2020-01-25 (土曜日)
タグ

Tag:

「大麻が健康に良い」というツイートは誤解に満ちている

日本とは異なり、アメリカでは、娯楽用大麻(レクリエーション・マリファナ)の合法化や、大麻が健康問題に役立つ可能性について、多くの議論がなされている。 大麻の研究者たちは、健康状態を改善する能力について、多くのことを発見するかもしれない。しかし、医学界は大麻の短期的な健康への影響として、短期記憶障害、注意力障害、協調運動障害、睡眠障害などがあることを知っている。 南カリフォルニア大学のJon-Patrick Allem氏は、SNSのデータを利用した公衆衛生や政策について研究している。Allem氏は、調査の一環として、健康の考えや行動に関するTwitterの会話をモニターしているという。 American Journal of Public...

健康のため肉を避けるべきなのか。神話と事実を切り分ける

アメリカ人の半数以上が、「より健康的な食事を取ろう」と決意している。 さて、健康な食事とは何なのだろう。 混乱するのも無理はない。ある研究者は、赤身肉や加工肉を減らすことは、健康と地球環境を考えると、最優先事項だと言っている。これらの食品は健康に問題がないと主張する人もいる。 また同時に、植物由来の肉という代替品の人気が急上昇しているものの、健康への影響は不確かだ 心臓専門医で、タフツ大学栄養学の教授であるDariush Mozaffarian(ダリッシュ・モザッファリアン)氏は、肉に関する『5つの神話』と『5つの事実』を整理し、混乱を明らかにしてくれている。

週1回の軽いランニングが早死リスクを大幅に低下させる

研究者らは、多くの人がランニングを始めるようになれば、健康と寿命は大幅に改善されるだろうと結論付けている。 ただし、あらゆる死因のリスク、特に心血管疾患や癌による死亡リスクを回避するため、ランニングがどの程度有効であるかは不明だ。 また、潜在的な利益を得るためには、どれだけの頻度、期間、ペースでランニングを行うのが有利なのかは明らかでない。 これを解明するため、研究者らは広範な学術データベースにおいて、関連する研究や学会の発表、論文を体系的にレビューした。 ここでは、ランニングやジョギングと、主に心血管疾患および癌による死亡リスクとの関連に関する研究を求めた。 5.5〜35年間、健康状態が追跡された232,149人を対象とした14の適切な研究が見つかった。この期間に、試験参加者のうち25,951人が死亡している。

バナナはダイエットに効果的なのか?科学的に解説

バナナはさまざまな重要な栄養素を含み、食物繊維が豊富であるため、バランスのとれた食事を組み立てるのに役立つ食物だ。 バナナを食べたからといって体重が減るわけではないが、バナナが持つ特性の一部は、「むくみの軽減」や「食欲の抑制」に役立つ。 栄養成分や糖度も示すことで、バナナとダイエットを組み合わせる方法について、本記事で学んでいこう。 バナナは減量に適しているか バナナは優れた繊維源である。 大きさが普通のバナナには3.07 gの食物繊維が含まれており、2,000カロリーダイエット(1日の摂取カロリーを2000...

女性の性欲が減少してしまう、3つの大きな理由

多忙な現代生活の中で、性的関係の『十分な維持』について考えている人は少ない。 男性は性欲に関して問題を抱えることが少ないため、女性の性欲を理解しておくことは非常に重要だ。 したがって、この記事では女性の性欲が減少してしまうケースに焦点を当て、解説している。 留意点 セックス頻度を少なくしたいと考えている場合、必ずしも周囲の規範から外れているとは限らない。ただし、頻度の好みの違いが、パートナーとの関係に問題を引き起こす可能性はある。性欲が以前より弱まっていたとしても、2人の関係は以前より強くなることもある。性欲減退を定義する頻度はない。人によって異なる。 女性の性欲減退の症状

人種差別は遺伝子の免疫機能を破壊し、寿命を縮めるという研究結果

人種差別などの否定的な社会ステータスは、異常な遺伝子活性を含む生物学的反応の元凶を作り出すことによって、標的とされる人々の健康を大きく損なう。 寿命と死因を記録したレポートが明確なパターンを示していることは、特段驚くべきことでない。アフリカ系アメリカ人はより早く死亡し、高血圧、心疾患、認知症、末期乳がんなど、多くの疾患を患っているとの報告がある。 研究者たちは、黒人と白人の健康格差で原因となる遺伝的要因を探してきたが、現状その成果は限られている。これまでで最も強力な証拠は、貧困、不平等な医療、人種差別などの社会環境要因を指摘している。 最近の研究によると、多くのアメリカ人が人種的不平等の是正における進歩を過大評価しているようだ。また、ある調査によると、人種差別などの意見を表明することは一般的になっていると認識するアメリカ人(65%)が増えている。 Via:Race...

オーガニック食品があなたを癌から救うことはない

Journal of the American Medical Association(JAMA)で発表された新しい栄養に関する研究では、多くオーガニック食品を食べると癌のリスクは低下する可能性が高いと主張されている。 https://youtu.be/p_4cSw7dRNA 一般的な考え方は、非常にシンプルだ。 非有機農産物(オーガニックではない作物)には、特定の癌のリスク増加に結び付く農薬が散布されていることがある。例えば、普通のリンゴの代わりにオーガニックリンゴを食べると、人体が残留農薬にさらされる危険性は低くなる。
- Advertisment -

Most Read

コロナウイルスとは何で、心配すべきか?情報整理

中国を発生源として流行中の新型コロナウイルスに関し、情報をまとめておきたい。 派手な見出しで危機を煽りたいメディアと、不安を煽られたくなる一般人という構図をみうけるので、整理された情報を届けておく。 https://keisukekuribara.com/chinese-new-coronavirus-snake-may-be-the-source/ 武漢で病気を引き起こしているウイルスは何か? 新種のコロナウイルスである。 すなわち、これまでにヒトが遭遇したことのない、コロナウイルスの一員だ。他のコロナウイルスと同様に、動物由来である。感染者の多くは、中国の中心部にある海産物卸売市場で働いていたか、頻繁に買い物をしていた。

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。

【地位と尊敬をゲット!】教祖になる方法「思想編」 ー 新興宗教を立ち上げるイロハ

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/ZGLinJO3Vnc はじめに  こんにちは。

地球温暖化による動物5種の行動変化

世界中で様々な生物が、食事、パターン、餌場など、ライフスタイルの変更を余儀なくされている。 Guardianで紹介されていた、代表的な5種類の生物の事例を紹介したい。 オサガメ 先週、海水温の上昇と海流の変化が、オサガメの産卵から餌場への移動距離を2倍にしていると報告された。 フランスのヒューバート・キュリアン研究所によると、ウミガメは通常、海岸で産卵した後、餌を取るため冷たい海に移動しなければならない。