2020-01-29 (水曜日)
タグ Kindle

Tag: Kindle

無料という価格を使った破壊的なビジネスモデルの作り方。『フリー〈無料〉からお金を生み出す新戦略』を紹介

この記事は、Youtubeに公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=p-kTcVsRFdc はじめに 今日は無料を使ったビジネスモデルについて、話しをしたいと思う。

ビジネスパーソンはKindle Unlimitedを契約すべき【¥980/月で読み放題】おすすめ本は随時更新

本を読むか。 筆者は比較的日常から書籍を読む方で、1ヶ月あたり6冊以上は何かしら読んでいる。最近AmazonのAudibleを始めたので、さらに書籍と触れる時間は長くなるはず。 Audibleに関しては、また別で記事にするつもりだ。 自己啓発的なことを言うのはあまり好きでないのだが、傾向として読書量の多い人物は社会的ステータスが高いように思える。これは、読書とステータスの関係が相関であるのか因果であるのか不明であるものの、書籍と向き合うことにおいてマイナス面は無いと言えるだろう。 一般的な書籍は概ね1000〜2000円が相場であり、好きなものをひたすら購入していると結構な金額になってしまう。 だがしかし、AmazonにはKindle Unlimitedという月額定額制の本読み放題サービスがあることは多くの方が知っていることと思う。

「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略」は全く古さを感じさせない超良書だと思う

Amazonのセールで購入した、『Free(フリー)〈無料〉からお金を生み出す新戦略』という書籍が非常に良かった。出版されたのは2009年と、10年ほども前。 しかし、この本で触れられている内容は、現代のビジネスにも通じる本質であり、陳腐化したような古さは一切感じさせない。 原著はChris Anderson(クリス・アンダーソン)氏。彼は、ワイアード氏の編集長でテックや最先端のビジネスへ常に触れてきた人物である。「ロングテール」という言葉を2004年に同誌上ではじめて世に知らしめ、2006年に刊行した同名の著書『ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』は世界的ベストセラーとなっている。 本書内では、 GoogleやFacebook、Twitterといったフリービジネスオンラインゲームで用いられるフリーミアムモデルソフトウェアの販売時に用いられる無料体験版中国市場でのコピー商品がもたらす市場拡大無料でスポンサーを得る市場の再定義

身近に使っているサービスで日本企業のプロダクトがほぼ無いことに気づく

自分の生活を振り返ってみた時、スマートフォンのアプリやラップトップに入っているソフトウェアを眺めると、日本企業のプロダクトがほぼ無いことに気づいた。 *本社が日本以外のサービスの事を指している。 GAFAの市場独占やプライバシー保護の問題が取り出される中、自分の生活を振り返るといかにアメリカのサービスに依存しているか分かる。これは、筆者だけではなく多くの日本人が同様なのではないかと思う。 GAFAとは、Google、Apple、Facebook、Amazonという巨大IT企業群の頭文字を取った総称。コミュニケーションや生活が、だいぶこれらの企業に抑えられていると感じるのではないだろうか。 日本企業に頑張って欲しいということ、自分も頑張りたいなと思ったことから、記事にするに至った。 ビジネス日常生活娯楽スマートフォンPC

レイ・ダリオ氏がブログ『パラダイムシフト』で歴史から量的金融緩和政策の限界と金の重要性を説く

世界最大のヘッジファンドであるBridgewater Associates, LP(ブリッジウォーターアソシエイツ)を運用しているRay Dalio(レイ・ダリオ)氏が、非常に長文の記事で量的金融緩和政策が限界を迎えるという予想を書いている。 相場だけでなく、経済全体の仕組みやマネーフローを理解しておくのに重要であると感じたので、自身の勉強も込めて翻訳しておく。意訳であるため本文の内容と完全に一致しているわけではないが、何かあればお問い合わせかコメントをいただければと思う。 また、レイ・ダリオ氏がYoutubeで公開している『30分で判る経済の仕組み』という動画の本文をブログで書き起こしているので、そちらの記事も見てもらえればと思う。 【関連記事】:これだけ見ておけば経済は把握できる。『30分で判る経済の仕組み』という動画はすごく良い無料教材だ https://youtu.be/NRUiD94aBwI

プライムデーでFire HD10を購入!読書や映画鑑賞には十分

15日から開催されているAmazonのプライムデーで、FireタブレットHD10を購入した。 技術書などを大きな画面で見たいと考えていたため購入しようか迷っていたのだが、プライムデーの存在を思い出しずっと待っていた形となる。 自分がタブレットを使う用途としては、以下のような事のみだったのでFireタブレットで十分と考えたわけだ。 Kindleニュースをチェック飛行機などで映画を見る 僕はKindle Unlimitedに加入しており、月に読む本の数が一般的な人よりも多い。また、人情物語である『解体屋ゲン』といった漫画は、手元のスマートフォンよりも画面は大きい方が読みやすい。 9800円と激安だったので購入しない理由はなかった。

【7月15日海の日開催】2019年のAmazonプライムデーで良さそうな商品をピックアップ!

注文すると大体の商品が翌日届く事、欲しいものが揃っている事、プライム会員の機能をフルで使っている事から、僕はAmazon(アマゾン)の中毒者である。 そんなAmazonは、毎年Prime Day(プライムデー)と称して特別セールをやっている。今年(2019年)は7月15日から開催だ。 今年からテイラー・スウィフトのライブが「プライムデーコンサート2019」として開催されるなど、毎年活況を見せている。 プライムデーで安くなる商品を開催前にすべて見られるわけでは無いが、すでに公開されている範囲で良さそうなものをいくつかピックアップし、紹介したいと思う。 Amazon製品 まずは王道のAmazonが発売している商品から。僕はFireタブレットの10インチモデルが今欲しいと考えているが、どうなるだろう。

PDFファイルをiPhoneのKindleで読む方法

PDFファイルをiPhoneのKindle(キンドル)で読む方法を紹介する。 文献や企業の業績などを調べていると、インターネット上にPDF形式で公開されていることがよくある。何かを調べるときや閲覧するときはPC(パソコン)の方が便利だが、気軽に情報をチェックしたいときはスマートフォンの方が便利。 そこで、パソコンで見つけたPDFファイルをスマートフォンのKindleで読む方法を解説したいと思う。僕が使用しているのがiPhoneなので、この記事ではiPhoneのKindleでPDFファイルを読む方法となっている。 画像付きで紹介しているが、記事で読み込んでいるPDFファイルは『オプション取引の基礎知識』という、東京商品取引所(TOCOM)が出しているオプションについての解説ドキュメントだ。 アプリのインストール iPhoneにまずはKindleアプリがインストールされている必要がある。まだインストールしていない方は、以下よりどうぞ。
- Advertisment -

Most Read

鉄分不足が「脱け毛」の原因?

シャワーの排水口やヘアブラシに少量の毛がたまっても、特に心配する必要はない。皮膚科学会によると、毎日100本ほどの髪の毛が抜けるのは、ごく普通のことである。 年を重ねるにつれ、徐々に毛が薄くなるのも正常で、ほとんどが遺伝性だ。 しかし、突然の脱毛や若年性の脱毛は、特定の病状や栄養不足の徴候である可能性が高い。 このような場合、問題を特定し改善することで、多くの場合、脱毛は改善される。 突然発症する薄毛や脱毛は、自己診断では解決しない。間違った事例を推測し、存在しない問題に処理するのは役に立たないことが想像出来ると思う。 遺伝性でない脱毛を放置すると、問題を悪化させる可能性がある。

新興宗教の教祖になる方法「実践編」 ー 運営するイロハ【地位と尊敬をゲット!】

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/e57UafGB6Lk https://keisukekuribara.com/how-to-become-a-guru-thought-edition/ 実践

【情報整理】コロナウイルスとは何で、心配すべきか?

中国を発生源として流行中の新型コロナウイルスに関し、情報をまとめておきたい。 派手な見出しで危機を煽りたいメディアと、不安を煽られたくなる一般人という構図をみうけるので、整理された情報を届けておく。 https://keisukekuribara.com/chinese-new-coronavirus-snake-may-be-the-source/ https://youtu.be/KnP9yVl34OQ 武漢で病気を引き起こしているウイルスは何か?

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。