キモいくらいヌルヌル動く『革新的な表示速度を実現可能にしたWordPressテーマ』Godiosを使ってみた

めちゃくちゃ読み込み速度が速いという事を聞いて、GodiosというWordpressテーマを購入してみた。

結論から言うと、めちゃくちゃ速い。びっくりした。

画面の遷移が非同期で行われるので、まるでヌルヌルと動くiPhoneアプリを思わせる動きだ。

ただし、ページ遷移の速さを重要視しているので、メディア運営などを行いたい場合は要カスタマイズといった感じ。

Gif画像を見てもらえばすぐにわかるだろう。サイトは0to1Labといって、僕が半月ほど前にアメリカのスタートアップを調べまとめたもの。

こんな人に向いている、こんな人に向いていない、をリスト化して掲載してみる。

向いている

  • とにかくページ読み込みのスピードを重視している
  • コンテンツ重視のウェブサイト
  • シンプルなUIを求めている
  • 設定は簡単なほうが良い

向いていない

  • アドセンスメディア
  • 3カラムサイト
  • デザインにこだわりたい人

SEOの設置などは、別途プラグイン(All In One SEO PackやYoast SEOなど)を入れる必要がある。Google Analyticsコードを管理画面から挿入できるので、コンテンツ重視のウェブサイトを運営したい人は、特に不満は生まれないと思う。

こんなのがあればいいな

こんな機能もデフォルトであれば良いな、というものを上げてみる。

  • 目次
  • PWA
  • 多少の装飾機能
  • ブログカード

こんなところだろうか。

繰り返すが、JavaScriptを非同期読み込みしているため、アドセンスを豊富においたオンラインメディアは向かない。

タイトルに画像をアップロードできなかったので、0to1LabではGoogle Fontsで表示している。

非同期遷移には、「Diosモード」と「Godモード」という2つのモードがある。Godモードはpjaxを使用しており、リンクをマウスホバーまたはタッチした時、リンク先を読込むことで高速化されているよう。Diosモードは、Godモードを使用できない人向け。

非同期遷移の仕組みを実装したい自作テーマビルダーは、Godiosを購入しコードを参考にすると良いかもしれない。

4,980円なので、全然安いなと僕は感じた。

以下から購入リンクに行くことができる。

https://godios.simmon.design/downloads/

Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味