死亡率が高かった危険な仕事Top10。アメリカ編

危険オピニオン
Image by Dariusz Sankowski from Pixabay
この記事は約6分で読めます。

「仕事がうまくいかない」という事は、締め切りに間に合わなかったり、上司に怒鳴られたりする場合がある。だが、大きなケガをしたり、運が悪いと死亡を意味する人たちもいる。

米労働統計局(BLS)の新しいデータによると、2018年に職場での死亡した者は5,250人で、2017人からわずかに増加した。労働者10万人中3.5人が死亡した計算だ。

最も一般的な職場での死亡は輸送に関連しており、2,000以上の労働関連死は輸送事故によるものであった。これは労働関連の全死亡者の40%にもなる。

次に多かったのは物や器具との接触で、昨年は13%増の786件だった。稼働中の機械や器具に挟まれた作業員が39%、落下物や器具に巻き込まれた作業員が17%増加したことが影響した。

ペンシルベニア大学ウォートンスクールのロバート・ヒューズ助教授(法律学・企業倫理学)によると、リストに載っている危険な仕事の多くは、漁業、農業、伐採、建設など社会的にも重要だという。

「私たちには食糧が必要ですし、屋根のある家が不可欠、木材なしでは生活できないでしょう」とヒューズ氏は言う。「運転を伴う仕事は危険ですが、私たちの社会は運転手なしではやっていけないのです」

だが、雇用者には、安全な職場環境を提供する倫理的・法律的な義務がある。

BLSのデータに基づく、アメリカで最も危険な10の仕事を見てみよう。

10.造園・芝・草木作業の監督

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:20.2人
  • 死傷者数:142人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故
  • 非致死的損傷者の合計:1,990人
  • 平均年収:47,030ドル(約514万円)
  • 従業員数:100,320名
造園
Photo by Marek Novotný on Unsplash

多くの時間を車で移動するため、他産業に比べて輸送事故のリスクが高い。チームを管理するのは、造園や芝生サービスの監督である。

9.建設業者と採掘労働者

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:21人
  • 死傷者数:144人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故
  • 非致死的損傷者の合計:5,390人
  • 平均年収:65,230ドル(約714万円)
  • 従業員数:598,210名
建設業者
Photo by Claudio Hirschberger on Unsplash

建設業の第一線監督は、建設作業員と搬出作業員を管理する。

昨年、この業界で死亡した人の3分の2が自営業者だった。このグループの最も致命的な傷害は輸送に関連していたが、転倒、スリップ、物体や装置との接触の頻度も高かった。

8.構造用鉄鋼労働者

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:23.6人
  • 死傷者数:15人
  • 最も一般的な死亡事故:転倒、スリップ
  • 非致死的損傷者の合計:800人
  • 平均年収:52,770ドル(約577万円)
  • 従業員数:98,600名
鉄鋼労働者
Photo by frank mckenna on Unsplash

昨年、構造用の鉄鋼労働者の死亡率は比較的低かったが、労働人口が減ったため、死亡率は高くなった。

鉄鋼労働者は、建設中に鉄や鋼の要素を建物に設置する。作業環境の高さを考えると、転倒は非常に危険だ。

7.農業従事者

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:24.7人
  • 死傷者数:257人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故
  • 非致死的損傷者の合計:280人
  • 平均年収:24,620ドル(約269万円)
  • 従業員数:876,300名
農業従事者
Photo by Gregory Hayes on Unsplash

農業従事者は屋外で多くの時間を過ごすが、農場から農場へ移動することもあり、交通事故の危険にさらされる。

実地訓練を受け、そのまま仕事をしているため、大学の学位を持っていないことが多い。

6.ドライバーや販売員

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:26人
  • 死傷者数:966人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故
  • 非致死的損傷者の合計:78,520人
  • 平均年収:24,700ドル(約270万円)
  • 従業員数:414,860名
ドライバー
Photo by frank mckenna on Unsplash

ドライバーは仕事の多くが移動であることを考えれば、交通関連の労働災害のリスクが通常よりも高いことは、とくに驚くべきことでない。

多くの場合、特定のルートに沿って会社の車両を運転し、物品を販売、搬送、ピックアップする。

2018年、最も多くの死者を出したグループである。

5.廃棄物やリサイクル品の回収

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:44.3人
  • 死傷者数:37人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故
  • 非致死的損傷者の合計:1,490人
  • 平均年収:36,190ドル(396万円)
  • 従業員数:115,130名
廃棄物
Image by Nathan Copley from Pixabay

このグループは、1日の大半をチームと一緒に過ごし、車を運転したりトラックに乗ったりして材料を集める。勿論、交通事故のリスクは高い。

場所に応じて公共部門と民間部門の両方で働き、天候や状況にかかわらず1年中働かなければならない。

4.屋根工

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:51.5人
  • 死傷者数:96人
  • 最も一般的な死亡事故:転倒、スリップ
  • 非致死的損傷者の合計:2,060人
  • 平均年収:39,970ドル(約437万円)
  • 従業員数:160,600名
屋根工
Image by Ben Kerckx from Pixabay

屋根工の仕事の多くは、建物の上で過ごしたり、屋根の修理や設置をすることである。

地上から離れているので、スリップや転倒は致命的な出来事になる可能性が高い。この仕事は物理的なもので、重い物を持ち上げたり、登ったり、曲げたりしなければない。

3.航空機操縦士及び航空機関士

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:58.9人
  • 死傷者数:70人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故
  • 非致死的損傷者の合計:490人
  • 平均年収:137,330ドル(約1503万円)
  • 従業員数:84,070名
操縦士
Image by cocoparisienne from Pixabay

パイロットや航空技術者は、人や貨物を運んで、ある場所から別の場所へ飛行機を操縦したり操縦したりする仕事を担当している。

このグループにとって、輸送関連の事件は、もちろん、飛行機事故を含んでいる。ほとんどの事故は、民間部門で発生するようだ。

2.漁業者

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:77.4人
  • 死傷者数:30人
  • 最も一般的な死亡事故:交通事故(船を)
  • 非致死的損傷者の合計:データなし
  • 平均年収:28,310ドル(約309万円)
  • 従業員数:520名
漁業
Image by TheUjulala from Pixabay

漁師は、網やワナなどの道具を使って魚を捕り、人へ提供している。この産業で発生する事故の多くは、船関連の事故だ(落下など)。

漁業者は、キツイ肉体労働に長時間を費やしていることがある。

1.伐採工

  • 正社員10万人当たりの死傷者数:97.6人
  • 死傷者数:74人
  • 最も一般的な死亡事故:物や器具との接触
  • 非致死的損傷者の合計:1,040
  • 平均年収:40,650ドル(約445万円)
  • 従業員数:53,600名
伐採
Image by Manfred Antranias Zimmer from Pixabay

木材に加工された木は、伐採者によって収穫され、消費財や建設のため使われる。伐採者にとって最大のリスクは、木を伐採している最中、落下物に当たったり機器を操作して事故にあうことだ。

木材産業における死亡事故率は、10万人の正規雇用労働者当たり3.5人の全労働者死亡率より28倍高い。

参照:CNBC

オピニオン

↓↓↓移動中やスキマ時間にインプットできるAudibleはオススメです✌️

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント