世界的ストリートブランドの<Supreme(シュプリーム)>が2019秋冬コレクションのカタログを公開し、Voodoo Dolls卓球セットなどのアクセサリーの中に、ブランドロゴが描かれたBLU Products製の「携帯電話(フィーチャーフォン)」を入れてきた。

最新コレクションは、8月22日にSupremeのニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリの各店舗にて発売。なお、日本は24日に店舗へ到着し、31日にオンラインストアで公開される。

現状、Supremeのウェブサイトで価格に関する記載はないが、以前発売された限定版レンガが$30あったことを考えると、端末のスペックが示すほど安価になるとは思えない。

Supreme Clay Brick Red、By stockx

この端末は、本来、間違いなく低予算のデバイスである。通信プロトコルは3Gのみであり、Supremeは「内蔵カメラ」を誇りにしているが、Pixel 3やiPhoneと対抗するものではない。

見た感じのデザインからすると端末はBlu Zoey 2.4のリブランドのようで、2.4インチのディスプレイと128MBの内蔵メモリを持つことになるはず。マイクロSDカードで32GBまでストレージを拡張でき、バッテリー容量は1000mAhだ。

なお、Supremeがテクノロジーやガジェットの分野に足を踏み入れるのは、今回が初めてではない。<Mophie(モーフィー)>とSupremeブランドのバッテリーパックに関し、何度かコラボレーションしている。

このバッテリーは意外と法外に高い値段で販売されなかったが、すぐに売り切れてしまったので手に入れるのは非常に難しかった。

最新のスマートフォンに慣れた我々が、フィーチャーフォンを使うことはないだろう。1回の充電で週末中使える携帯電話が必要になることもあるが、それは途上国でのニーズに応えることである。

Supremeのロゴ付き携帯電話は、途上国でも先進国でも最良の選択肢ではない。

このデバイスは、単純にSupremeのロゴが背面に搭載された携帯電話を持ち歩くためのもの。Supremeが大好きな人であれば、大いに楽しめるはずだ。

2019秋冬コレクションのアクセサリーには、先述した人形や卓球セット以外に、ダンベルやHonda CRF 250R、Baccaratoのグラス、Timexの腕時計、ランタンなどがラインナップされている。

気になる方はこちらからチェックを。

参照:theverge

You May Also Like
続きを読む

ファッションの未来。デザインから商品化までテクノロジーは業界をどのように変化させるか

ミシンの発明から電子商取引の台頭まで、ファッション業界は常に革新の基となってきた。テクノロジー同様、ファッションは常に前向きかつ周期的である。 また、ファッション業界は巨大な産業でもある。2兆4000億ドル規模であるこの…