冬に多くのビタミンDが必要な理由

冬健康
Photo by Bob Canning on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

寒い真冬では、ビタミンD欠乏症や感染症のリスクが高まっていきます。

ビタミンDは、日光にさらされることで生成され、また、サバやイワシといった魚、キノコ、乳製品にも含まれており、健康に不可欠です。

人間は健康を維持し、感染症と闘うためにビタミンDを必要としています。

皮肉なことですが、人がビタミンDを最も必要とする冬に、我々は十分に摂取できていません。

ビタミンD

では、ビタミンDはどれくらい取るべきなのでしょうか。また、サプリメントで摂るべきなのか、どうすれば簡単に摂取できるのか、誰が最も必要とするのでしょうか。

ペンシルベニア州立大学の免疫学教授であるMargherita T. Cantorna氏は、免疫細胞におけるビタミンDの機能を研究している人物です。

Cantorna氏は、なぜ免疫系にビタミンD受容体があり、どの細胞がビタミンDを利用できるかを解明することに興味を持っていたそうです。

免疫系では、ビタミンDが感染症に対する抵抗力を高め炎症を抑える働きをします。

ビタミンDの摂取場所

ビタミンDは、日光を浴びた後の肌で作られるため、『日光ビタミン』とも呼ばれています。

日焼けの原因となる紫外線B波は、ビタミンDも生成します。

日焼け止め、UXカットのアパレル、冬の日光の減少は、ビタミンDを生成する皮膚能力を減少させるのです。

ビタミンDレベルの減少リスクが最も高いのは、有色人種と高緯度に住む人々です。

皮膚の色が濃い人は、白い人より年間を通じてビタミンDが少ない傾向にあるからです。これは、色濃い皮膚は、紫外線のビタミンD産生を妨げるためです。

冬には、高ビタミンD食品に加え、成人は食品やサプリメントからビタミンDを摂取し、少なくとも600IU/日のビタミンDを摂取すべきとされています。

ビタミンDは骨や微生物にとって重要

当初、医師たちはビタミンDは骨の健康にのみ重要だと考えていました。

これはビタミンDの不足が、子どもの「くる病」や大人の「骨粗しょう症」など、骨の病気を引き起こしたからです。

しかし、1980年代に研究 者たちは免疫細胞ビタミンD受容体を持っていることを発見しました。

ビタミンD

Cantorna氏の研究では、ビタミンDが消化管の健康維持に、重要な役割を果たしていることが分かっています。

高レベルのビタミンDは、動物およびヒトにおける炎症性腸疾患クローン病腸や肺感染症に対する感受性を低下させます。

つまり、ビタミンDは腸内細菌(微生物)の健康を保つため重要であることを示唆しているわけです。

ビタミンDは腸内に生息する微生物の数と多様性を増加させ、それらが一体となって全身の炎症を軽減するからです。

低レベルのビタミンDは炎症性腸疾患と関連します。日本の炎症性腸疾患患者は、他の季節よりも冬に多くの症状を示すことが、研究によって明らかにされました。

ビタミンDが冬に重要な理由

冬に人は多くの感染症リスクが高まり(インフルエンザなど)、外で過ごす時間が少なくなります。

健康な成人が摂取すべきビタミンDの正確な量については議論があるので、いくつか紹介します。

一部の専門家は、200〜2,000IU/日を推奨しています。アメリカでは、医学研究所が成人に対し600〜800IU/日を推奨しているのに対し、内分泌学会は1500〜2,000IU/日を要すると述べています。

冬は日光量が減るため、外出時にビタミンDを作る能力が低下します。したがって、食品やサプリメントからビタミンDを摂取すると、夏と同等の状態を維持しやすくなるのです(600IU/日以上目安)。

しかし、他の多くのことと同じように、ビタミンDの過剰摂取は有害な場合もあります。

ビタミンD

皮膚がんのリスクがあるため、皮膚科医などの専門家は、ビタミンDを摂取するために、過度の日焼けではなく、サプリメントを推奨しています。

しかし、摂取量が多すぎるとビタミンD中毒が起こることがあります。

アメリカにおけるビタミンDの摂取量を設定した専門家は、有害な副作用を避けるため、成人はビタミンDを4,000IU/日以上摂取しないよう推奨しています。

ビタミンDは食事でカルシウムを吸収するのに役立ちますが、ビタミンDレベルが高すぎると、血液中のカルシウム濃度は上昇し、腎臓病を引き起こすこともあります。

まとめです。

冬の間にビタミンDを多く摂取することで、腸内細菌が健康になり、年間を通して感染や炎症に対する抵抗力が高まります。

参照:theconversation

健康

↓↓↓移動中やスキマ時間にインプットできるAudibleはオススメです✌️

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント