2020-01-20 (月曜日)

ソフトバンク出資「Oyo」の急成長は、チートによるものだった

- Advertisement -

低価格のホテルサービスを提供するインドのスタートアップ企業『Oyo』は、少し疑わしい戦術を使って国内事業を築き上げたと、New York Timesは報じている。

NYTによれば、Oyoの現職員および元従業員の話では、利用できないホテルの客室を掲載することで、ウェブサイト上の掲載数を大幅に増やしていたという。

OYO
https://flic.kr/p/R2pZUS

使用できない部屋の多くは、ライセンスのないホテルやゲストハウスのものである。レポートによると、問題を回避するため、Oyoは警察や役人に宿泊料を無料にすることもあるという。

創業者でCEOのRitesh Agarwal(リテッシュ・アガーウォール)氏は、2013年に19歳でOyoを設立して以来、80以上の市場で急速に成長させ、ダラスやラスベガスの不動産を改装するなど、アメリカでも事業を拡大している。

リテッシュ・アガーウォール
Ritesh Agarwal氏。https://flic.kr/p/241gKTZ

ソフトバンクはOyoの主要な投資家だ。他出資者には、Sequoia Capital IndiaとLightspeed India Partners、Greenoaks Capitalなどがいる。

現在、Oyoはインドで最も有望なスタートアップの1つであり、評価額は100億ドルだ。Agarwal氏は、Oyoの株式の30%を保有している。

ソフトバンク社長である孫正義の指導の下での積極的な成長戦略は驚きを呼んだ。これにより、レンタルオフィス事業を展開する、ソフトバンク投資先のWeWorkと比較されている。

昨年、WeWorkは株式公開(IPO)の計画を断念した後、問題解消へと動いている。

WeWork
https://flic.kr/p/26psnJH

Reutersが報じたところによると、Oyoの2019年3月期純損失は238億5000万ルピー(3億3200万ドル、約35.8億円)で、中国、アメリカ、イギリスなど、国際市場への急速な拡大が目立つという。

なお、売上高は645億7000万ルピー(9億ドル、約900億円)で、前年度の約141億3000万ルピーから拡大している。

Oyoのビジネス慣行と文化に関する、New York Timesの記事はこちらからご確認を。

参照:CNBC


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

投資リスクを定量化する方法。アルファ、ベータ、標準偏差、R2乗、シャープレシオについて

分散投資と資産配分は収益リターンを向上させるが、投資にはシステマティック・リスクとアンシステマティック・リスクがつきまとう。 しかし、効率的なフロンティアとともに、統計的な尺度や手法、例えばバリュー・アット・リスク(VaR)や資本資産価格モデル(CAPM)をリスクの測定に用いることができる。 モダンポートフォリオと効率的フロンティア 金融市場への投資は常にリスクを伴う。モダン・ポートフォリオ理論(MPT)は、与えられたポートフォリオリスクの最大期待となるリターンを評価するものだ。MPTの枠組みの中では、資産配分、分散化、リバランスに基づいて最適なポートフォリオが構築される。資産配分と分散は、ポートフォリオを様々な資産クラスに分ける戦略である。最適な分散化とは、正の相関を持たない複数の商品を保有することである。 効率的フロンティアは、投資リスクに対する投資家のエクスポージャーを最小化するために最善を尽くすものだ。1952年にハリー・マーコウィッツによって導入されたこの概念は、ポートフォリオに内在するリスクを考慮した上で、最適な分散化と資産配分のレベルを特定するものである。

資産保全のためにビットコインはウォレットで管理しよう

先日、暗号通貨の資産を差し押さえられたという、以下の記事を見かけた。 岐阜県警は9日、駐車違反金を滞納していた名古屋市の職業不詳の20代男性から、仮想通貨約40万円相当を差し押さえ、違反金と滞納金計約2万4千円を徴収したと発表した。徴収は8日。県警によると、駐車違反に関連して仮想通貨を差し押さえたのは兵庫、埼玉両県警で例がある。岐阜県警によると、男性は2014年8月、岐阜市内の路上で駐車違反し、違反金1万5千円を滞納。県警は催告書を14回送付したり、自宅を訪問したりするなど5年近くにわたって督促したが、応じなかったため、男性が仮想通貨交換業者に預けていた仮想通貨を差し押さえた。仮想通貨以外の財産は確認できなかったという。ロイター:仮想通貨を差し押さえ、岐阜県警 要約すると、駐車違反を行っていた人物が違反金を払わなかったために暗号通貨を差し押さえられたという事。 差し押さえた暗号通貨は、取引所で管理されていたため口座を凍結されたということだ。 この方が違反金を支払わなかったのが悪いわけだが、暗号通貨をウォレットで管理していれば差し押さえることはほぼ不可能であったはず。

牛乳は2倍のダイエット効果がある飲み物だった。カルシウムとビタミンDが鍵

牛乳をよく飲む人は、2倍の体重減少効果を見込めることが研究で明らかになった。 コップ2/3の牛乳でも、体重を4.5キログラム減らすことが期待できる。 この研究では、牛乳を飲む人の体重は、牛乳を飲まない人の2倍近く減少した。これは、カルシウムやビタミンDを含む、他の乳製品も同様に効果があるとのこと。 研究では、カルシウムとビタミンDの両方の濃度が高いほど、体重が減少することが示されている。 ビタミンDも必要な理由は、ビタミンDがカルシウムの吸収を助けるからだ。

Facebookのターゲティング広告で大衆心理を動かし、政治活動を優位にできる

Netflix(ネットフリックス)のオリジナルコンテンツである『グレート・ハック SNS史上最悪のスキャンダル』を見てみたところ、筆者が思っていたよりも遥かにSNSを利用した政治活動はひどかった。 そこで、作品内で語られていたこと、描写されていたことを、Facebookの背景を説明した上で記していきたいと思う。 「トランプ氏が勝利した2016年大統領選挙」や「ブレグジット(イギリスのEU離脱)」は全て仕組まれていた事だったりと、ビックリするはず。 すべては、行動心理学に裏打ちされた戦略だったのだ。

【大麻の主成分】CBDとTHCの違いを徹底解説

大麻(マリファナ)や麻製品の合法的な使用機会が増えるにつれ、消費者は選択肢へ興味を持つようになっている。これには、カンナビジオール(CBD)とテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれる。 CBDは麻(Hemp)またはマリファナ(Cannabis、Marijuana)から抽出できる。『麻』は、THC含有量が0.3%未満の麻植物(産業用大麻と呼ばれる)で、大麻はTHC含有量が高い麻植物(マリファナやカンナビス)だ。 CBDはジェルやガム、オイル、サプリメント、エキスなどの形で販売されている。 THCはマリファナの主要な精神活性化合物であり、ハイな効果を生む。マリファナジョイントやボングで吸うのが一般的な摂取方法だ。また、オイル、食用オイル、チンキ剤、カプセル剤などもある。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -