2020-01-29 (水曜日)
タグ AI

Tag: AI

”ディープフェイク動画の96%がポルノである”という最新の調査結果

ディープフェイクは最近の技術トレンドで最も恐ろしい現象の1つだ。 ディープラーニングにより合成されたポルノムービー(フェイクポルノ)は、女性を貶めたり金銭的損失に至らせるなど、多くの迷惑をかけている。 オランダに拠点を置くサイバーセキュリティ企業Deeptraceが公開した新しいレポートは、オンラインで出回っているディープフェイク動画の96%がポルノであり、1億3400万回以上閲覧されたと述べている。 重要な点は、すべてのポルノムービーに女性が登場するということである。

チャット型マーケティングサービス『Drift』をウェブサイトへ導入し、ユーザーとの交流を図ろう

ウェブサイトに訪れてくれた顧客へ、チャット型ウィジェットを導入してコミュケーションを図るケースが増えている。 チャットでコミュケーションを取ることはユーザーと事業者の双方へメリットがあり、 「事業者」⇒形式張った面倒な文面を送らなくとも良く、即時で返答できる「ユーザー」⇒わざわざ問い合わせフォームに行く必要はなく、即座に回答を得ることができる というような利益をもたらす。 ただし、マス層へ行き渡るようなサービスではスパム行為が増えるため、チャットを導入する場合は問い合わせやFAQへ案内する程度のBotを採用すると良いだろう。対応者を採用するコストや非常識なクレーム対処はさして利益をもたらさない。 チャットボットで顧客と会話しているイメージ。Business...

アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

先日Twitterで見かけたのだが、DeepFake(ディープフェイク)がマジですごかった。 そもそもDeepFakeとは何かというところだが、「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake)」の造語で、人工知能(AI)によって人物を合成したコンテンツの事をいう。 最新技術が普及するのに最も大きなエネルギーを生み出すのは常にアダルト産業だが、機械学習に基づくDeepFakeもそう。 現在、DeepFakeを専門としたアダルト動画を配信しているウェブサイトがいくつかある。 主に、タレント、アーティスト、女優などの顔と既存のアダルト動画を合成しているので、配信されている動画は顔を合成された本人の体ではない。

ニューカレドニアカラスは物を組み合わせ道具をつくることができる

ドイツのゼーヴィーゼンにあるマックス・プランク鳥類研究所とオックスフォード大学の国際的な研究チームは、ニューカレドニアカラスが、これまで人間と大型類人猿にしか見られなかった、機能的でない2つ以上の要素を組み合わせて道具を作ることができることを明らかにした。 今回の研究では、ニューカレドニアカラスが短い組み合わせ可能な部分から、遠くまで届く道具を作り出すことができることが示されている。異なる素材を新しい機能的で操作可能な道具へ組み合わせる能力は、これまで類人猿でのみ観察されていた。人類学者は、初期の複合道具製造は脳進化における重要なステップと考えている。子どもたちが新しい道具を作るには数年かかるが、それはおそらく、まだ見えていないものの特性を予測する必要があるからだろう。 このような予測、すなわち計画は、通常、創造的なメンタルモデリングと実行機能を含むものと解釈されている。 本研究は、ニューカレドニアカラスが見たことのない物体の特性の予測を含む、複雑な問題を解決することが可能であるという、高度に柔軟な能力を有することを示した。マックス・プランク鳥類研究所とオックスフォード大学の研究の筆頭著者であるAuguste von Bayern氏によると、「カラスは物質を組み合わせて作るための支援や訓練を受けておらず、自分たちでそれを理解したため、今回の発見は注目に値する」 という。 A New...

ファッションの未来。デザインから商品化までテクノロジーは業界をどのように変化させるか

ミシンの発明から電子商取引の台頭まで、ファッション業界は常に革新の基となってきた。テクノロジー同様、ファッションは常に前向きかつ周期的である。 また、ファッション業界は巨大な産業でもある。2兆4000億ドル規模であるこの業界は、世界経済における最大の産業の1つだ。 そして今日、テクノロジーはかつてない速さでファッションを変えつつある。布を縫ったり切ったりするロボットから、スタイルのトレンドを予測するAIアルゴリズム、VRミラーを導入した試着室に至るまで、テクノロジーはファッションのあらゆる側面を自動化、パーソナライズ、効率化している。 本レポートでは、衣服・アクセサリーのデザイン、製造、流通、販売のあり方を変えていくトレンドを掘り下げていく。 原文はCB Insightsのレポートである。 プロダクトデザイン
- Advertisment -

Most Read

鉄分不足が「脱け毛」の原因?

シャワーの排水口やヘアブラシに少量の毛がたまっても、特に心配する必要はない。皮膚科学会によると、毎日100本ほどの髪の毛が抜けるのは、ごく普通のことである。 年を重ねるにつれ、徐々に毛が薄くなるのも正常で、ほとんどが遺伝性だ。 しかし、突然の脱毛や若年性の脱毛は、特定の病状や栄養不足の徴候である可能性が高い。 このような場合、問題を特定し改善することで、多くの場合、脱毛は改善される。 突然発症する薄毛や脱毛は、自己診断では解決しない。間違った事例を推測し、存在しない問題に処理するのは役に立たないことが想像出来ると思う。 遺伝性でない脱毛を放置すると、問題を悪化させる可能性がある。

新興宗教の教祖になる方法「実践編」 ー 運営するイロハ【地位と尊敬をゲット!】

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/e57UafGB6Lk https://keisukekuribara.com/how-to-become-a-guru-thought-edition/ 実践

【情報整理】コロナウイルスとは何で、心配すべきか?

中国を発生源として流行中の新型コロナウイルスに関し、情報をまとめておきたい。 派手な見出しで危機を煽りたいメディアと、不安を煽られたくなる一般人という構図をみうけるので、整理された情報を届けておく。 https://keisukekuribara.com/chinese-new-coronavirus-snake-may-be-the-source/ https://youtu.be/KnP9yVl34OQ 武漢で病気を引き起こしているウイルスは何か?

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。