2020-01-29 (水曜日)
タグ 先物

Tag: 先物

暗号通貨のデリバティブ取引専用チャットサービス『Paradigm』がローンチ

The Blockによれば、暗号通貨のデリバティブトレーディングを行う企業の中には、Telegramを離れ、新たに立ち上がった取引プラットフォームで取引するところもあるようだ。 暗号通貨の大口トレーダー向けに設計された、店頭取引(OTC)専用のメッセージングプラットフォーム『Paradigm』が、先物やオプションを提供するデリバティブ取引所Deribitとの提携を通じて木曜日にローンチした。 *OTC:over the counterの略称。直訳すると「店頭」を意味するが、経済・金融の専門用語では取引所を介さない相対取引のことをさす。売買する当事者間で数量・価格・決済方法が決められる。代表的な例としては債券、為替、FRA、IRSなどの非上場商品の取引がこれにあたる。(証券用語解説集、野村證券より) このプラットホームを使うと、トレーダーはチャットインタフェース内だけでビットコイン(BTC)の大量売買注文や、イーサリアム(ETH)のオプション/先物を取引することができる(Deribitに注文が通る)。 Paradigmは今週新たにローンチされたプラットフォームであるが、すでにシンガポールに拠点を置くQCP Capitalや暗号通貨投資会社のGalaxy...

オプションと先物の違い

オプションと先物はどちらも投資家がお金を儲けたり、現在の資産をヘッジしたりするために使う金融派生商品(デリバティブ商品)である。どちらも、特定の日までに特定の価格で商品を購入する契約だ。 オプションは、投資家に契約が有効である限り、いつでも特定の価格で株式を売買できる権利を与えるが、義務は与えない。先物契約では、所有者のポジションが満期日前にクローズされていない限り、買い手は株式を購入し、売り手は売却する必要がある。これは義務だ。 しかし、オプション市場と先物市場は、各々が持つ機能や投資家にとってのリスクの大きく異なる。 キーワード オプションと先物は、同じような金融商品であり、投資家にお金を儲け、現在の投資をヘッジする機会を提供する。オプションは、契約期間中いつでも特定の価格で資産を購入・売却する権利を与えるが義務はない。先物契約では、買い手は特定の資産を購入する義務があり、売り手は保有者のポジションが満期前にクローズされていない限り、特定の将来の日付に資産を売り引き渡す義務がある。

4つの予測市場プラットフォームを比較 (Augur, Gnosis, Stox, Hivemind)

参照は2018年3月16日に書かれた「Four Prediction Market Platforms Compared」である。 予測市場では、選挙、スポーツの試合、四半期ごとの事業報告など、参加者は将来の出来事の結果について推測する。スポーツや競馬での伝統的なギャンブルと同じように、結果を正しく予測している人は正しくお金を稼ぐことが可能だ。現在、予測市場の設計において不可欠な部分として、ブロックチェーン技術を使用する新世代のプラットフォームが開発されている。 分散型の予測市場を構築している人物は、これら新しいプラットフォームは集権型のものよりも安全、高速、透明、安価、そしてアクセスが容易になると考えている。さらに、Ethereum(イーサリアム)やBitcoin(ビットコイン)のような分散型ネットワーク上で実行されるため、オンラインギャンブルに関する法律の対象にはならないと主張する人たちもいる。しかし、これらの主張には批判的である必要がある。パブリックブロックチェーンでオンラインギャンブルサイトを運営し、それを「dApp(Decentralized Application)」と呼んでも、すべての規制を回避することはできない。 とは言うものの、この記事では現在開発中の4つの分散型予測市場であるプロジェクト、「Augur」、「Gnosis」、「Stox」、「Hivemind」を取り上げ解説していく。 予測市場の紹介

予測市場とは何かを解説する

予測市場は基本的に先物市場で、バイナリイベント、つまりイベントが発生する/しないの概念に基づいている。金融の世界では、参加者は将来の出来事の結果によって利益が変わる契約を取引する。予測市場は、そのような出来事の結果を交換可能にするものだ。 主には、選挙の結果や株式の価格変動、さらには気候の変化など特定の状況で特定のイベントが発生する可能性に賭ける。 ほとんどの場合、賭けの価値は特定の結果が実現する確率に正比例する。 「Andrew Yangは2019年7月31日のトップ5に投票するのか?」というAugurでの例 「ベット」という言葉を使うがギャンブルとは違うのか
- Advertisment -

Most Read

鉄分不足が「脱け毛」の原因?

シャワーの排水口やヘアブラシに少量の毛がたまっても、特に心配する必要はない。皮膚科学会によると、毎日100本ほどの髪の毛が抜けるのは、ごく普通のことである。 年を重ねるにつれ、徐々に毛が薄くなるのも正常で、ほとんどが遺伝性だ。 しかし、突然の脱毛や若年性の脱毛は、特定の病状や栄養不足の徴候である可能性が高い。 このような場合、問題を特定し改善することで、多くの場合、脱毛は改善される。 突然発症する薄毛や脱毛は、自己診断では解決しない。間違った事例を推測し、存在しない問題に処理するのは役に立たないことが想像出来ると思う。 遺伝性でない脱毛を放置すると、問題を悪化させる可能性がある。

新興宗教の教祖になる方法「実践編」 ー 運営するイロハ【地位と尊敬をゲット!】

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/e57UafGB6Lk https://keisukekuribara.com/how-to-become-a-guru-thought-edition/ 実践

【情報整理】コロナウイルスとは何で、心配すべきか?

中国を発生源として流行中の新型コロナウイルスに関し、情報をまとめておきたい。 派手な見出しで危機を煽りたいメディアと、不安を煽られたくなる一般人という構図をみうけるので、整理された情報を届けておく。 https://keisukekuribara.com/chinese-new-coronavirus-snake-may-be-the-source/ https://youtu.be/KnP9yVl34OQ 武漢で病気を引き起こしているウイルスは何か?

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。