10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

クオンツトレーダーになるためのステップ

高額な給料、高額なボーナス、仕事の創造性が定量的投資(クオンツ投資)を魅力的なキャリアにしている。クオンツトレーダー(quantitative traders、略してquant) は、数学モデルを使用してトレーディングの機会を特定し、有価証券(金融商品)を売買する。

学界、ソフトウェア開発、エンジニアリングのスペシャリストが流入したことにより、この分野はかなりの競争力を持つようになった。この記事では、クオンツが何をするのかや、必要なスキルと教育について見ていく。

クオンツトレーダーの本質

「クオンツ(定量)」という言葉は、数値を扱うことに由来している。コンピュータによるアルゴリズム取引や高頻度取引(HFT)の進歩は、分析すべき膨大な量のデータがあることを意味する。

クオンツは入手可能な価格と見積もりデータを分析・調査し、利益の出る取引機会を特定する。そして、特定した取引機会に関連する戦略を開発し、開発したプログラムを使って高速にトレードすることで利益機会を理論上逃さない。

本質的に、クオンツトレーダーには深い数学的知識、資金管理、コンピュータースキルなどのバランスが取れてなければならない。クオンツトレーダーは、投資会社や銀行で働くこともできるし、自分のお金を投資に使うシステムトレーダーであることもできる。

技術的なスキル

野心的な数学者は、少なくとも、金融、数学、コンピュータプログラミングの経歴を持つべきである。

また、クオンツには次のスキルとバックグラウンドが必要だろう。

  • 数字】
    クオンツトレーダーは、数学と定量分析が極めて得意でなければならない。たとえば、条件付き確率、歪み、尖度、VaRなどの用語に馴染みがない場合、クオンツトレーダーへの準備ができていない。データの調査、結果の検証、特定した取引戦略の実行には、数学に関する深い知識が必要だ。トレード戦略や実行するアルゴリズム及び執行方法は、可能な限り完全なものであるべきである。現在の超高速取引の世界では、複雑な計算処理を行うトレーディング・アルゴリズムが市場シェアの大半を占めている。クオンツトレーダーの基本的な考え方にわずかな誤りがあっただけで、大きな損失をもたらす可能性がある。
  • 学習と訓練】:
    新卒がクオンツトレーダーとして職を得るのは通常難しい。典型的なキャリアパスは、データアナリストとしてスタートし、数年後にクオンツになるものだ。金融工学の修士、定量的金融モデリングの学位、MBAの定量的分析といった基礎科目のような学歴は、候補者に有利なスタートを与えるだろう。これらのコースは、理論的な概念と定量的な取引に必要なツールの実用的な範囲をカバーしている。
  • トレーディング・コンセプト】:
    クオンツは、独自のトレーディング戦略やモデルを1から発見・設計し、確立されたモデルをカスタマイズできることが期待されている。クオンツトレーダーの候補者は、人気のトレーディング戦略ならびにそれぞれの長所・短所に関する詳細な知識を持っていなければならない。
  • 【プログラミングスキル】:
    クオンツトレーダーは、データマイニング、リサーチ、分析、自動取引システムに精通している必要がある。なかでも、高頻度取引やアルゴリズム取引に関与することが多い。少なくとも1つのプログラミング言語を十分に理解していることは必須であり、知っているプログラムが多ければ多いほど良い。C++、Java、Python、およびPerlなど一般的に使用されるプログラミング言語だ。また、MATLABやスプレッドシートのようなツール、ビッグデータ、データ構造のような概念に精通していることはプラスである。
  • コンピュータの利用】:
    クオンツは価格と見積もりを含むリアルタイムデータに独自のアルゴリズムを実装する。データフィードとコンテンツを提供する、Bloomberg端末などのシステムに精通している必要がある。また、チャート作成や分析ソフトウェア・アプリケーション、スプレッドシートに慣れている必要があり、ブローカー向けのトレーディングプラットフォームを使って注文できる必要もある。

ソフトウェアスキルと性格

前述の技術的スキルに加えて、クオンツトレーダーにはソフトウェアスキルも必要だ。投資銀行やヘッジファンドに雇用されている人たちは、時々自身の開発したコンセプトをファンドマネージャーや上級者に提示し承認を得る必要がある。

クオンツは通常、クライアントとは対話せず、専門チームと協力して作業することが多いため、平均的なコミュニケーションスキルで十分である。

さらに、クオンツトレーダーには以下のソフトスキルが必要だ。

  • トレーダー気質】
    誰もがトレーダーのように考え、行動できるわけではない。成功しているトレーダーは、常に革新的なトレーディングのアイデアを求め、変化する市場条件に適応し、ストレス下でも事を成し遂げ、長時間労働を受け入れる。雇用者はこれらの特性について候補者を徹底的に評価する。精神測定検査をする人もいるようだ。
  • リスクを取る能力】:
    現在、トレーディングの世界は臆病な人のためのものではない。信用取引とコンピュータに依存したレバレッジ・トレーディングにより、損失はトレーダーの資本よりも高い金額にまで達することがある。候補者はリスク管理とリスク軽減技術を理解しなければならない。成功するクオンツは、10回トレードし最初の8トレードで損を出し、最後の2トレードだけで利益を得る。
  • 失敗を受け入れる】:
    クオンツは革新的なトレーディングのアイデアを探し続ける。たとえアイデアが失敗しないように見えたとしても、ダイナミックな市場状況は破滅に導くかもしれない。多くの野心的なクオンツトレーダーが失敗するのは、彼らがアイデアに固執し、敵対的な市況にもかかわらず機能させようとし続けるからだ。彼らは失敗を受け入れるのが難しく、そのため自分たちの概念を手放そうとしない。一方、成功するクオンツは動的な分離アプローチに従い、既存のモデルや概念に課題が見つかるとすぐに他のモデルや概念に移る。
  • 革新的な考え方】:
    トレーディングの世界は非常にダイナミックであり、どのようなコンセプトでも長期にわたって収益を上げることはできない。あるアルゴリズムに対抗するため、他のアルゴリズムが出し抜こうとすれば、より優れた独自の戦略を持つアルゴリズムだけが生き残る。短期トレーダーはすぐに消えるかもしれない利益を生む機会をつかむため、新しい革新的なトレーディングのアイデアを探し続ける必要がある。それは果てしないサイクルだ。

結論

クオンツトレーディングには、財務、数学、コンピューター、プログラミングの高度なスキルが必要だ。

給料が高く、ボーナスも急増しているため、最初の仕事に就くのは難しいかもしれない。

それ以上に、継続的な成功には、絶え間ない革新的な発想、リスクに対する強さ、長時間の労働が必要だ。

参照:investopedia

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

チャット型マーケティングサービス『Drift』をウェブサイトへ導入し、ユーザーとの交流を図ろう

ウェブサイトに訪れてくれた顧客へ、チャット型ウィジェットを導入してコミュケーションを図るケースが増えている。 チャットでコミュケーションを取ることはユーザーと事業者の双方へメリットがあり、 「事業者」⇒形式張った面倒な文面を送らなくとも良く、即時で返答できる「ユーザー」⇒わざわざ問い合わせフォームに行く必要はなく、即座に回答を得ることができる というような利益をもたらす。 ただし、マス層へ行き渡るようなサービスではスパム行為が増えるため、チャットを導入する場合は問い合わせやFAQへ案内する程度のBotを採用すると良いだろう。対応者を採用するコストや非常識なクレーム対処はさして利益をもたらさない。

大麻とドーパミン。脳への働きとうつ病治療への期待

大麻植物には100種類以上のカンナビノイドが含まれており、各成分が人間の脳と相互作用している。研究者たちは、こうした相互作用においてドーパミンが果たす重要な役割へ、特に注目しているようだ。 ドーパミンは脳の「報酬システム」に不可欠であり、幸福感のある作用を与えるなど『動機付け』を生み出す役割を果たしている。 このため、ドーパミンは依存症やうつ病などの行動パターンを理解するのに欠かせない。 https://keisukekuribara.com/brain-dopamine-serotonin-explained/

Route53のネームサーバー変更でつまずいた。Route53取得ドメインをCloudflareで管理する

Amazon AWSが提供しているドメインレジストラー&DNSサービスのRoute53で、ネームサーバーを変更するときに少しつまずいたので記録しておく。 お名前ドットコムやムームードメイン、Namecheap、Godaddy、Gandiなどのドメインサービスでは、ドメインを管理しているDNS設定でネームサーバーを変更できる。 しかし、Route53のDNS管理からネームサーバーを変更しようとしてもなかなか名前解決されず、数日間無駄にしてしまったので同じ事でつまずく人がいないように記しておくことにした。 僕がつまずいたのは、取得したドメインで作成されたホストゾーンでネームサーバーを変更していたためだった。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -