2020-01-20 (月曜日)

「大麻が健康に良い」というツイートは誤解に満ちている

- Advertisement -

日本とは異なり、アメリカでは、娯楽用大麻(レクリエーション・マリファナ)の合法化や、大麻が健康問題に役立つ可能性について、多くの議論がなされている。

大麻の研究者たちは、健康状態を改善する能力について、多くのことを発見するかもしれない。しかし、医学界は大麻の短期的な健康への影響として、短期記憶障害、注意力障害、協調運動障害、睡眠障害などがあることを知っている。

南カリフォルニア大学のJon-Patrick Allem氏は、SNSのデータを利用した公衆衛生や政策について研究している。Allem氏は、調査の一環として、健康の考えや行動に関するTwitterの会話をモニターしているという。

American Journal of Public Healthで発表された最近の研究で、Allem氏は大麻の使用に関する話題について説明したいと考えた。また、Bot(ボット、プログラム)がツイートに参加しているかどうかを確認した。

大麻と健康

大麻の合法化を支持する人は、大麻はアルコールよりも安全だと主張している(僕もそうだ)。しかし、特定の遺伝子構造を持つ人は、大麻の長期使用で精神的依存や統合失調症のリスク増加の可能性と関連している。

また、青年期に大量の大麻を使用すると、成人期の認知機能が低下することがある。

現在、大麻が医療目的で使用されるのは、米国食品医薬品局(FDA)によって、ごく少数の事例で承認されているにすぎない。

これには、化学療法による吐き気の緩和、体重減少を引き起こすエイズ患者の食欲増進、小児てんかんの管理が含まれる。

SNS

今回の研究では、2018年の5月から12月までの間に投稿された、大麻関連のツイートを収集し、Botometerと呼ばれる調査ツールを使ってBotアカウントと非Botアカウントのツイートを分類した。

Botometerは、Twitterアカウントの特徴を大量に分析し、各アカウントがBotである可能性に基づいてスコアを与える。

Allem氏は、ツイートを、初めての利用、健康、合法化など、12のカテゴリーに分類した。他のカテゴリーには、未成年者の使用、食品などの加工品、アルコール、鎮痛剤、幻覚剤と一緒に大麻を使用することが含まれている。

非Botからの投稿とBotからの投稿を比較したところ、Botからより多くの投稿されたトピックがあった。例えば、大麻が健康問題に役立つ可能性を示唆する投稿は、Botによる投稿の方が非Botによる投稿よりも多かった。

マリファナは、がん細胞の成長を遅らせるのに役立ちます。

Donthineni mahesh

Botからの投稿によると、大麻はガン、足の痛み、クローン病などの症状に役立つ可能性があるという。これらの所見は、研究が十分でないので懸念が残る。

ニコチン、大麻、電子タバコの使用による健康上の利益とリスクに関する情報を含む情報は、Twitterで定期的に投稿されている。

アメリカ人の成人の大多数は、インターネットで健康に関する懸念を調べたり、議論したりしている。以前の研究は、SNSへの投稿を含む、オンラインに投稿された健康関連情報が、人の『態度』と『行動』に影響することが示されている。

Botには誤報の歴史がある

この研究は、Social Botが健康関連の話題について投稿することを実証した初めてのものではない。2018年、研究者らはBotがTwitterでワクチン反対のメッセージを広めたと報告した。

それ以前、研究者らは、Botが禁煙における電子タバコ使用の利点を宣伝していたことを発見している。

誤解を招くようなメッセージが今やオンライン上に蔓延しており、「科学的に裏付けられた実証済みの健康情報」と「単なるでっち上げ主張」の違いを、一般の人も理解することが重要だ。

まあ、無理だろうが。

Allem氏が今回行った調査はTwitterのみを対象としており、結果はFacebook等の他SNSでの投稿を反映していないかもしれない。

また、収集された投稿データは8か月間のもので、他の期間では異なるかもしれない。さらに、今回の調査結果は、すべてのTwitterユーザーやアメリカ人で一般化されるわけではない。

だが、Botが特定の内容の投稿を繰り返すという所見は、大麻と健康に関する誤解を正すための教育の必要性を強調している。SNS上の虚偽の健康に関する主張を識別し、タグ付けするための政策も実施する必要があるかもしれない。

ある研究では良い結果が出ていても、サンプル数が少なかったり、プラセボ郡が十分でない可能性がある。研究の量が多くない大麻は、一概に誰かの意見を聞き、全てを信用するのは危険だ。

参照:theconversation


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

アメリカ人は宝くじに年間10万円以上を費やしている

金曜日の夜、ジャックポッドで3億4000万ドルの大当たりが出る確率は、302,575,350分の1である。 数えるのが面倒な方のためへ簡単に説明すると、約3億分の1だ。 見方を変えれば、休暇中にアメリカ国立公園でハイイログマ(グリズリー)に襲われる可能性の方がはるかに高い。国立公園局によると、このようなことが起きるのは270万回に1回だけだという。 Photo by 🇸🇮 Janko Ferlič...

投資家が金利について知っておくべきこと

投資について真面目に考えられるような話題を探しているなら、金利が良いだろう。聞き手の目は曇り、あっという間に1人になるはずだ。 しかし、投資をしている人にとって金利の話題は思っているほどドライでない。実際、投資家は金利を理解する努力をすべきだ。金融理論によれば、金利は企業の評価にとって基本的なものであり、株式に価格をつける際に重要な役割を果たす。 ここで、金利と株価の関係を見てみよう。 金利とリスクプレミアム

【金儲けの原則】ユダヤの商法でビジネスを学ぶ。女と金持ちを狙え!

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/kz2A-uEnTIk はじめに

なぜ、女性はオーガズムを偽造するのか

人間のセクシュアリティは素晴らしい。私たちがセックス時に様々な行動をする理由についての理解は、心理学研究者の興味をそそり続けている。 とくに、オーガズムを偽装するなどは興味深い。 現代人のほとんどは、満足できる楽しい性生活を追求したいと思っている。しかし、性的欲求を表現することは、ほとんどの人、特に女性にとってタブーである可能性が高い。 最近ある研究で、「女性が自分の性的欲求をどのように伝えているか」や「オーガスムを偽造する理由」について調査された。 結果として、次のことが判明している。

銀行は始まりに過ぎない。55の産業でブロックチェーンが変革をもたらす

ブロックチェーン技術の影響を受ける可能性があるのは銀行だけではない。法執行機関や配車サービス、および他多くの分野でも将来的にブロックチェーンが利用される可能性がある。 ビットコインといった暗号通貨の基礎として使用され始めたブロックチェーン技術は、大量のデジタル取引を記録し検証することができる仮想台帳のようなもので、今では様々な業界にも広がっている。 IDC社によると、2019年に企業はブロックチェーン技術へ29億ドル (2018年比約90%増)を費やすと予想されている。保険業界からゲーム業界、大麻業界に至るまで、様々なブロックチェーンアプリケーションが登場し始めている。 ビットコインは金融分野でブロックチェーンを応用することができると証明するのに役立ったが、起業家たちはブロックチェーンがより多くの産業も変えられると信じるようになった。最終的に、トランザクションデータを透過的に検証可能とする使用例は事実上無限だ。特に、ブロックチェーンは中央の監督者を必要としない分散プラットフォームを通じて動作するため、不正に対し耐性がある。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -