2020-01-25 (土曜日)
タグ CSS

Tag: CSS

【3行のコードだけ】手軽にシンタックスハイライトを導入できる「highlight.js」の使い方

テック系でブログを運営している人は、記事内にコードを記述するとき、何か味気ない感じがした経験はあると思う(プログラムの事を書く人)。 そんなとき、シンタックスハイライトを導入すれば、見栄えが良くなることをご存知だろうか。 *構文強調(英: syntax highlighting)とは、テキストエディタの機能であり、テキスト中の一部分をその分類ごとに異なる色やフォントで表示するものである。この機能により、プログラミング言語やマークアップ言語といった構造化された言語において、その構造や構文上のエラーが視覚的に区別しやすくなるため、ソースコードの記述が容易となる。(ウィキペディア) この記事では、一瞬でシンタックスハイライトをブログ(ウェブサイト)へ導入できる、「highlight.js」の使い方を解説している。CDNを介したコードを利用すれば、ヘッダーにコピーアンドペーストするだけで導入できてしまうため、非常に便利で簡単。 少しでもプログラムのことを記事で書く人は、導入を強くオススメしたい。

【WordPress】 Jetpackの関連記事数を増やし、レイアウトも変更する方法

Wordpressのプラグインに「Jetpack」というものがあるが、これは非常に便利で重宝する。Jetpackを開発しているのは、WordpressやWoocommerceを中心的に開発しているAutomattic社なので、セキュリティや信頼性といった面も優れている。 このJetpackが持つ機能の1つに、記事の下へ関連する投稿を表示させるというものがある。関連記事はOn/Offが選択でき、記事の回遊率を上げたい方には役立つ機能だ。 Jetpackの関連記事はデフォルトで3つ表示されるのだが、これがスマートフォンだと少し見栄えが悪くなってしまう。 せっかく表示されるのなら、偶数であった方が綺麗だと思わないだろうか。 筆者は6つが最適だと感じたので、PHPコードを少し加え変更してみた。 記事数を変更させるPHPコード

【CSSのみでOK】スマートフォンでウェブサイトが横揺れするのを完全に防ぐコード

レスポンシブデザインで設計してあるウェブサイトでも、PaddingやMarginなどの関係から横揺れしてしまうことがある。 まずは、「画像 / 動画 / テーブル / スクリプトがレスポンシブになっているか」、コンテンツが「max-width: 100%; 」に設定されているかなど基本的な部分を確認してほしい。 それでも、ウェブサイトがグラグラと横揺れしてしまう時は、強制的にCSSで補正できる。 以下のコードは、「480px以内の画面では、横にはみ出しているものを非表示とする」という設定だ。
- Advertisment -

Most Read

コロナウイルスとは何で、心配すべきか?情報整理

中国を発生源として流行中の新型コロナウイルスに関し、情報をまとめておきたい。 派手な見出しで危機を煽りたいメディアと、不安を煽られたくなる一般人という構図をみうけるので、整理された情報を届けておく。 https://keisukekuribara.com/chinese-new-coronavirus-snake-may-be-the-source/ 武漢で病気を引き起こしているウイルスは何か? 新種のコロナウイルスである。 すなわち、これまでにヒトが遭遇したことのない、コロナウイルスの一員だ。他のコロナウイルスと同様に、動物由来である。感染者の多くは、中国の中心部にある海産物卸売市場で働いていたか、頻繁に買い物をしていた。

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。

【地位と尊敬をゲット!】教祖になる方法「思想編」 ー 新興宗教を立ち上げるイロハ

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/ZGLinJO3Vnc はじめに  こんにちは。

地球温暖化による動物5種の行動変化

世界中で様々な生物が、食事、パターン、餌場など、ライフスタイルの変更を余儀なくされている。 Guardianで紹介されていた、代表的な5種類の生物の事例を紹介したい。 オサガメ 先週、海水温の上昇と海流の変化が、オサガメの産卵から餌場への移動距離を2倍にしていると報告された。 フランスのヒューバート・キュリアン研究所によると、ウミガメは通常、海岸で産卵した後、餌を取るため冷たい海に移動しなければならない。