予測市場は基本的に先物市場で、バイナリイベント、つまりイベントが発生する/しないの概念に基づいている。金融の世界では、参加者は将来の出来事の結果によって利益が変わる契約を取引する。予測市場は、そのような出来事の結果を交換可能にするものだ。

主には、選挙の結果や株式の価格変動、さらには気候の変化など特定の状況特定のイベントが発生する可能性に賭ける。

ほとんどの場合、賭けの価値は特定の結果が実現する確率に正比例する。

予測市場
「Andrew Yangは2019年7月31日のトップ5に投票するのか?」というAugurでの例

「ベット」という言葉を使うがギャンブルとは違うのか

時間が経つにつれ、将来の出来事の結果を予測することはより簡単になる。

利益が発生するかどうかは、特定のイベントの結果に対する予測の正確さによって変化する。したがって、参加者は最も正確な予測を可能にするように努力するのだ。

適切な市場分析を行った後、参加者の大部分が同じ結論に達した場合、予測は一方よりも他方よりも多くなる傾向にある。

例えば、あなたがコイントスに賭けをした場合、表が出る確率は裏が出るのと常に同じ確率である。この結果に影響を与える外部条件はない。運がイベントの結果に重要な役割を果たすため、純粋なギャンブルだ。

予測市場は、代わりに将来の出来事が実現する可能性に関して多数の個人の集団の知恵に頼ることになる(集合知とも呼ばれる)。

予測市場はどのように機能するか

予測市場は、将来の出来事の結果に基づく契約にリンクされている。

概念をよりよく説明するために、例として大統領選挙を取りあげよう。

当該の先物契約(予測市場)は、予想される結果が生じた場合に1ドルを、そうでない場合に0ドルを提供するように構成されているとする。

「X」が大統領になるという契約に70セントの価値があるとしたら、市場ではその候補者が選挙で勝利する可能性が70%あるということだ。

反対に、「Y」の契約の価値が30セントであるとすると、市場での勝利の可能性は30%になる。

購入した先物契約と報告されているイベントの結果が一致する場合、投資家は1ドルを得る。もし結果とベットした契約が異なる場合、何も受け取らない。

時間が経つに連れて多くの人々が先物契約を購入するようになり、価格は市場の状況や参加者が入手できる情報に応じて変動していく。

予測市場はなぜ効率的なのか

予測市場は、1人ひとり個人の信念ではなく多くの意見に依存している。

大勢の人々は、1個人よりもはるかに多くの情報を全体的として持っていると仮定する。

予測市場の参加者は資金を活用するため、市場と問題のトピックの両方を詳細に調査および分析し、イベントの結果をより正確に予測できるようにすることに精進するのだ。

多くの人が能動的により多くの情報を集めようと努力し、金銭を得るためにより正確な結果を予想しようとする行為は、1個人の予想と比較してはるかに正確性が高くなるのは当然だ。

ブロックチェーンテクノロジーは予測市場にどのような影響を与えるか

ブロックチェーンシステムの主な利点は分散化だ。

分散化がもたらす利点は、取引を管理する責任を担う中央の当局や仲介人の排除にある。

したがって、第三者機関が関与していないためユーザーが必要以上に高い手数料を支払う必要はない。ブロックチェーンは、取引を管理するためプロのブローカーに頼ることなく、投資家が迅速かつ容易に先物契約へ参加することを可能にする。

さらに、集中型のプラットフォームでは、他の参加者よりも有利になるよう、いくつか重要な市場情報が中央の当局によって隠されることがある。

しかし、分散型システムには中央の当局は存在しない。すべての市場情報は公に利用可能となる。

現在ある、ブロックチェーンテクノロジーを用いた分散型予測市場をいくつか上げる。

予測市場の概念は他の用途もあり得るか

予測市場のシステムは紛争を解決するため非常に役に立つ。

予測市場の目的は特定の出来事の結果を金銭を用いて取引することだが、オラクルとして利用することもできる。このシステムの適用可能な数は非常に多い。

例として、分散型のフリーランスマーケットを取り上げよう。

ブロックチェーン上に構築されたフリーランスマーケットには、分散型システムの利点をすべて備えている。手数料の削減、検閲の排除、タスクの価格や複雑さの制限がないことである。

分散型であるということはまた、紛争を処理する中心的な権限の存在がないことを意味する。そのような市場では、群衆の知恵のおかげで予測市場でのコンセンサスがどのように達成されるかと同様に、紛争の解決は通常投票システムに委ねられている。

しかし、分散型のフリーランスマーケットは大きな問題を抱えている。それはスケーラビリティだ。

スケーラビリティの問題は何か

投票数が多すぎると、ネットワークトラフィックが渋滞(遅延)する可能性がある。

投票メカニズムを通じて合意に達するネットワークでは誰もが全てを対象に投票できるが、逆に言えば階層がない。それは、伝統的な立法制度で最高裁判所が国内のあらゆる事件を解決することになっていたシステムがすっぽり抜け落ちたようなものだ。

したがって、予測市場のシステムはユーザーと雇用主との間で多くの紛争が生じる可能性があるため、分散型のフリーランスマーケットには適していない。ユーザーが支払いを受け取ることができ、タスクの提供者が製品を完成させることができるように、契約の紛争はできるだけ早く解決する必要がある。

どうスケーラビリティの問題を解決するか

答えは有権者の選び方にある。

CryptoTaskなどのブロックチェーンベースのフリーランスネットワークでは、紛争解決のため特別にランダムに選別された投票グループが導入されている。この選択は、チェーン外のユーザーに伝達される。投票の終わりに、審査官はチェーン内で実際に紛争を解決するためシステムによって選別されたことを証明しなければならない。

イベントの結果後も価格が継続的に変動する予測市場とは異なり、分散型フリーランスマーケットではタスクの価値が事前に定義されている。

したがって、改訂プロセスは紛争の場合にのみ実行されるため、「タスクマーケット」はスケーラビリティの問題を提起しない。ほとんどの場合、ユーザーと雇用主は調停を必要としないからだ。

レビューはどのように機能するか。その利点は何か

レビューはデポジット(預金)の配置から始まる。

CryptoTaskなどの評価システムでは、審査官は検討中のタスクの価値に等しい量で自分のトークンの一部をリポジトリに配置する。したがって、シビルアタックを防ぐため預金の量に正比例する確率でトークンを選択するだけで十分だ。

攻撃者が不正にたくさんのIDを作り、ネットワークを攻撃すること。解離性同一性障害と診断された人の名前にちなんで命名された。ブロックチェーンの場合、攻撃者が特定のノードサーバーに対して大量のデータを送って、最新のブロックを承認できないようにするなどの攻撃を仕掛けることを指す。

Floc – シビルアタック(シビル攻撃)

ユーザーが紛争を解決するために選別された場合、そのタスクを完了するかどうかについて投票する必要がある。審査官が同意に反対票を入れるか全く投票しない場合、保証金はそのまま残る。

このシステムの利点は次のとおりだ。

  • 審査官がいかなる方法でも同意に影響を及ぼすことができないよう、選択は秘密に行われる。
  • 投票が完了した後にのみ結果を発表することを含む2段階の投票プロセスのおかげで、審査官は選択をする前にコンセンサスを見ることができない。
  • 審査官は通常、大量のトークンを預けている専門家であるため紛争を解決するのに最適である。

参照:「Prediction Market, simply explained. What are Prediction Markets and who uses them?

You May Also Like
アルゴリズム取引の概念と例
続きを読む

アルゴリズム取引の概念と例

アルゴリズム取引(自動取引、ブラックボックス取引、アルゴトレーディングとも呼ばれる)は、取引を行うために定義された一連の命令(アルゴリズム)に従うコンピュータプログラムを使用する。理論的に、この取引は人間のトレーダーには…
ペアトレードとは。概念、相関、アービトラージ、分析、モデリング、リスク、利点など
続きを読む

ペアトレードとは。概念、相関、アービトラージ、分析、モデリング、リスク、利点について

ペアトレーディングは、マーケットニュートラルなトレーディング戦略であり、二つの株式や上場投資信託(ETF)、通貨、商品、オプションのような、相関性の高い一対の商品でロング・ポジションとショート・ポジションをマッチさせるも…