2020-01-18 (土曜日)
タグ オーガズム

Tag: オーガズム

女性の性欲が減少してしまう、3つの大きな理由

多忙な現代生活の中で、性的関係の『十分な維持』について考えている人は少ない。 男性は性欲に関して問題を抱えることが少ないため、女性の性欲を理解しておくことは非常に重要だ。 したがって、この記事では女性の性欲が減少してしまうケースに焦点を当て、解説している。 留意点 セックス頻度を少なくしたいと考えている場合、必ずしも周囲の規範から外れているとは限らない。ただし、頻度の好みの違いが、パートナーとの関係に問題を引き起こす可能性はある。性欲が以前より弱まっていたとしても、2人の関係は以前より強くなることもある。性欲減退を定義する頻度はない。人によって異なる。 女性の性欲減退の症状

なぜ、女性はオーガズムを偽造するのか

人間のセクシュアリティは素晴らしい。私たちがセックス時に様々な行動をする理由についての理解は、心理学研究者の興味をそそり続けている。 とくに、オーガズムを偽装するなどは興味深い。 現代人のほとんどは、満足できる楽しい性生活を追求したいと思っている。しかし、性的欲求を表現することは、ほとんどの人、特に女性にとってタブーである可能性が高い。 最近ある研究で、「女性が自分の性的欲求をどのように伝えているか」や「オーガスムを偽造する理由」について調査された。 結果として、次のことが判明している。 性的欲求についてのオープンなコミュニケーションが不足しているにもかかわらず、ほとんどの人は依然として中〜高程度の性的満足を報告しているようだ。これは、インディアナ大学(Herbenick et...

セックスが楽しいのはなぜか?モデリングと身体や脳への影響などについて

生殖器はセックスにおける重要な部分であるが、セックスから生まれる快感は多くの身体の部分と関連している。快楽を伴うセックスは脳に大きく依存しており、脳は性的快楽を支えるホルモンを放出し、刺激を快楽と解釈する。 2016年のある研究では、脳が最も重要な生殖器官である可能性が示唆されている。著者は、オーガズムは脳内で催眠のような状態を引き起こす可能性があり、感覚認知の亢進状態(こうしんじょうたい)であることを発見した。 本記事では、セックスが身体と脳に及ぼす影響と、これらの影響がセックスをどのように感じさせるかを検討した。また、なぜセックスがうまくいかないのかについても考察している。 セックスがもたらす身体への影響 1960年代、性科学者のウィリアム・マスターズ氏とバージニア・ジョンソン氏は、性的興奮には4つの異なる段階があり、それぞれが身体へ独特の影響を及ぼすことを明らかにした。

大麻は男女共に性的欲求を高め、オーガズムを強くするという研究結果

最近、いくつかの研究は大麻(マリファナ)の使用が女性のオーガズム体験を改善することを示唆している。 また、現在はまだ発表されていない新しい研究によると、女性だけでなく男性もベットルームでの活動が大麻によって強化される可能性があるという。 オンライン上で公開された要約(抄録)によると、この研究は性と大麻使用に関して以下のように報告している。 「調査の参加者は大麻使用が性の機能と満足度を高めると感じている。またそれは、年齢と性別は大麻消費の影響に関与しておらず、性的欲求の増大、オーガズムの強さ、マスターベーションに快楽をもたらしている」 この調査結果は、最近イーストカロライナ大学を卒業したAmanda Moser氏が、人間開発(Human development)とファミリーサイエンス(家庭科学)の修士論文のために行った調査結果である。彼女の目標は、大麻の使用が性生活に与える影響を調査している文献(研究)を更新し、性の質を改善するためであるという。
- Advertisment -

Most Read

「マインドフルネス」は恐怖の解消に効果アリ

マインドフルネスは、自分と向き合い、起こっている刺激を切り離し、集中力を高めることが可能とされる。 このエクササイズは今、国や文化を越え、勢いを増している。 事例証拠によると、マインドフルネスは、日常生活を落ち着きあるものにし、穏やかで、やる気を感じさせるのに役立つという。 また、多くの研究の結果が効果の証拠を裏付けており、マインドフルネスを実践することで、特に精神的健康に真の恩恵がもたらされることが示されている。 Photo by William Farlow on Unsplash

魅力的な「おっぱい」とは?

胸のサイズに対する『オスの好み』は、進化と適応を反映していると考えられている。 これを最もらしく説明するためには、魅力的とされる特徴が、女性の潜在的な生殖能力や健康への、手がかりとなることを示さなければならない。 しかし、好みの大部分は文化的に判断されている可能性があり、それはメディアが売りにしている『女性美』という概念かもしれない。 胸は大きい方がいいのか 1960年以来、多くの研究が女性の乳房の魅力を、特にサイズに関して評価してきた。 Jerry Wiggins氏とその同僚による初期の研究(1968)では、男性へ、女性の胸、尻、脚に対する好みを裸のシルエットを使ってテストした。95人の男性が、身体部位において異なるサイズの対画像を評価した。

睡眠中に記憶が安定するまでの新たな発見

Center for Interdisciplinary Research in Biology(CNRS:フランス国立保健医学研究所とINSERM:フランス国立科学研究センター)の研究者たちは、文献で何十年も記述されてきたように、睡眠中に発するデルタ波は、皮質が静止している一般的な無意識状態ではないことを示している。 代わりに、長期記憶形成に重要な役割を果たすニューロンの集合体を単離するものだという。 この調査結果は、2019年10月18日にScienceへ掲載されたものである。 私たちが眠っている間、海馬は起きている間と同様の活動を起こすことによって、自発的に再活性化する。大脳皮質に情報を送り、皮質が反応する形だ。

犬1匹の価値はいくら?

犬は、人間にとって、とても価値がある。 アメリカでは、犬の飼い主は高いコストをかけている。彼らは昨年、ペットに700億ドル以上使ったという調査結果が出ている(獣医ケアに200億ドル、物資に160億ドル、食料に320億ドル)。 ほとんどの犬好きにとって、犬は家族の一員と見なされている。もし、自分の犬1匹にいくらの価値があるかと聞かれたら、答えは『プライスレス』になるだろう。 しかし、「不当に殺されたことで裁判所が刑罰や賠償金を決定しようとしている場合」や、「離婚手続きの際犬を失った配偶者に何らかの補償をして親権を決定しようとしている場合」、「政府が犬の安全を保証するために支出する金額を決定する場合」など、犬の金銭的価値を決定しなければならない場合もある。 オクラホマ大学のDeven Carlson氏が率いる研究者チームは、正式な手続きで犬の経済的価値を決定することに着手した。