2020-01-25 (土曜日)
タグ Python

Tag: Python

クオンツトレーダーになるためのステップ

高額な給料、高額なボーナス、仕事の創造性が定量的投資(クオンツ投資)を魅力的なキャリアにしている。クオンツトレーダー(quantitative traders、略してquant) は、数学モデルを使用してトレーディングの機会を特定し、有価証券(金融商品)を売買する。 学界、ソフトウェア開発、エンジニアリングのスペシャリストが流入したことにより、この分野はかなりの競争力を持つようになった。この記事では、クオンツが何をするのかや、必要なスキルと教育について見ていく。 クオンツトレーダーの本質 「クオンツ(定量)」という言葉は、数値を扱うことに由来している。コンピュータによるアルゴリズム取引や高頻度取引(HFT)の進歩は、分析すべき膨大な量のデータがあることを意味する。 クオンツは入手可能な価格と見積もりデータを分析・調査し、利益の出る取引機会を特定する。そして、特定した取引機会に関連する戦略を開発し、開発したプログラムを使って高速にトレードすることで利益機会を理論上逃さない。

【3行のコードだけ】手軽にシンタックスハイライトを導入できる「highlight.js」の使い方

テック系でブログを運営している人は、記事内にコードを記述するとき、何か味気ない感じがした経験はあると思う(プログラムの事を書く人)。 そんなとき、シンタックスハイライトを導入すれば、見栄えが良くなることをご存知だろうか。 *構文強調(英: syntax highlighting)とは、テキストエディタの機能であり、テキスト中の一部分をその分類ごとに異なる色やフォントで表示するものである。この機能により、プログラミング言語やマークアップ言語といった構造化された言語において、その構造や構文上のエラーが視覚的に区別しやすくなるため、ソースコードの記述が容易となる。(ウィキペディア) この記事では、一瞬でシンタックスハイライトをブログ(ウェブサイト)へ導入できる、「highlight.js」の使い方を解説している。CDNを介したコードを利用すれば、ヘッダーにコピーアンドペーストするだけで導入できてしまうため、非常に便利で簡単。 少しでもプログラムのことを記事で書く人は、導入を強くオススメしたい。

〈ゾーン相場心理学入門〉常に頭へ入れておきたい重要な相場心理まとめ

『ゾーン 相場心理学入門』で重要となる心構えを、Twitterアカウント@zone_botが投稿している。 この投稿を自身のブログに置いておきたかったので、Pythonで取得しGoogleスプレッドシートで重複を省く形でまとめた。 ゾーン相場心理学入門では、どういったメンタルで相場環境と向き合うかについて重要な事が書かれているので、是非全て読んでほしい。 皆何らかの形で金融資産を持つはずであり、一切相場に張らない人間の方が少ないと思う。したがって、筆者と同じくトレーダーではなくとも『相場心理』を心得ておくのは重要だと思う。 本や著者の紹介を省き、リストだけ見たい方はここから読むと良いかもしれない。

パスワードは安全に管理したいよね。オススメのパスワードマネージャー3選

メールアドレスやパスワードをきちんと管理することは非常に重要だ。 同じメールアドレスとパスワードで、複数のウェブサービスやアプリに登録していないだろうか。すでにしてしまっている方は、今すぐにでもパスワードを変更しよう。 それは、「私の情報を取っていってください」と公言しているようなものだ。 ただ、多くの人がなぜパスワードを管理できないのかを考えたところ、以下のような理由があるのではないかと思われる。 パスワードを管理できるものが無いから。 これに尽きる。つまり、多くの人はパスワードの管理をするサービスについて知らないがために、記憶できるようなパスワードを複数のサービスで使用するに至っている。

【目指せインフルエンサー】無料で使えるインスタグラム自動運用プログラム『Instabot』の使い方を解説

『Instagramアカウントのインプレッションを増やしたい。しかし、最初はなかなか難しく、「もっと人の目に触れさせなければいけないな」』、と感じている人は多いはず。なにせ、いくら良い写真を上げても人の目に触れなければ意味がないのだ。 Instagram(インスタグラム)の運用に使用するサービスは数多くあるが、無料のものはほぼない。 そこで、オープンソースであるPython製Botを使用し、Instagramの自動運用を無料で行う方法を紹介したいと思う。 前提 本記事で紹介するプログラムは、ウェブアプリケーションとして会員登録をしクラウド上で管理するものではなく、自身で設定を行い稼働させるものである。 したがって、以下の前提があるものとする。
- Advertisment -

Most Read

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。

【地位と尊敬をゲット!】教祖になる方法「思想編」 ー 新興宗教を立ち上げるイロハ

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/ZGLinJO3Vnc はじめに  こんにちは。

地球温暖化による動物5種の行動変化

世界中で様々な生物が、食事、パターン、餌場など、ライフスタイルの変更を余儀なくされている。 Guardianで紹介されていた、代表的な5種類の生物の事例を紹介したい。 オサガメ 先週、海水温の上昇と海流の変化が、オサガメの産卵から餌場への移動距離を2倍にしていると報告された。 フランスのヒューバート・キュリアン研究所によると、ウミガメは通常、海岸で産卵した後、餌を取るため冷たい海に移動しなければならない。

大麻化合物は抗生物質が効かない「スーパーバグ」の武器になる可能性

大麻植物から抽出した成分を合成した化合物が、薬剤耐性菌(スーパーバグ)を死滅させることが明らかになった。 このことから、スーパーバグへの新たな武器として、大麻濃縮物の期待が高まっている。 研究者たちは、抗生物質の性質を調べるために5種類の大麻化合物をスクリーニングし、カンナビゲロール(CBG)が、病院で最もよく見られる病原菌の1つであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺傷するのに、特に有効であることを発見した。 MRSA, or methicillin-resistant staphylococcus aureus, is a bacterium that...