をクリックし、「Download ZIP」からダウンロードする。ダウンロードしたZipファイルをプラグインの新規追加からアップロード、または解凍してFTPクライアントからドラッグ&ドロップでアップロードする。

アップロードできたら有効化するだけ。もうサブスクリプションサービスを販売する準備は整っている。

機能

設定方法は簡単。プラグインは日本語化されていないので多少英語を分かる必要はあるが、Google Chromeの翻訳機能を使えば問題ないだろう。

関連:情報収集は英語で行おう。パソコンとスマートフォンでそれぞれウェブサイトを翻訳する方法を紹介

商品の新規追加の際、商品データで「基本的な商品」となっている所を、WooCommerce Subscriptionsを有効化されることで表示される「Simple Subscription」あるいは「Variable Subscription」で設定する。

サブスクリプション

基本的に、サブスクリプションプランはあまり多く作ってもユーザーが混乱し、また管理も大変になるので「Simple Subscription」のみを使用することになると思う。

WooCommerce Subscriptionsでできることを挙げてみる。

フリートライアル、無料登録

サブスクリプション

初期金額を請求して顧客の設定費用を計上したり、サブスクリプション料と無料試用版を製品に追加し、実使用の前にテストできるようにできる。

サブスクリプションの管理

サブスクリプション

管理画面から「WooCommerce > Subscription」でサブスクリプションを管理できる。一時停止、キャンセル、試用期限の変更、商品を追加、配送料、手数料、税金、決済周期の変更など、基本的な設定はすべてWordpressの管理画面から行える。

アップグレード、ダウングレード

サブスクリプション

顧客が異なるサブスクリプション製品間でアップグレード、ダウングレードできる。

支払い周期の設定

サブスクリプション

月の特定の日にのみ出荷したり、すべての顧客で同じ会員期間を設定するなど、サブスクリプションの更新同期機能を使用できる。

柔軟な製品オプション

サブスクリプション

サブスクリプション商品を作成するときは、ダウンロード可能製品、バーチャル製品、物理製品、毎週、毎月、毎年、商品は顧客1人に限定、初回注文時のみ配送料を請求するなど、柔軟なオプションがある。

複数のサブスクリプション

サブスクリプション

顧客は同じトランザクションで異なるサブスクリプション商品を購入することもできる。

クーポン

サブスクリプション

サブスクリプションに定期割引クーポンや登録クーポンを追加できる。

メール

サブスクリプション

サブスクリプションの支払いが処理されたとき、キャンセルされたとき、期限切れになったときなど、顧客へ自動的にメールを通知する。

まとめ

簡単にWordpressでサブスクリプションサービスを展開する方法を解説した。

WooCommerce Subscriptionsは、基本的に求められるサブスクリプション機能を概ね満たしており、「事業立ち上げ時」や「すでにWooCommerceで商品を販売している人が新たなパッケージ追加する」などを迅速に展開できる。

流行りのオンラインサロンなども、オンラインサロンの構築サービス(DMMやCampFireなど)に手数料を払わず構築できるようになるだろう。

僕はスモールビジネスが好きなのだが、この記事の見て、コーヒーの定期配送を始めてみたり、まともなオンラインサロンを始めてみたり、動画教材の見放題サービスを始めてみたり、アパレルのレンタル事業を始めてみたりなど、事業者の売上げアップ&新規事業の創出に貢献できたら幸いだ。

*注意事項

  • 決済手段としてPayPalやStripeを使うことになるので利用規約をよく読んでおこう。
  • ドメイン代やサーバー代に費用がかかるのは当たり前すぎるので無料として考慮していない。
You May Also Like
続きを読む

月$3.5〜のAWS Amazon Lightsailで独自ドメイン&SSL化されたWordPressを構築してみた、中規模なコーポレートサイトやブログにオススメ

ロリポップで契約していたウェブサイトの動作が遅すぎたので、サーバーを移行しようと考えていた。小規模なウェブサイトであったし、VPSや新規にレンタルサーバーを契約するほどでもない。 そんな時、月$3.5から利用できるAWS…