なぜ、人は笑うのか?🤣

笑い健康
Photo by Freshh Connection on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

私たちの生存において、いっけん不必要と思われる特性、『笑い』を掘り下げてみようと思います。

人はなぜ笑うのでしょう?

あらゆる文化圏の人は笑いますが、笑う対象は人それぞれです。

日本でウケるジョークがフランスでは一切ウケないかもしれませんし、逆に全く面白いと思っていなかったことで、大ウケを取れたりします。

人間は、生後3カ月という早い時期から、話す前に笑い始めます。

これは、耳が聞こえなかったり、目が見えない赤ちゃんにも当てはまります。実際、赤ちゃんの笑いを研究する人もいて、彼らは「最も楽しい仕事をしている科学者」と呼ばれています。

生理的に起こる現象ということは、何かしら潜在的な目的や意義があるものです。

つまり、笑いに存在する性質は、何か目的を果たさなければならないことを示唆しています。

それは、何のでしょうか。

Baby Laughing Hysterically at Ripping Paper (Original)

なぜ笑うのか、科学的な理由

笑いは、社会的機能を果たします。

つまり、私たちが、人とつながりたいと思っていることを相手に伝える手段です。実際、何千例もの笑いを調査したところ、会話の中で、話し手は聞き手よりも46%笑いやすいことが分かりました。

グループで笑う可能性は30倍高くなります。

2.5〜4歳までの幼児は、他の子供と一緒であった場合、漫画を1人読んでいた時と比較して、面白いと報告する可能性が8倍高いことが分かっています。

進化的に言えば、つながりのシグナルは、生存に重要な役割を果たしたようです。

私たちは、見知らぬ人に会ったとき、

  • あなたは私と何をするつもり?
  • 他の誰と仲がいい?

などを知りたくなります(危険回避のため)。

24の異なる社会を対象とし、966人の参加者が参加した研究では、一緒に笑っている人々のペアを分類しました。

笑い合っている2人は、親友だったり、知らない人だったりしています。

研究の参加者は、同時に起こる笑いに耳を傾け、笑った者が共有する友情レベルを測定するよう求められました。

被験者は、「笑い声」だけを手がかりに、会ったばかりの人と、昔からの友人の違いを正確に見分けることができています。


笑いによってもたらされる、人と人とのつながりをさらに一歩進めた別の理論は、笑いはお互いに『毛づくろい(グルーミング)』の代わりになるかもしれないというものです。

グルーミングは霊長類に見られる行動ですね。

他人との関係を育てることは、寛大で一方的な行為です。

信頼と時間の投資を必要とするので、グルーマーとグルーミーを友人として結び付けます。

人間社会では、コミュニティが大きくなるにつれ、お互いにグルーミングし絆を築くことができなくなりました。

したがって、「毛づくろい」は我々が友情の証を示すための、好ましい方法ではありません。

また、グルーミングと違って、笑いは偽造するのが難しく、グループで行うことができ、より即効性があります。

私たちが心から笑うとき、自分が快適で、何かに属していると感じてます。

メイヨークリニックによると、笑いには身体的な健康効果もたくさんあるそうです。

  • 免疫システムを改善する
  • 痛みを緩和する
  • 満足度を高める
  • 気分を改善する

笑いは酸素の摂取量を増やすので、副次的に心臓、肺、筋肉を刺激します。

また、笑いはエンドルフィンの放出を促します。エンドルフィンは、幸福度を向上させ、痛みやストレスを和らげる効果のある化学物質です。

笑いを通して心拍数や血圧を上げたり下げたりすることも、最終的には心を落ち着かせ、緊張を和らげるでしょう。

笑いは、ストレスや病気を軽減する神経ペプチドを放出することで、免疫系の反応を高める効果もあります。

笑いは人間の生存戦略において鍵となる協調性を示し、健康な身体を維持させます。

次に示す例は、帰りが遅くなった時、とても使える言い訳になると思います。

いや〜、友人と一緒に夕食やお酒を飲みながら笑うことは、自分の健康を促進しているんだよ。そう思わないかい?

ぜひ、使ってみてください。


参照:Quick & Dirty Tips

健康

↓↓↓移動中やスキマ時間にインプットできるAudibleはオススメです✌️

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント