2020-01-20 (月曜日)

ジャック・ドーシーなど、VCや企業がアフリカに興味を持つ理由

- Advertisement -

Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、アフリカへ注力する実業家である。

詳細を明らかにしていないが、TwitterとSquareのCEOであるドーシー氏は先月、来年は最大6カ月をアフリカ大陸で過ごすと発表した。

ドーシー氏だけでなく、他の経営者やベンチャーキャピタル(VC)も、アフリカ大陸で起こるテクノロジー爆発とその利益に可能性を見出している。

ブルッキングス大学のアフリカ・グロース・イニシアチブの研究員であり、クリントン前政権で国務副長官を務めたウィットニー・シュナイドマン氏は、以下のように述べている。

「テクノロジー分野で多くの投資機会と成長が起きている。ジャック・ドーシーは、アフリカ市場の複雑さを理解し始めるため、適切な時期に、適切な場所にいて、適切な時間を投資している」

 Witney Schneidman

最近発表された国連のレポートによると、アフリカには若い人が増加しており、シュナイドマン氏はこの人口を「テクノロジー起業家にとって自然な市場」としている。

アフリカ54カ国の総人口は13億人で、平均年齢は19歳。今後30年間の世界人口増加の半分以上は、アフリカで起こると予想される。

アフリカはまた、銀行口座を持っていない人々の人口が世界で最も多く、金融技術や決済の分野の企業にとって魅力的だ。

Facebookの初期の投資家でAccel PartnersのパートナーでもあるJim Breyer(ジム・ブレイヤー)氏は、アフリカの投資機会を2000年初めの中国に例えた。

現在はBreyer Capitalの創設者で、北京に拠点を置くIDG CapitalのCEOであるブレイヤー氏は、アフリカの有望な企業は必ずしも何か新たなモノを発明するわけでなく、「テクノロジーを活用する新しい方法」を見出していると述べた。

「アフリカでは、スマートフォンや他プラットフォームの利用を通して解き放たれた、飛躍の機会が生まれている。アメリカをはじめとする一流大学の優秀な人材がアフリカ大陸へ戻り、起業家や開発者の人材プール拡大に貢献している」

Jim Breyer

ベンチャー投資

大手テクノロジー企業も注目しはじめ、多くの企業を軌道に乗せるため、スタートアップのアクセラレータプログラムを開始した。

Microsoft(マイクロソフト)は今年5月、ケニアとナイジェリアを皮切りに、同社初のアフリカの開発センターへ、今後5年間で1億ドルを投資すると発表した。

FacebookとGoogleは、いずれもアフリカのローカルスタートアップのアクセラレータープログラムを持っている。

中国のコングロマリットであるAlibabaも同様のプログラムを用意している。12月、Alibabaの共同創業者であるJack Ma(ジャック・マー)氏はNew York Timesに論説を掲載し、アフリカの起業家が推進する「次のデジタル革命」を概説した。

一部の企業はベンチャーキャピタルの道を進み、アフリカのスタートアップへ戦略的投資をしている。Visaは、アフリカの消費者向け決済製品である、PalmPayの株式20%を取得すると発表した。

ラゴス(ナイジェリアの都市)とサンフランシスコを拠点とするオンライン決済プロセッサのFlutterwaveも、人気のある投資先である。Pitchbookによると、UberやAlipayと提携し、Salesforce Ventures、Mastercard、Google Developers Launchpadなどから資金を調達している。

ブレイヤー氏は、2017年にガーナのヘルスケア企業であるmPharmaを支援していた。mPharmaは、今年に入ってケニアで2番目に大きな薬局チェーンを買収している。

また、Eコマース企業のSokowatchAfrica Health HoldingsJetstreamApollo Agricultureも支援している。

インフラ未整備が持つ機会

既存のレガシーシステムがないことも、投資機会の一部だ。

Sokowatchの初期投資家の1人である、Lynett Capitalの創設者Ben Lynett(ベン・リネット)氏は、インフラの未整備は投資機会であり、障害でないと言う。

2016年からアフリカに投資しているリネット氏は、以下のように話している。

「テクノロジーで解決可能なインフラが欠けていることを目にしている。つまり、インフラが不足していて、何も構築されていないところでは、飛躍的な成長の可能性がある。何が理にかなっているのか理解し、独自の方法で適用することが最適だ」

また、バリュエーションは「合理的である」という。CB Insightsによると、10億ドル規模のスタートアップ400社のうち、アフリカに拠点を置くのは2つだけである。

中国のベンチャー投資家は、アフリカ地域へ積極的に投資している。

ナイジェリアのフィンテック企業OpayとPalmPayは、2019年第4四半期に中国のベンチャーキャピタルから2億2000万ドル以上を調達した。

しかし、リネット氏は、規模を拡大したとき、テクノロジー人材を十分に確保することは難しいかもしれないと述べている。

ナイジェリア

ブルッキングス大学のシュナイドマン氏は、アフリカ54カ国にある『困難なルール』と『規則の一貫性』を知り、その市場で現地パートナーを見つける必要があることも逆風になり得ると言う。

将来性に賭けた投資家たちは、不確実性を十分に理解している。今後のアフリカビジネスに注力したい。

参照:CNBC


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

iPhoneで入力時に起こるズームを無くす方法、CSSに書き足すだけ

iPhoneでブラウジングをしていると、何か入力するときにズーム(フォーカス)する現象に出くわした事ある人多いと思う。何か入力するときに、キーボードが表示されると同時にニュっとなるやつ。 この入力時にフォーカスする機能は、Appleが小さい文字でも見やすいようにという余計な気遣いから設定しているようだ。 ウェブサイトを作っている人でInput Fieldがフォーカスする機能についてウザいと感じている場合、排除してあげよう。あなただけではない。 このズーム機能は、文字の大きさが16px以上だと遭遇しないので、CSSを使い強制的にInput Typeを16pxにしてあげるだけで解決する。

【薄毛はコンプレックスじゃない】世界で活躍するエグゼクティブのハゲ頭を見よ

さて、『薄毛』や『抜け毛』というワードをキーワード解析で見た際、非常に多くの人が髪の毛が薄くなることにコンプレックスを抱いていると気づいた。 果たして、髪の毛が薄くなることは本当に恥ずかしい事なのだろうか。 僕は、そうでも無いと思う。 薄毛で悩む皆様に、世界で活躍するハゲを紹介するので、勇気をつけてもらいたい。

大麻化合物は抗生物質が効かない「スーパーバグ」の武器になる可能性

大麻植物から抽出した成分を合成した化合物が、薬剤耐性菌(スーパーバグ)を死滅させることが明らかになった。 このことから、スーパーバグへの新たな武器として、大麻濃縮物の期待が高まっている。 研究者たちは、抗生物質の性質を調べるために5種類の大麻化合物をスクリーニングし、カンナビゲロール(CBG)が、病院で最もよく見られる病原菌の1つであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺傷するのに、特に有効であることを発見した。 MRSA, or methicillin-resistant staphylococcus...

Apple好きならオリコカードは持っておこう。金利0%でiPhoneやMacbookを買える

iPhone、iPad、Macbook、AirPods、Apple Watchなど、シンプルで使いやすいガジェットを販売している『Apple』。 世界中にたくさんのファンがいる。彼らは自らアップル信者と名乗り、絆を深めている。 Apple製品は使いやすく、持っていると少し気分が良いのは確かなのだが、なにぶん価格が高い。 しかも、同じスペックや性能で他社製品と比較した時、結構値段が高いのだ。

カイリー・ジェンナーの美容ブランドが評価額約1300億円で買収。インフルエンサーのブランド力強すぎ

2015年11月30日は、美容業界にとって重要な日だった。 この日は、リアリティーショーのスターであったKylie Jenner(カイリー・ジェンナー)が、29ドルのKylie Lip Kitと呼ばれるリップライナーセットをリリースした時である。 ウェブサイトでリリースされた後、すぐに売り切れてしまった商品ラインナップは、カイリーの美容ブランド『Kylie Cosmetics』の基礎を築いた。今日(11月18日)、CoverGirlやMax Factorなどのレーベルを所有するCoty Inc.(NYSE:COTY)は、事業の株式51%を6億ドルで買収した。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -