2020-01-24 (金曜日)
タグ ASD

Tag: ASD

CBDと遺伝子検査は小児における「難治性てんかん」への希望を提供している

「てんかん」は、通常筋肉が痙攣しているかのように見える虚ろな目つきから始まる。しかし、どのように始まったとしても子どもが「てんかん」と診断されたときは、家族にとって恐ろしい時間であることが多い。 アメリカでは約47万人の小児が「てんかん」を抱えて生活しており、処方できる抗てんかん薬は十数種類あるが、約30%の小児は反応しない。このような子供たちは、医療の専門家が難治性あるいは制御不能と呼ぶ「てんかん」を患っている。 タフツ大学サックラー生物医学大学院のChris Dulla氏は、研究室の博士研究員として小児痙攣と呼ばれる「てんかん」の研究に取り組んでいる。乳児が起こす痙攣は、発作を止めないと「難治性てんかん」など重症に発展してしまう。 近年、「てんかん」治療の分野ではカンナビジオール由来薬剤(CBD薬剤)の開発や遺伝子検査の台頭により、有望な進歩がなされている。こうした進歩が、「難治性てんかん」の子どもたちに治療の選択肢を提供する道を開いているのだ。 小児てんかんとは何か
- Advertisment -

Most Read

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。

【地位と尊敬をゲット!】教祖になる方法「思想編」 ー 新興宗教を立ち上げるイロハ

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/ZGLinJO3Vnc はじめに  こんにちは。

地球温暖化による動物5種の行動変化

世界中で様々な生物が、食事、パターン、餌場など、ライフスタイルの変更を余儀なくされている。 Guardianで紹介されていた、代表的な5種類の生物の事例を紹介したい。 オサガメ 先週、海水温の上昇と海流の変化が、オサガメの産卵から餌場への移動距離を2倍にしていると報告された。 フランスのヒューバート・キュリアン研究所によると、ウミガメは通常、海岸で産卵した後、餌を取るため冷たい海に移動しなければならない。

大麻化合物は抗生物質が効かない「スーパーバグ」の武器になる可能性

大麻植物から抽出した成分を合成した化合物が、薬剤耐性菌(スーパーバグ)を死滅させることが明らかになった。 このことから、スーパーバグへの新たな武器として、大麻濃縮物の期待が高まっている。 研究者たちは、抗生物質の性質を調べるために5種類の大麻化合物をスクリーニングし、カンナビゲロール(CBG)が、病院で最もよく見られる病原菌の1つであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺傷するのに、特に有効であることを発見した。 MRSA, or methicillin-resistant staphylococcus aureus, is a bacterium that...