2020-01-20 (月曜日)
タグ ダイエット

Tag: ダイエット

妊婦の体重への偏見は有害。母親にうつ症状など悪影響を及ぼす

12月は子供が妊娠する可能性が最も高い時期であり、特に12月11日は意味ある日だと指摘する専門家もいる。 しかし、出産に至るまで、多くの女性は歓迎されない『驚きの体験』をするかもしれない。家族や友人でさえ、体重について批判する場合がある。 このコメントでは、妊娠する前に母親の体重を判断することが多い。また、妊娠中に増加した女性の体重は、赤ちゃんを産んだ後もなかなか減らないもの。 このような体重の偏見は、母体の精神衛生に対する、潜在的に重大な脅威である。 妊娠以外の分野でも、体重で偏見を受けるとストレスがたまり、有害なことが研究で示されている。例えば症状として、さらなる体重の増加、コルチゾールと炎症の促進、不摂生など様々な不健康と関連している。 現状、妊娠中や出産後の女性に対する、体重への偏見の影響を調べた研究は、ほとんどない。

牛乳は2倍のダイエット効果がある飲み物だった。カルシウムとビタミンDが鍵

牛乳をよく飲む人は、2倍の体重減少効果を見込めることが研究で明らかになった。 コップ2/3の牛乳でも、体重を4.5キログラム減らすことが期待できる。 この研究では、牛乳を飲む人の体重は、牛乳を飲まない人の2倍近く減少した。これは、カルシウムやビタミンDを含む、他の乳製品も同様に効果があるとのこと。 研究では、カルシウムとビタミンDの両方の濃度が高いほど、体重が減少することが示されている。 ビタミンDも必要な理由は、ビタミンDがカルシウムの吸収を助けるからだ。 残念なことに、世界の人口の約半数はビタミンDが不足しており、肥満者の50%はカルシウムが不足している。

チアシードはダイエットに効果的なのか。科学的に解説

チアシードは、ハッカ科の植物『Salvia hispanica(チア)』の種子である。近年、この種子はいわゆるスーパーフードとして人気だ。 チアシードを食べると、体重が減ると主張する人もいる。 本記事では、この主張の背景にある科学的根拠について概説する。また、チアシードの養分含量に関する情報を示し、それらを食事に組み込む方法も提案した。 https://youtu.be/DlenGGrD1H8 チアシードはダイエットに役立つか

太りやすい人におけるダイエットの最も効果的な運動とは?

最新研究によると、定期的なジョギングは減量に最適な運動だという。 ジョギングは、肥満のリスクを高める遺伝子を持つ人で特に有効であるという調査結果が出たようだ。 肥満体質の人は少し食べただけでも太る傾向があり、これは遺伝的問題のため簡単な解決が難しい。 肥満に対する遺伝的要素と戦うのに適した、ジョギング以外の運動は次の通りである。 ウォーキングワルツ、タンゴ、フォックストロット、クイックステップなどの公式なダンス登山時間をかけて行うヨガ もちろん、少し速く歩くこと(ファストウォーキング)や前述したジョギングは、より大きな減量につながる。

カロリーコントロールダイエット。5年間体重が変化しない僕の管理方法を紹介しよう

執筆時点で23歳である僕は、18歳の頃から体重がほぼ変化していない。 計算すると約5年になる。約5年間、体重は63kg前後で推移ししており、±3kgからずらしたことがない。2kg程度の変化は、測定したときの体内にある水分として十分に仮定できる。 さて、何か特別な事をしていると思うだろうか。 バランスの良い食事を3食すべて行っているハードなトレーディングを行っているサプリメントを多く摂取している時間制限を設け、その時間以内でしか食事していない 上記のような、一般に言われている事を僕は一切行っていない。 ただ、ある1つの数値だけは非常に意識している。むしろ、その数値にしか気を配っていない。
- Advertisment -

Most Read

大麻化合物は抗生物質が効かない「スーパーバグ」の武器になる可能性

大麻植物から抽出した成分を合成した化合物が、薬剤耐性菌(スーパーバグ)を死滅させることが明らかになった。 このことから、スーパーバグへの新たな武器として、大麻濃縮物の期待が高まっている。 研究者たちは、抗生物質の性質を調べるために5種類の大麻化合物をスクリーニングし、カンナビゲロール(CBG)が、病院で最もよく見られる病原菌の1つであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺傷するのに、特に有効であることを発見した。 MRSA, or methicillin-resistant staphylococcus aureus, is a bacterium that...

【創造性UP】異質な要素を組み合わせると最高のアイデアが生まれるかもしれない

今日のビジネスにおいて、『どちらかというと〇〇』という選択は、命取りになりかねない。そのため、イノベーションを起こせるか、弱者の立場に身を置かざるを得ないというプレッシャーがかかっている。 多くの企業は、オリジナリティあるアイデアこそが、負のスパイラルから抜け出す唯一の方法だと誤解している。 この基本的な誤解は、時間的にも資源的にも非常に高くつく。実際、本当に独創的な人はほとんどいない。ダ・ヴィンチやアインシュタインは独創的な人物であり、彼らに匹敵する者はまだ現れていない。 しかし、だからといって、その後の偉大な科学者たちが、科学や社会全体に計り知れない価値をもたらしていないという訳ではないはずだ。 すべての人が独創的になれるわけではないが、みな創造力を発揮し、自分、業界、コミュニティ、世界などに顕著な変化をもたらす方法を考え出すことはできる。

「マインドフルネス」は恐怖の解消に効果アリ

マインドフルネスは、自分と向き合い、起こっている刺激を切り離し、集中力を高めることが可能とされる。 このエクササイズは今、国や文化を越え、勢いを増している。 事例証拠によると、マインドフルネスは、日常生活を落ち着きあるものにし、穏やかで、やる気を感じさせるのに役立つという。 また、多くの研究の結果が効果の証拠を裏付けており、マインドフルネスを実践することで、特に精神的健康に真の恩恵がもたらされることが示されている。 Photo by William Farlow on Unsplash

魅力的な「おっぱい」とは?

胸のサイズに対する『オスの好み』は、進化と適応を反映していると考えられている。 これを最もらしく説明するためには、魅力的とされる特徴が、女性の潜在的な生殖能力や健康への、手がかりとなることを示さなければならない。 しかし、好みの大部分は文化的に判断されている可能性があり、それはメディアが売りにしている『女性美』という概念かもしれない。 胸は大きい方がいいのか 1960年以来、多くの研究が女性の乳房の魅力を、特にサイズに関して評価してきた。 Jerry Wiggins氏とその同僚による初期の研究(1968)では、男性へ、女性の胸、尻、脚に対する好みを裸のシルエットを使ってテストした。95人の男性が、身体部位において異なるサイズの対画像を評価した。