2020-01-20 (月曜日)
タグ Bing

Tag: Bing

有料の検索エンジンができないものかとボヤく…

知識の話ではないが、僕が寝る前に本を読んでいたら、ふと頭に思い浮かんでしまったの事について少し話したいと思う。 何の話かと言うと有料検索エンジンの話だ。 今の検索エンジンは、全て無料で使用する事ができる。これはGoogleとかYahooとかBingとかDuckDuckGoとかBaiduとか。 https://youtu.be/kW2myHyljFE この無料検索エンジンの仕組みは、検索エンジンがコンテンツを読み込んで HTMLを解析しながら、それぞれの要素をデータベースに貯めて行って、キーワードが検索されたときに吐き出してる。

検索流入を分析するため〈Google Search Console〉と〈Bing Webマスターツール〉にウェブサイトを登録しよう

検索からの流入はどうだろう。。 こんな疑問と向き合うのが、『Google Search Console』と『Bing Webマスターツール』だ。 それぞれ、 Google Search Console:GoogleBing Webマスターツール:Microsoft

【薄毛はコンプレックスじゃない】世界で活躍するエグゼクティブのハゲ頭を見よ

さて、『薄毛』や『抜け毛』というワードをキーワード解析で見た際、非常に多くの人が髪の毛が薄くなることにコンプレックスを抱いていると気づいた。 果たして、髪の毛が薄くなることは本当に恥ずかしい事なのだろうか。 僕は、そうでも無いと思う。 薄毛で悩む皆様に、世界で活躍するハゲを紹介するので、勇気をつけてもらいたい。 スティーブ・ジョブズ

海外仮想通貨取引所へ本人確認情報を気軽に送るのは今すぐやめよう

さて、この記事では本人確認情報(KYC:Know Your Customer)を、海外にある得体の知れない事業者に提出するのは今すぐにでも辞めよう、という内容である。 どんな場面を想定しているかというと、海外仮想通貨取引所では取引金額レベルを上げるために本人確認書類を求められることがあるのだが、こういった情報を提出するのはちょっと待とうと言うこと。 KYCとは では、そもそもKYCは何のために行っているかというと、金融機関が正確な顧客情報を持つことでマネーロンダリングなどを防ぐ目的がある。日本で言えば、銀行や証券会社は犯罪収益移転防止法(犯収法)という法律に則って本人確認を行っている。 顧客情報に整合性を持たせることで、不正な取引が検知しやすくなるわけ。
- Advertisment -

Most Read

大麻化合物は抗生物質が効かない「スーパーバグ」の武器になる可能性

大麻植物から抽出した成分を合成した化合物が、薬剤耐性菌(スーパーバグ)を死滅させることが明らかになった。 このことから、スーパーバグへの新たな武器として、大麻濃縮物の期待が高まっている。 研究者たちは、抗生物質の性質を調べるために5種類の大麻化合物をスクリーニングし、カンナビゲロール(CBG)が、病院で最もよく見られる病原菌の1つであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺傷するのに、特に有効であることを発見した。 MRSA, or methicillin-resistant staphylococcus aureus, is a bacterium that...

【創造性UP】異質な要素を組み合わせると最高のアイデアが生まれるかもしれない

今日のビジネスにおいて、『どちらかというと〇〇』という選択は、命取りになりかねない。そのため、イノベーションを起こせるか、弱者の立場に身を置かざるを得ないというプレッシャーがかかっている。 多くの企業は、オリジナリティあるアイデアこそが、負のスパイラルから抜け出す唯一の方法だと誤解している。 この基本的な誤解は、時間的にも資源的にも非常に高くつく。実際、本当に独創的な人はほとんどいない。ダ・ヴィンチやアインシュタインは独創的な人物であり、彼らに匹敵する者はまだ現れていない。 しかし、だからといって、その後の偉大な科学者たちが、科学や社会全体に計り知れない価値をもたらしていないという訳ではないはずだ。 すべての人が独創的になれるわけではないが、みな創造力を発揮し、自分、業界、コミュニティ、世界などに顕著な変化をもたらす方法を考え出すことはできる。

「マインドフルネス」は恐怖の解消に効果アリ

マインドフルネスは、自分と向き合い、起こっている刺激を切り離し、集中力を高めることが可能とされる。 このエクササイズは今、国や文化を越え、勢いを増している。 事例証拠によると、マインドフルネスは、日常生活を落ち着きあるものにし、穏やかで、やる気を感じさせるのに役立つという。 また、多くの研究の結果が効果の証拠を裏付けており、マインドフルネスを実践することで、特に精神的健康に真の恩恵がもたらされることが示されている。 Photo by William Farlow on Unsplash

魅力的な「おっぱい」とは?

胸のサイズに対する『オスの好み』は、進化と適応を反映していると考えられている。 これを最もらしく説明するためには、魅力的とされる特徴が、女性の潜在的な生殖能力や健康への、手がかりとなることを示さなければならない。 しかし、好みの大部分は文化的に判断されている可能性があり、それはメディアが売りにしている『女性美』という概念かもしれない。 胸は大きい方がいいのか 1960年以来、多くの研究が女性の乳房の魅力を、特にサイズに関して評価してきた。 Jerry Wiggins氏とその同僚による初期の研究(1968)では、男性へ、女性の胸、尻、脚に対する好みを裸のシルエットを使ってテストした。95人の男性が、身体部位において異なるサイズの対画像を評価した。