【仕事できる人の違い】イシューから考え生産性の鬼になれ…!

イシュー
Photo by Sebastian Herrmann on Unsplash
この記事は約10分で読めます。

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。

文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。

【仕事できる人の違い】イシューから考え生産性の鬼になれ…!

はじめに

今日は、生産性を高めるというテーマで「イシューからはじめよ、知的生産の「シンプルな本質」」という本を紹介したいと思う。

この本は、外資系コンサルティングファームであるマッキンゼーで事業開発を行ったり、ヤフーでCSO(チーフストラテジーオフィサー)を務めている安宅和人(アタカ カズト)さんが書いた本だ。

安宅さんいわく、これまでの仕事経験で、圧倒的に生産性が高い人にはある共通点があるそう。またそれは、別にタスクを行う速度が10倍とかいうものではないという。

マッキンゼーで経営コンサルティングを行い、ビジネスの世界を離れイェール大学で脳神経科学の研究を行っていた経験もある著者は、ビジネスであろうとサイエンスであろうと、優れた知的生産には共通の手法があると気づいたのだそう。

ロジックツリーやフレームワークというツールを使うのは有用だが、その前にツールを使いこなせる必要がある。

では、何が本当の鍵なのか。それが、本のタイトルであるイシューだ。

つまり、何に答えを出すべきかについて、ブレず活動へ取り組むことが高い知的生産の鍵となる。イシューを知り、それについて考える事で、プロジェクトの速度は早くなり、先の事を予測しやすくなる。

目的地がない活動は辛いが、行き先が見えれば頑張れるのである。

内容紹介

この本のテーマであるイシューから始めるという考え方は、世間一般の考え方と異なる部分がある。

まず、いくつか紹介したいと思う。

  • 問題を解くより問題を見極める
  • 回答の質をあげるよりイシューの質をあげる
  • 知るほど知恵が湧くより知りすぎると馬鹿になる
  • 1つ1つ速くやるのではなくやることを削る
  • 数字の桁にこだわるより答えが出せるかにこだわる

というもの。よりの後者がイシュー思考である。

まずは生産性を定義する。

それは、どれだけのインプットでどれだけのアウトプットを生み出せたかというシンプルなものだ。

多くのアウトプットとは、マッキンゼーではバリューある仕事と呼んでいたそうだ。ではバリューある仕事とは何か。

バリューの本質は大きく2つの軸で成り立っていると考えられる。1つがイシュー度であり、2つ目が解の質である。

ではイシュー度とは何か。

安宅さんの考えるイシュー度とは、自分の置かれた局面で、問題に答えを出す必要性の高さである。そして、解の質とは、イシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合いとなる。

X軸をイシュー度、Y軸を解の質でマトリクスを描くと、右上に近づくほど、よりバリューある仕事といえるだろう。

解の質も大切だが、イシュー度である課題の質も非常に重要な要素となるのだ。

解の質がどれだけ高くても、課題の質が低ければ、価値をクライアントに提供できるとは言いづらい。

実は、世の中にある「問題かもしれない」言われていることのほとんどは、実はビジネスや研究において取り組む必要のない課題であるという。問題かもしれないと言われていることの総数を100とすれば、白黒つけるべき問題はせいぜい2,3個くらいなのだそう。

つまり、イシュー度が低い課題にどれだけ取り組んでも、最終的なバリューは上がらないのだ。なので、イシュー度の高い課題に的を絞り、その問題に向けて解の質を上げていくのが、最も生産性の高い仕事であると言えるのだ。非常に参考になる。

どれだけ真面目に多くの仕事をしても、イシュー度が低ければ時間ばかりが過ぎてしまう。

仕事初っ端、いきなりイシュー度の高い問題を見つけるのは非常に難しい。というか、ほぼ無理なはずである。いわゆるメンターとなる上司につき、判断の補助をしてもらうと良いだろう。

問題の中には、解決しやすかったり、取り組みやすいものもある。だが、これらの要因に惑わされず、あくまでもイシュー度の高い問題からはじめなければイケない。

最初から問題の見極めと質の高い回答を提供するのは、まあ無理なので、数をこなしていく中で経験を元に判断していくしか無い。

再度述べるが、最初のステップとしてはイシュー度の高い問題を見つけ、時間を浮かせることが不可欠。浮いた時間で分析を行うのだ。正しい問題に集中した、正しい訓練を行っていきたい。

ここまでで、バリューある仕事について理解したことと思う。次は、それを生み出すプロセスの話しだ。月曜日から金曜日までで、仕事をイシューから始めるアプローチにすると、次のようになる。

  • 今すべき問題を見極める
  • イシューを解けるところまで小さく砕く
  • 細分化したところでストーリーの流れを整理する
  • ストーリーを検証するために必要なアウトプットのイメージを描き分析を設計する
  • ストーリーの骨格をふまえ段取り良く検証する
  • 論拠と構造を磨きつつ報告書や論文をまとめる

これらを、素早く何回転もさせることが大事だそうだ。

したがって、バリューある仕事を行う過程で、頑張ったとか、徹夜したとかなど、根性に逃げてはイケない。あくまでバリューあるアウトプットにこだわれと述べている。

イシューからはじめよ

良いアウトプットを生むには、良いインプットが必要だ。したがって、自分で考え自分で情報を収集していく必要がある。

どうやら、脳は脳自身が意味あると思うことしか認知できないそうだ。んで、意味あると思うかどうかは、意味を持つ場面にどれくらい遭遇してきたかによって決まるという。

問題を出された時、まず解くものと考えがちだが、イシュー思考では、本当に解くべき問題かを見極め、何に答えを出すべきものなのかを明確にする必要がある。こうすることで、目的意識がブレることは少なくなる。

では、イシューの見極めはどうしたら良いのか。

前提としてあるのは、具体的な仮説を立てることである。

この理由は3つあり、

  1. 具体的なスタンスをとって仮説をたてることで、イシューに答えを出す
  2. 仮説をたてることで答えを明確にすれば、必要な情報や分析すべきことが分かる
  3. 仮説をたてて分析することで、出てきた結果が十分なのか明確になる

なので、人にお願いするときは具体的な仮説まで含めて、仕事を頼むと良いだろう。

イシューを見極めたら、それが全て言葉としてドキュメントにまとめなかればイケないそうだ。これは、人間は言葉にしなければ概念をまとめることができないからだという。

そこで、言語で表現するときのポイントを紹介したい。

まずは、主語と動詞を入れること。主語と動詞をきちんといれることで、曖昧さを消し、仮説の精度を高めることができるという。

また、表現の形式として、Whyではなく、WhereやWhat、Howを問いかけることで、仮説を立ててイシューを明確化することができる。

その他にも、比較表現を入れることも良いそうだ。例えばAとBを比較することで、仮説の無駄を省くことができる。

イシューについて、概ね分かってきたと思う。では、良いイシューの条件も紹介したい。

この条件は、大きく分けると3つになる。

  1. 本質的であること
  2. 深い仮説があること
  3. きっちり答えを出せること

となる。

ここの詳しい解説は、書籍にて確認いただきたい。

一般的に思われているある事象は、実は比較するとこうである。したがって、こうすれば良いのではないか、またそれは解をだせるのか、ということが詳細に書かれているからだ。

さて、良いイシューを定めるためにはどうすればよいか、そろそろ分かってきたと思う。

では次は、イシューを特定するための情報収集に関する話だ。これは、イシューを発見するための材料探しといったところ。

第一のコツは一次情報に触れること。つまり、第一線の現場の人から直接聞くということである。基本的にメディアの情報はフィルタリングされているので二次情報以上である。

人のフィルターを通していない生の声を聞くことで、自分の頭で考えることができるのだ。

第二のコツは、基本情報をスキャンすること。取り組む課題要素を分類し、実際の数字に当てはめたり、問題となる意識をカバ−し、フレームワークに落とし込む。ここで、過去その

テーマはどのように解決されてきたかの知見を貯めていく。

第三のコツは情報を集めすぎないこと。情報収集も効率はどこかで必ず頭打ちになるので、大量の時間を投下したからといって良いアウトプットが出せるわけでないことを理解しておくのだ。また、知りすぎると自分ならでは視点が効かなくなってしまう。

知恵を生むため、どこかでスッパリ情報収集のみは切り上げた方が良いことを覚えておこう。

イシューがどうしても見つからない時は、

  1. 変数を削り
  2. 視覚化し
  3. 最終形からたどり
  4. それは何かという問いを繰り返し
  5. 極端な事例を考える

と良いという。

これは、何か新しいことを始めたり、施策を入れる時とても役立つと思う。意外と、何か機能や製品を加えるより、余分な何かを削ったほうが利益率は上がりやすい。

イシューを見つけ出す際も、変数を削ったり、分かりやすい図形にしたり、最終型から考えたり、本質を見極めたり、極端な事例で仮説をたてると、無駄を省くことができるのだ。

さて、イシューを見極めることは完全に理解したはず。

次は、解の質を十分に高める番だ。解の質と生産性を高める作業に、ストーリーを組むことがある。これを、イシュー分析と呼ぶそうだ。

イシューの分析をし、そのなかに潜むサブイシューを洗い出すとともに、それにそったイメージづくりを行う過程である。多くの場合、イシューは大きな問いなので、すぐに答えはでない。なので、その中にあるサブイシューへも分解することで、個別の解を出し、ストーリーを組み立てるところまで持っていくのだ。

サブイシューに仮説がたてられれば、最終的に何を言わんとしているのか明確になるだろう。したがって、分解したイシューに基づいて、ストーリーラインを組み立てると良いそうだ。

イシューからはじめよ

実際にストーリーラインまで描けたら、分析をイメージするグラフや図表をデザインしていく。これは、何かについて評価するのではなく、どのような軸でどのような値を比較するかというように、XとYの広がりを持って、具体的な設計を行わなければならない。

では、分析とは何か。筆者の見解では、分析とはフェアに対象を比較することだという。ジャイアント馬場は身長が高いというだけでは分析にならないが、他国の平均身長と比較して結果を示せば、それは分析になる。

分析というと難しく感じそうだが、概念自体はさほど難しいものではない。原因側と結果側の両方で、どのような要素があるか洗いだし、フェアな対象で比較し、いちばんもっともらしい結果が出るのかを描いていくだけ。

これが、分析軸の整理の本質であるという。

もうここまでで、イシューが見えて、ストーリーを組み立て、集めたデータからザックリとした絵コンテにできたので、あとは本物の分析にしていくこととなる。

バリューを高めるためには、なるべく最短で答えを出す必要がある。一番最初に述べているが、いきなり分析や検証を始めないことだ。

ただし、気をつけなければいけないことが、いくつかある。

イシューを元に仮説を立てて分析していく場合、その仮説に有利なデータばかりを揃えてしまうことだ。一貫して、フェアな姿勢でいなければならない。

また、トラブルやうまくいかないことは必ず発生する。このときのために、ちょっとのトラブルでは崩れないよう、ヘッジをかけておく必要がある。検証に向けた仕掛けをいくつか仕込んでおくのだ。そうすれば、全体的なイシューを検証できるだろう。

価値あるアウトプットを目指し、イシュー度と解の質を高めるにはどうしたらよいかを学んできた。では、提供者である今回の我々は、どう受け手に感じてもらえば良いのだろうか。

それは、

  1. 意味ある課題を扱っていることを理解してもらう
  2. 最終的なメッセージを理解してもらう
  3. メッセージに納得し行動してもらう

だ。

では、我々はどのような読者を想定すれば良いのか。

それは、聞き手を完全に無知であるが、高度の知能を持つと想定するのだそうだ。したがって、相手は賢いが無知であると想定し、その想定で話しを行うと理解してもらいやすいという。

相手にバリューを提供するため、書籍を手にとって理解を深めていただければと思う。

感想

『とりあえずぶっつけでいって、試行錯誤しながら、より良い改善点を探る』

このような姿勢で成功している人は多い。だが、周りで効率よく、良い仕事をしている人はイシューの見つけ方が上手かったのだと、この本を読んで気づくことができた。

つまり、成功者ばかりがフォーカスされるものではなく、より高い生産性を持ってクライアントに価値を提供する具体的な考え方があるのであれば、取り入れるのは大いに役立つだろう。

私はどちらかというと前者で、一応考えてはみるが、まず行動するタイプで数々の失敗をしてきた。そういった意味で、行動にビビるということではなく、なるべく時間を有意義に使うため、深いイシューを見つけ出す癖をつけていきたいと思う。

もちろん、そんなにすぐできることではない。

ここでも、深いイシューをみつけ、高い解の質を出せるよう、試行錯誤しながら経験を積むまでである。

フレームワークやツールが派手に取り沙汰されるなか、その前段階であるイシュー思考は、自分を成長させるのに役立つことと思う。それは、基本的に自分の頭で考え情報を取りに行こうという姿勢があるからだ。

他人がサボることをおこなえば、多少なりとも差がつくことは間違いない。

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント