メールアドレスやパスワードをきちんと管理することは非常に重要だ。

同じメールアドレスとパスワードで、複数のウェブサービスやアプリに登録していないだろうか。すでにしてしまっている方は、今すぐにでもパスワードを変更しよう。

それは、「私の情報を取っていってください」と公言しているようなものだ。

ただ、多くの人がなぜパスワードを管理できないのかを考えたところ、以下のような理由があるのではないかと思われる。

パスワードを管理できるものが無いから。

これに尽きる。つまり、多くの人はパスワードの管理をするサービスについて知らないがために、記憶できるようなパスワードを複数のサービスで使用するに至っている。

なので、本記事では『誰でも安全かつ簡単に認証情報を管理してくれるサービス』を紹介したい。

Lastpass

非常にわかりやすいUIのパスワードマネージャー。僕は現在Lastpassを使用している。運営会社はLogMeIn社で、アメリカのボストンに拠点をおいている。

基本的にサービスは無料で使用することができ、複数ユーザーで管理したい場合は3ドルからプレミアムプランを利用する形。ウェブから認証情報を管理できるので、OSや端末を問わない。MacやWindowsはクライアントソフトがあり、Chrome、Firefox、Safari、Opera、Microsoft Edgeといった主要ブラウザの拡張機能もある。認証情報は暗号化されているので、LogMeIn社も見ることはできない。

パソコンから認証情報を追加すると、すぐにスマートフォンアプリでも同期されるなど非常に軽快な動き。

フォームに自動入力してくれるので、ウェブ体験が非常に良くなること間違いない。

LastPass Password Manager

LastPass Password Manager

LogMeIn, Inc.無料posted withアプリーチ

1Password

1Passwordも非常に良いパスワードマネージャーだ。30日間は無料で使用できるが、その後は有料となる。価格は個人で使用するのであれば、月2.99ドル。カナダに本社をおいている。

Mac、iOS、Windows、Android、Linux、Chrome OSといった主要OSでシームレスに使用でき、1GBのストレージ機能も付属する。したがって、何か重要なデータをパスワードマネージャーで厳重に管理するといったことも可能。

1Passwordアカウントへログインする際のマスターパスワードはサーバーに送信されず、完全に暗号化される。

1Password - Password Manager

1Password – Password Manager

AgileBits Inc.無料posted withアプリーチ

Bitwarden

Bitwardenは、個人が使用する場合完全に無料である。トライアル期間などはなく、本当に完全なる無料なのだ。組織で管理する場合は有料といった感じ。

データは完全に暗号化され守られている。

WindowsやMac、Linux、Android、IOS、ウェブ拡張だけでなく、PythonやnpmでCliからも操作できるようになっている。

また、Bitwardenは100%オープンソースソフトウェア(OSS)であるので、誰でもソースコードを見ることができるのも大きなポイント。また面白いことに、Bitwardenのクラウドでデータを管理したくない場合、Dockerを利用してセルフホストすることもできる。

Bitwarden パスワードマネージャー

Bitwarden パスワードマネージャー

8bit Solutions LLC無料posted withアプリーチ

You May Also Like
続きを読む

二段階認証の簡単バックアップ方法

二段階認証を設定しているが、端末の紛失や故障があった場合でも大丈夫なようにバックアップを取る方法を紹介する。 簡単な 3パターンだ。 トピック 1.設定時のQRコードをスクリーンショットとして保存する2.設定時の認証コー…