10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

信仰心が深い宗教的な人は無神論者より理論的思考が苦手

さまざまな研究によると、知的かつ宗教的信念の強い例もあるが、平均して『信仰心の深さ』と『IQスコアの低さ』は関連していることがわかっている。

インペリアル・カレッジ・ロンドンのRichard Dows氏とAdam Hampshire氏は、Frontiers in Psychologyで発表した論文のなかで、『宗教性は知性と反比例することが十分に確立されている理由』を探った。

現在、宗教的な信仰を持つ人の割合は増えているようだ。

Via:Pew Research Center

この傾向が続けば、2050年までに、信仰を持たない人は世界人口のわずか13%を占めるにすぎないこととなる。IQの低さと宗教なつながりに基づけば、人類は集団的に賢くない方向に向かっていると言えるかもしれない。

理由の1つに、宗教的な人は直感へ頼る傾向にあるということがある。

このため、宗教的な人は直感と論理が衝突するような作業に限って弱い可能性があり、これがIQテスト全体の結果を下げている理由かもしれない。

これを調査するため、Dows氏とHampshire氏は63,000人以上を対象にオンライン調査を実施し、計画立案、推論、注意力、ワーキングメモリなどを測定する12の認知タスクを、30分間で完了させた。

また、参加者は〈宗教的か〉、〈不可知論的か〉、〈無神論的か〉を示した。

予想されたように、年齢や教育レベルなどの人口統計学的要因を調整した後でも、無神論者は宗教的参加者よりも全体的に優れていた。

不可知論者は無神論者と信奉者の間に位置する傾向があった。

実際、宗教的信念の強さは認知能力の低下と相関していた。なお、宗教的な人物は、推論を必要とする課題では全体的に劣っていたものの、ワーキングメモリにはわずかな差しかなかった。

また、「直感的な反応」と「論理的な反応」との間に、衝突を作り出すよう設計された推論作業では、宗教的な人が直観に依存するという仮説へ一致するように、テストにおいて最大の違いが現れた。

対照的に、明らかに直感的な答えがない複雑な推論作業では、グループ間の差は少なかった。

研究が示唆しているように、”宗教的な信念は人の意思決定において直感へ強く依存する傾向”があったり、”信念が強ければ強いほど影響が顕著になる”とすれば、現実世界ではどの程度の違いをもたらすのだろう。

今のところ、宗教が知性及ぼす影響に関する確実なデータはない。

しかし理論的には、認知訓練によって日々の意思決定が論理と矛盾する場合、人は直観へ過度に依存することなく、信仰を維持できるようになるはずだ。

ちょっと面白いテーマだったので、紹介させてもらった。

宗教関連ではオススメだと思う本👇

参照:Research Digest

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

最強CDN「Cloudflare」でウェブサイトを保護&高速化しよう。無料で使えるよ

本記事では、CDNについての概要とCloudflareでドメインを管理する方法について紹介したい。 Cloudflareはアメリカの企業が提供しているDNS&CDNプロバイダーだが、無料プランでも非常に優秀なので是非導入して欲しい。 最近IPOをするという噂も聞くので、企業としても注目している(2019年9月かな?)。 https://www.businessinsider.com/cloudflare-plans-to-ipo-in-september-2019-7 CDNとは

投資リスクを定量化する方法。アルファ、ベータ、標準偏差、R2乗、シャープレシオについて

分散投資と資産配分は収益リターンを向上させるが、投資にはシステマティック・リスクとアンシステマティック・リスクがつきまとう。 しかし、効率的なフロンティアとともに、統計的な尺度や手法、例えばバリュー・アット・リスク(VaR)や資本資産価格モデル(CAPM)をリスクの測定に用いることができる。 モダンポートフォリオと効率的フロンティア 金融市場への投資は常にリスクを伴う。モダン・ポートフォリオ理論(MPT)は、与えられたポートフォリオリスクの最大期待となるリターンを評価するものだ。MPTの枠組みの中では、資産配分、分散化、リバランスに基づいて最適なポートフォリオが構築される。資産配分と分散は、ポートフォリオを様々な資産クラスに分ける戦略である。最適な分散化とは、正の相関を持たない複数の商品を保有することである。 効率的フロンティアは、投資リスクに対する投資家のエクスポージャーを最小化するために最善を尽くすものだ。1952年にハリー・マーコウィッツによって導入されたこの概念は、ポートフォリオに内在するリスクを考慮した上で、最適な分散化と資産配分のレベルを特定するものである。

【誰でも分かる】アクセス解析に必須のGoogleアナリティクス導入方法を解説!

ウェブサイトを運営している人は、どこから、どのように、どんな人が、どのくらいアクセスしているか把握する必要がある。 そこで便利なのが、Googleが無料で提供している『Google Analytics』だ。ウェブサイトに指定のコードを追加するだけで、様々なイベントを追跡してくれる。 では、具体的な導入方法を見ていこう。 Googleへログイン

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -