『30分で判る経済の仕組み』という動画は超良い無料教材だ

経済の仕組みというのは一見難解だ。

初めて見る単語ばかりで、何の本を読んでも分からない方も数多くいると思う。

だが、Youtubeに上がっている、ヘッジファンド創設者であるレイ・ダリオ氏の「30分で判る経済の仕組み」という動画は、イラストの動きに合わせ内容が端的に述べられているので非常に分かりやすい。

この動画を見たあとに、日経新聞やロイターなんかの記事を読むと、これまでとは違った味方ができると思う。

おすすめの勉強方法は、Youtubeで動画を3回以上見ること。

視覚で把握し、聴覚で慣れ、文字で理解すると良い(字幕)。

この動画がすんなり頭に入れば、経済に関しては結構理解できている人物になれる。

Ray Dalio(レイ・ダリオ)とは

レイ・ダリオ(Ray Dalio 1949年8月8日〜)はアメリカ合衆国のヘッジファンドマネージャーである。

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業に携わった。

ブリッジ・ウォーター・アソシエイツについて

彼が創業したブリッジ・ウォーター・アソシエイツの運用スタイルは「最小リスクで最大の利回りを目指す」というもので、2008年のリーマンショックの際もプラスの運用成績で乗り切っている。

その運用の安全性から、CalPERSなどの大手基金からも資金を集めている。

ブリッジ・ウォーターの運用スタイルは市場全体の動きとは乖離したプラスのリターンをあげるアルファ戦略をとっており、市場平均に対してより多くのリターンを稼ぎ出さなければヘッジファンドを活用するメリットはないと断言している。

現在ブリッジ・ウォーターの運用総額は16兆円と世界最大のヘッジファンドとなっており、レイ・ダリオはヘッジファンド界の帝王とも呼ばれている。

近年は好景気だった2015年から2017年に合計13%となっており、市場平均をアンダーパフォームしている。

どのような市況環境であっても安定的な成績をだすオール・ウェザー型のポートフォリオを組成しており、リーマンショック等の不況時に底固さをみせる一方、好況期には市場平均を下回る可能性があるとみられる。

参照:Wikipedia

Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味