【解説動画あり】コロナウイルスとは何で、心配すべきか?

コロナ
Photo by Jake Bradley on Unsplash

中国を発生源として流行中の新型コロナウイルスに関し、情報をまとめておきます。

派手な見出しで危機を煽りたいメディアと、不安を煽られたくなる一般人という構図をみうけるので、整理された情報を届けておくのは価値があるはずです。

武漢で病気を引き起こしているウイルスは何か?

新種のコロナウイルスです。

すなわち、これまでにヒトが遭遇したことのない、コロナウイルスの一員です。

他のコロナウイルスと同様に、動物由来です。

感染者の多くは、中国の中心部にある海産物卸売市場で働いていたか、頻繁に買い物をしていました。

厄介なウイルスは通常、動物を宿主としています。エボラやインフルエンザがその例です。

他にどんなコロナウイルスがあったのか?

重症急性呼吸器症候群(Sars)と中東呼吸器症候群(Mers)は、いずれも動物由来のコロナウイルスが原因です。

Mersはヒトコブラクダからヒトに伝播したと考えられていますが、両コロナウイルスの元凶はおそらくコウモリでした。

新種のコロナウイルスはコウモリやヘビに由来し、中間の種を介してヒトに感染したのではないかという疑いがあります。

中国

Sarsの最初の症例は、2002年後半に中国で発生しました。

当局は症例を軽視し、その後、ウイルスが事実上37か国に拡散し、世界的なパニックを引き起こしています。

8,000人以上に感染し、750人以上が死亡したため、多くの批判を受けました。

Mersはヒトからヒトへと簡単に移動しないようですが、致死性が高く、感染した約2,500人の35%を殺しています。

新型コロナウイルスによって引き起こされる症状は何か?

コロナウイルスは、肺炎を引き起こします。

病気になった人は、咳や発熱、呼吸困難を起こすと報告されています。

重症となった例では、臓器不全が起こりうるようです。

これはウイルス性肺炎なので、抗生物質は役に立たちません。インフルエンザの抗ウイルス薬は効かないでしょう。

入院した場合、肺やその他臓器の治療を受けることができますが、回復するかどうかは免疫力の強さにかかっています。

死亡した人の多くは、すでに健康状態が悪かったことと報告されています。

ウイルスは人から人へ感染するのか?

ヒトからヒトへの伝播は、中国国家衛生委員会によって確認されています。

1月23日時点で、中国当局は517人の患者と17人の死亡を認めています。

先週、確認された感染数から3倍以上になり、北京、上海、重慶、天津など各自治体だけでなく、他13省でも症例が見つかりました。

このウイルスは中国以外にも、アメリカ、タイ、韓国、台湾、日本で確認されています。

イギリスでは、現在のところ確認された症例はありませんが、感染している人が存在する確率は高いでしょう。

軽い症状の人は発見されていない可能性があるので、実際にウイルスへ感染した人の数ははるかに多いはずです。

インペリアル・カレッジ・ロンドンの世界保健機関(WHO)の専門家によるモデリングでは、4,000件の症例がある可能性を示唆しており、不確実性が伴うことから1,000〜9,700の間であるとのことです。

専門家たちはどの程度心配しているか?

何百万人もの中国人が、1月24日から始まる1週間の旧正月休暇の真っ只中なので、コロナウイルスがさらに拡散するのではないかと懸念されていました。

しかし、旧正月の祭典はほとんどキャンセルされ、武漢と他2つの都市は封鎖されています。

今のところ、インフルエンザによく見られるような、健康状態の悪い人々(免疫が落ちている人物)が、最も危険にさらされているようです。

主な懸念事項は、症状の重症度です。軽症の患者もいれば、重症になる患者もいます。

このため、実際の感染者数や、人から人への感染程度を確認するのは難しいです。

しかし、当局はこの感染拡大を食い止めようと躍起になっており、これまで見られたウイルス以上に強力になる可能性を懸念しています。

パニックになった方が良いのか?

いや、必要ありません。

中国外への拡散は心配だが、それは別に、予想外の展開ではないからです。

重要なのは、この新しいコロナウイルスが人と人の間でどの程度伝染するのか、どの程度の割合で重症化し、病院へ運ばれるのかということです。

多くの場合、容易に広がるウイルスの影響は穏やかです。

医療関係者は、震源地となる武漢に旅行した、呼吸器疾患のある人と接触した場合、危険にさらされる可能性があると述べています。

一般的に、コロナウイルスは高齢者が最も多く感染しているようで、小児の感染例はほとんどありません。

参照:theguardian

You May Also Like