2020-01-18 (土曜日)
タグ 睡眠

Tag: 睡眠

睡眠中に記憶が安定するまでの新たな発見

Center for Interdisciplinary Research in Biology(CNRS:フランス国立保健医学研究所とINSERM:フランス国立科学研究センター)の研究者たちは、文献で何十年も記述されてきたように、睡眠中に発するデルタ波は、皮質が静止している一般的な無意識状態ではないことを示している。 代わりに、長期記憶形成に重要な役割を果たすニューロンの集合体を単離するものだという。 この調査結果は、2019年10月18日にScienceへ掲載されたものである。 私たちが眠っている間、海馬は起きている間と同様の活動を起こすことによって、自発的に再活性化する。大脳皮質に情報を送り、皮質が反応する形だ。

ビル・ゲイツは初期マイクロソフトで睡眠を「怠け者」と考えていたが、この本で考え方を変えた

20代のBill Gates(ビル・ゲイツ)氏は、ハーバード大学を休学した後、高校時代の友人であるPaul Allen(ポール・アレン)氏と共に、コンピューター・ソフトウェア会社を設立した。 この会社はMicrosoft(マイクロソフト)となり、今日、世界で最も価値ある株式公開企業の1つとなっている。 https://flic.kr/p/7nB8jD ゲイツ氏は、初期のマイクロソフト時代に多くの睡眠を犠牲にしたと、自身のブログで記している。 「ソフトウェアを納品しなければならないとき、いつも徹夜していた。連泊する事はザラだった。仕事に没頭しいる時、たくさん寝るのは怠けていると感じていたね」Bill Gates

眠り始め最初の90分ですべてがキマる。研究に基づく超一流の睡眠とは!『スタンフォード式 最高の睡眠』を解説

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/cwllmT81I_U はじめに  今日は「スタンフォード式 最高の睡眠」という本を紹介したいと思う。

十分な睡眠は食欲を減少させる効果もある

眠れない夜に空腹感を感じたり、ジャンクフードを食べたくなったりしたことはないだろうか。これは想像だけでなく、実際、睡眠と空腹の間には関連性があることが示されている。 研究によると、一晩の睡眠不足でも空腹と食欲のホルモンレベルが変化することが示されている。また、食べ物を見たときの、脳の反応にも影響するようだ。 基本的に、十分な休息がとれていないときは、体と脳の両方から強い信号が送られ、食欲を増加させる。睡眠不足によって摂取カロリーが増えると体重増加につながりやすく、これは『睡眠不足と太り過ぎ』の関係を説明している。 睡眠不足はまた、心疾患および2型糖尿病のリスク増加とも関連している。 People photo created by yanalya...
- Advertisment -

Most Read

「マインドフルネス」は恐怖の解消に効果アリ

マインドフルネスは、自分と向き合い、起こっている刺激を切り離し、集中力を高めることが可能とされる。 このエクササイズは今、国や文化を越え、勢いを増している。 事例証拠によると、マインドフルネスは、日常生活を落ち着きあるものにし、穏やかで、やる気を感じさせるのに役立つという。 また、多くの研究の結果が効果の証拠を裏付けており、マインドフルネスを実践することで、特に精神的健康に真の恩恵がもたらされることが示されている。 Photo by William Farlow on Unsplash

魅力的な「おっぱい」とは?

胸のサイズに対する『オスの好み』は、進化と適応を反映していると考えられている。 これを最もらしく説明するためには、魅力的とされる特徴が、女性の潜在的な生殖能力や健康への、手がかりとなることを示さなければならない。 しかし、好みの大部分は文化的に判断されている可能性があり、それはメディアが売りにしている『女性美』という概念かもしれない。 胸は大きい方がいいのか 1960年以来、多くの研究が女性の乳房の魅力を、特にサイズに関して評価してきた。 Jerry Wiggins氏とその同僚による初期の研究(1968)では、男性へ、女性の胸、尻、脚に対する好みを裸のシルエットを使ってテストした。95人の男性が、身体部位において異なるサイズの対画像を評価した。

睡眠中に記憶が安定するまでの新たな発見

Center for Interdisciplinary Research in Biology(CNRS:フランス国立保健医学研究所とINSERM:フランス国立科学研究センター)の研究者たちは、文献で何十年も記述されてきたように、睡眠中に発するデルタ波は、皮質が静止している一般的な無意識状態ではないことを示している。 代わりに、長期記憶形成に重要な役割を果たすニューロンの集合体を単離するものだという。 この調査結果は、2019年10月18日にScienceへ掲載されたものである。 私たちが眠っている間、海馬は起きている間と同様の活動を起こすことによって、自発的に再活性化する。大脳皮質に情報を送り、皮質が反応する形だ。

犬1匹の価値はいくら?

犬は、人間にとって、とても価値がある。 アメリカでは、犬の飼い主は高いコストをかけている。彼らは昨年、ペットに700億ドル以上使ったという調査結果が出ている(獣医ケアに200億ドル、物資に160億ドル、食料に320億ドル)。 ほとんどの犬好きにとって、犬は家族の一員と見なされている。もし、自分の犬1匹にいくらの価値があるかと聞かれたら、答えは『プライスレス』になるだろう。 しかし、「不当に殺されたことで裁判所が刑罰や賠償金を決定しようとしている場合」や、「離婚手続きの際犬を失った配偶者に何らかの補償をして親権を決定しようとしている場合」、「政府が犬の安全を保証するために支出する金額を決定する場合」など、犬の金銭的価値を決定しなければならない場合もある。 オクラホマ大学のDeven Carlson氏が率いる研究者チームは、正式な手続きで犬の経済的価値を決定することに着手した。