プライバシーを守れ!オススメの暗号化メッセージングサービスを6つ紹介

Photo by Glen Carrie on Unsplash

LineやInstagramで知人とメッセージを行っている方は多いと思う。

だがしかし、あなたのチャット履歴はプライベートメッセージで送信したところで、まったくと言っていいほど秘匿化されていない。テキストメッセージはすべて企業のデータマイニングに利用されるのだ。

変な話、サービスを提供している事業者に内容は見られていると思ったほうが良い。

とはいう筆者も、Facebook Messengerなどを使っているが、

  • 重要な情報
  • 秘匿化したい情報
  • 万が一外に漏れるとマズイ内容(パスワードなど)

を共有する際は、絶対にLineやFacebookなどのサービスは利用しない。

この記事は、『あなたのプライバシーを守るため』に『情報が暗号化されたメッセージングサービス』を紹介するものである。

日常的なメッセージは多くの人が使っているサービスを利用し、外部に出したくない情報は暗号化メッセージングサービスを利用することで、自分の情報をコントロールしよう。

では、筆者自身が使っているメッセージングサービスをいくつか紹介したい。

1.Telegram

Telegram

最も一般的に用いられている暗号化メッセージングサービス。ロシア最大のソーシャルネットワークであるフコンタクテ(VK)の創設者であるニコライ・ドゥーロフとパーヴェル兄弟が2013年に立ち上げたものだ。

シークレットチャットを用いることで、運営側にも情報は一切共有されないメッセージをやりとりすることができる。

ロシア政府にメッセージ履歴を提出されるよう求められたが、拒否して創業者は祖国を追放されている。

筆者自身は、Webでも使えることやOSの使用環境を選ばないことから、友人とのメッセージは本来Lineでは無くTelegramで行いたい。

Telegram Messenger

Telegram Messenger

Telegram LLC無料posted withアプリーチ

2.Signal

Signal

Open Whisper Systemsが開発しているオープンソースのメッセンジャーソフトウェアである。すべての通信内容がエンドツーエンドで暗号化されるため非常に高いセキュリティレベルが確保される。

元NSA(アメリカ国家安全保障局)の職員で、データマイニングの事実を公開したエドワード・スノーデンが推奨している暗号化メッセージサービス。非常に秘匿性が高いのが特徴だ。

主な機能は、テキストチャット、ファイル添付、音声通話、ビデオ通話と十分。

Signal - プライベートメッセンジャー

Signal – プライベートメッセンジャー

Quiet Riddle Ventures LLC無料posted withアプリーチ

3.Wire

Wire

Wire Swiss GmbHによって作成されたエンドツーエンド暗号化メッセンジャーソフトウェア。 iOS、Android、Linux、Windows、macOS、FirefoxなどのWebブラウザで動作する。Wireはテキストメッセージ、画像、動画、ファイルなどを送受信できる。また音声電話、ビデオ通話、画面共有が可能で、ビデオ会議に使用できる。

Wireの従業員の多くは、以前Skypeで働いていた。

スイスという個人情報保護に優れた国で開発・運営されているので、日本から開示請求が行ったときしてもスイス当局が賛成しなければ漏れる心配はない。しかも、エンドツーエンドで暗号化されているのでメッセージは解読できない。

IDでユーザーを検索できるなど、使い勝手はかなり良い。

Wire • Secure Messenger

Wire • Secure Messenger

Wire Swiss GmbH無料posted withアプリーチ

4.Keybase

Keybase

Keybaseは、オープンソースの公開鍵暗号で動くセキュアなソフトウェアだ。単なるチャットサービスではないので説明が難しいが、すべてのデバイスがエンドツーエンドで暗号化されている、Slackのようなものを想像してみると良いかもしれない。ほか、ファイルが漏洩したりハッキングされることはないDropboxでも良い。Gitによるリポジトリ管理もできる。

また、KeybaseはTwitterやGitHubなどと連携できる公開鍵基盤の管理ソフトウェアでもある。ソーシャルメディアのアカウントと連携させることで、あるTwitterアカウントを持つ人間と公開鍵暗号によるメッセージ交換を行うことができる。したがって、KeybaseのアカウントとTwitter、GitHub、Facebookが連携されたアカウントは、紛れもない本物であり、スパムアカウントではないと証明することが可能になる。

ソーシャルアカウントの他、PGP Key、BitcoinやZCashのアドレスと紐付けることもできる。

さらに、Stellar(XLM)のウォレットも搭載されており、個人から個人へ簡単にXLMを送金できる。

メッセージング、ファイル管理、SNSアカウントとの連携、リポジトリ管理などと、めちゃくちゃ機能盛り盛りな『ソフトウェア』だ。

Keybase - Crypto for Everyone

Keybase – Crypto for Everyone

Keybase無料posted withアプリーチ

5.Protonmail

Protonmail

ProtonMailは、2013年に設立されたオープンソースの電子メールサービスである。アメリカ合衆国や欧州連合(EU)の権力が及ばないスイス連邦で運用されている。2019年9月の時点で、1500万人以上の利用者がいる。利用者同士のメールは送受信共に自動でエンドツーエンドの暗号化が施され、それにより安全性を確保している。

プライバシーを保護したいメールは、Protonmailが必須レベルだと思う。非常に使いやすく、スパムフィルターも優秀。ProtonMailのサーバーは利用者の秘密鍵と公開鍵を保存しているが、その秘密鍵は暗号化されている。復号はクライアント側で行われるので、サーバー側が秘密鍵を知る手段はない。

これは、医療に関する患者情報のやり取りなど、絶対に漏洩してはいけないような資料をやり取りする際に、高い安全性をもって行うことができるからだ。

500MBのストレージが無料で利用できるほか、課金するとエイリアスやSMTPなど高度な機能も使える。ProtonVPNという非常にセキュアなVPNサービスも同一アカウントで利用できるため、登録しない理由はない。

『@pm.me』という形式でもメールを受信でき、メールアドレスを共有するのが楽。

ProtonMail - Encrypted Email

ProtonMail – Encrypted Email

ProtonMail無料posted withアプリーチ

6.Tutanota

Tutanota

Tutanotaは、Tutanotaのメールアドレス同士の電子メールを自動的にエンドツーエンドで暗号化する。これにより、PGPなどの知識が無い人物でも簡単に電子メールを暗号化し、安全性を保つことが出来る。日本EMDR学会では臨床事例の送付方にTutanotaを使用する事を推奨している。

無料プランと有料プランが存在し、無料プランの場合は1GBの保存容量、1時間あたり100通までのメール送信が可能。

TutanotaとTutanotaで行うメールには、暗号化されているマークが付く。したがって、Tutanotaアカウントを持っている人とはTutanotaでメールをやり取りすると良いだろう。

Tutanota

Tutanota

Tutao GmbH無料posted withアプリーチ

これで、あなたのメッセージは企業に取られず、情報が漏洩する心配もほぼないだろう。

参照:Wikipedia

Total
2
Shares
You May Also Like