友人:「オンラインサロンやろうと思うんよね〜

筆者:「なるほど。え、キャンプファイヤのサロン使おうとしてるの?

友人:「そうね〜、何か良いのある?

筆者:「ぶっちゃけ、クローズドなチャットと決済できれば良いわけでしょ?手数料取られるのもアホくさいから教えたるよ

先日、スキル開発系のオンラインサロンを開設する予定だという友人に、『こういうサービスを使って、これこれこうしたら良いんじゃない?』という助言をしたところ、結構感謝された。

そのため、『難しいことではない』し、『サービスとサービスを組み合わせるだけ』という情報なので、ブログで公開することにしてみる。

いくつかのウェブサービスを利用するので『センス』は必要だが、オンラインサロンを開設しようとするくらいなので、ある程度ITリテラシーは高い方が読むと仮定している。

分かりづらい部分はご指摘頂ければと思うし、何かアドバイス欲しいという人は筆者へ依頼頂ければと思う。

お待ちしています笑

現状

現在、日本でオンラインサロンを開設して有料のオンラインコミュニティを創る場合は、以下の事業者のサービスを使うことが一般的だ。

  • キャンプファイアコミュニティ
  • DMMオンラインサロン

これらのサービスは、オンラインサロンを開設して運営するのに必要最小限の機能を提供している。

基本的に、有料コミュニティを構築するために必要な機能は、次の通りだろう。

  • 決済(毎月のサブスクリプションモデル)
  • コミュニケーションプラットフォーム(チャットなど)

つまり、結論としては以下の機能さえ用意できればオンラインサロンは開設することができてしまう。

  • 有料課金のシステム
  • チャットサービス

ここまでの端的な結論に、異論はないと思う。

専用サービスの機能

では、『有料課金の機能』と『チャットサービス』を満たしたうえで、オンラインサロンプラットフォームは他にどのような機能を提供しているのだろう。

DMMオンラインサロンを見てみると、以下のようになっている。

  • サロン会員の管理システム
  • イベント会場の貸し出し
  • コミュニティ専用ツールの提供
  • コンテンツ販売機能
  • オーナー自身のサポート
  • ユーザーへのサポート
  • メディアへの掲載
  • 講演等への出演依頼

という感じ。

専用サービスを使うメリット

オンラインサロンサービスはプラットフォームなので、勿論利用するメリットがある。

  • 何か補償がありそうな気がする
  • ユーザーに見つけてもらいやすい
  • マーケティングを多少手伝ってくれる

プラットフォームとして多くのオンラインコミュニティが集結するため、面白そうなサロンだとユーザーに発見してもらえることへ繋がりやすい。

また、プラットフォーム側はお金を払ってくれるユーザーを増やしたいので、多少マーケティングを手伝ってくれるかもしれない。

専用サービスを使うデメリット

オンラインサロンプラットフォームを使用することによるメリットを示したが、勿論デメリットもある。

プラットフォームを使用しているため、手数料がかかる点だ。

2社の手数料体系は以下の通り。

  • 『DMMオンラインサロン』
    ⇒手数料が固定ではなく、その人の影響力によって変動する。概ね20%が上限と行ったところ。
  • 『キャンプファイアコミュニティ』
    ⇒10%程度

したがって、仮に会員費が月1500円だとすると、1回の決済で150〜300円が抜かれる事になる。会員数が100人いたとすれば、15000〜30000円の取りこぼしとなるわけ。

この数字を<多いと感じる>か<少ないと感じる>かは個人の感覚次第だが、『自前で構築できてしまうシステム』ならお金は取られない方が良い。

データで見る回収ロス

少し、データで示してみよう。

この例では、月額¥1000のプランを手数料1〜30%まで、契約者を10人から9990人まで計算している。結果では、最大で毎月 (9890100 – 6993000)= ¥2897100、つまり1%であった場合と30%であった場合の間では約290万円の回収ロスが生まれる。

さまざまな観点はあるが、とてもプラットフォームを使用する気にはならないと思う。

チャートにすると、以下のようになる。別タブで開き拡大してもらった方が良いかもしれない。

最も売上が多いのが手数料1%の場合、最も売上が低いのが30%の場合である。数%の差であっても、積み重なると大きく売上高は開いてしまうのだ。

上記グラフのように、WordpressサイトへSVG画像をアップロードする方法はこちらの記事で↓

月額がx円だとした場合ということで、以下の金額ごとの月売上も作成してある。

  • ¥500
  • ¥800
  • ¥1000
  • ¥1200
  • ¥1500
  • ¥1800
  • ¥2000
  • ¥2500
  • ¥2800
  • ¥3000
  • ¥3500
  • ¥4000
  • ¥4500
  • ¥5000
  • ¥5500
  • ¥6000
  • ¥6500
  • ¥7000
  • ¥7500
  • ¥8000
  • ¥8500
  • ¥9000
  • ¥9500
  • ¥10000

もし、欲しい人がいれば筆者のDiscordサーバーにあるRandomチャンネルにおいておくので、使って頂ければと思う。

解決策

『自前で構築できてしまうシステム』と上述したが、この仕組み構築の仕方を筆者は友人に教えたところ、感謝されたのである。

オンラインサロンの開設に必要な要素を再度洗い出すと、以下の通りになる。

  • 有料課金
  • メッセージ
  • 会員管理
  • コンテンツ販売
  • (集客チャネル)

集客チャネルを括弧でくくったのは、そもそもオンラインサロンを開設して人に課金してもらうためには、すでに潜在顧客がいなければ成り立たないからだ。

つまり、ブログや動画、ポッドキャストなどで、ある程度継続的なインプレッションを持っていることが前提条件のはず。

これまでの活動実績やコミュニティを持っていないサロンオーナーの有料コミュニティに、人は集まらない。

簡潔にまとめると、『すでに多少の集客力を持っている人は、これから解説するサービス × サービスで構築した仕組みで運営するほうが良いのではないか』と言える。

使用するサービス

では、使用するサービスをその機能と共に紹介したい。

  • 決済
  • チャット
  • 会員管理
  • コンテンツ販売

決済

決済は以下のいずれかを使用すると良い。

  • Square
  • PayPal
  • Stripe

Squareは、店舗決済で使用するPOSシステムもあるので、ポップストアなんかも全然できてしまう。

オンラインサロンで使用する機能は、サブスクリプション、または定期決済というものだ。

チャットコミュニティ

チャットコミュニティは以下のサービスを使う。

  • Discord
  • Slack
  • Facebook(プライベートグループ)

筆者のオススメはDiscord。ボイスチャンネル機能やプライベート機能があるとともに、Webhookであらゆるアプリケーションと統合できるのが魅力的。しかも、無料で使えるのがありがたい。

もともと、Discordはゲーマー向けのチャットプラットフォームなので、かなり高機能だ。

会員管理

会員管理は以下のいずれかを使用する。

AirtableはGoogleスプレッドシートに柔軟性を持たせ、よりデータベースっぽくしたサービスだ。オンラインサロンの会員管理レベルであればさほど複雑ではないため、無料枠で利用できる。

会員は、フォームに記入してもらえば自動でスプレッドシートのカラムに記入される形式にすればよいだろう。

Airtableでアメリカのスタートアップをまとめた例が以下の通り。かなりキレイにデータを管理できる。

上記データは、こちらの記事でも公開している↓

Airtableは、このURLから登録するとプレミアムプランを一定期間無料で使用できる。

コンテンツ販売

コンテンツの販売は、月額制で利用するプランではないECサービスを採用すればよい。ここでいうコンテンツ販売は、アパレルでもグッズでもハウツー動画でも何でも良いが、会員向けに販売するものなのでSEOは気にする必要がない。もはやECサイトではなく、Typeformの決済機能を使うだけでも良いレベル。

したがって、独自ドメインを付ける必要はないし、利用料を毎月課金をする必要がない。

候補としては以下のような感じ。

  • Square
  • Base
  • Stores.jp
  • Woocommerce

決済システムでSquareを使用しているのであれば、そのままSquareのウェブサイト機能を使えばよいだろう。資金管理が分散されるのは、かなり面倒だ。

具体的な構築方法

では、具体的な構築方法を解説していく。

まずは、上述した必要機能で使用するサービスに登録する必要がある。登録方法に難しい箇所は無いので、この記事では省略させていただく。

サンプルがあった方が分かりやすいので、この記事で紹介する事例は以下のサービスを組み合わせることにする。

  • 有料課金
    ⇒Square
  • メッセージ
    ⇒Discord
  • 会員管理
    ⇒Googleスプレッドシート
  • コンテンツ販売
    ⇒Square

コンテンツ販売を有料課金と合わせてSquareにした理由は、入金されるサービスは同じであったほうがお金の管理がしやすいから。

そして、売上が口座に振り込まれる周期は非常に早い。つまり、資金効率が良い。

実際にサロンシステムを作成するフローは以下の通り。

  1. Googleフォームで申し込みフォームを作成
  2. Squareに店舗を登録
  3. 申込みのあったメールアドレスへSquareの請求書を送る
  4. ZapierでSquareへの入金をスプレッドシートに記録
  5. Discordにサーバーとチャンネルを作成
  6. 入金が確認できたユーザーへDiscordの招待メールを配信
  7. 入金履歴とDiscord内のメンバーを監視(毎月)

①Googleフォームで申し込みフォームを作成

では、会員希望者へ有料課金を案内するために、申し込みフォームを作成しよう。Googleスプレッドシートを会員管理で採用した理由は、Zapierという自動化ツールと連携させやすいから。

もちろん、AirtableでもZapierは連携できるので問題ない。リクエストがあれば、Airtableでのシート作成方法も別途記事にしたいと思う。

Googleドライブを開き、左上にある『新規』をクリックした後、『その他』をクリック。

Googleフォームをクリック。

「会員申込みフォーム」などと命名し、会員へ申し込む際に必要となる事項を記入させる入力フォームをつくる。

このサンプルでは、

  • メールアドレス
  • 氏名
  • Discordのユーザー名

としている。

メールアドレスは、Googleフォーム上部にある設定タブから『メールアドレスを収集する』にチェックをつけると自動で表記される。

メールアドレスはDiscordのサーバーへ招待するコードを送るのに、メールが一番手軽で、今後の会員管理で大いに役立つので必ず記入してもらおう。

『質問』と『回答』というタブに分かれているので、『回答』タブに移動する。『︙』をクリックすると、回答を処理する項目が現れる。

『新しい回答についてのメールを受け付ける』にチェックをしておくと、フォームに入力されて回答が送られる度、自分のメールへ内容が送られてくる。メールから詳細を確認したり、招待するのに回答をリアルタイムで監視するのは大切だ。

『回答先を選択』をクリックすると、回答が記入されたときに情報が書き込まれるGoogleスプレッドシートを選択できる。

Googleフォームが自動で作成してくるので、特に指定したいシートがなければデフォルトで良いだろう。

先程、「メールアドレス」、「氏名」、「Discordのユーザー名」を記入してもらうフォームを作成したので、スプレッドシートに書き込まれる情報は以下の通りとなる。

指定した記入事項の他に、いつ回答されたかを記録する『タイムスタンプ』も自動で追加される。

②Squareに店舗を登録

アカウントを登録した後、ダッシュボードから『店舗』を作成する。具体的には、右上にある『新しい店舗を追加』から、店舗名といった詳細情報を記入していく。

店舗名は、サービスの名前とすれば良く、店舗は自宅や事務所とする。

③申込みのあったメールアドレスへSquareの請求書を送る

請求書は、左上にあるハンバーガーメニューをクリックし、『請求書』へ移動するとインボイスを発行できる。

情報に不備のなかったユーザー様へ、Googleフォームへ記入してもらったメールアドレスへ請求書を発行しよう。特に、難しい項目は無いと思う。

④ZapierでSquareへの入金をスプレッドシートに記録

Squareで実施してもらった決済情報は、いちいちSquareのダッシュボードで確認するものも面倒くさい。

そこで、Zapierという様々なサービスとサービスを連携し、処理を自動化させるサービスを使う。例のオンラインサロンの場合、決済にSquare、会員情報の管理にGoogleスプレッドシートを使用していため、Squareの取引履歴をGoogleスプレッドシートに記録すれば、有効な会員(決済を行ってくれているアクティブユーザー)を管理しやすいはずだ。

Zapierに登録したら、『Explore』から「Square」と入力してみよう。

SquareをAppsとして選択すると、『SquareのトランザクションをGoogleスプレッドシートへ記録する』という、↓のような『Zapp』が出てくると思う。

こいつを選択したら、それぞれのアカウントを連携させ、「この店舗の決済履歴」を「このシートへ記録」という風に組み込めば良い。特に、難しい点はないはず。

⑤Discordにサーバーとチャンネルを作成

では、ユーザー様と実際にコミュニケーションを行うための、チャットルームを作成していこう。Lineアカウントを有している日本人は多いが、Lineグループを使うのはマジでオススメでいないので、絶対にやめよう。

それは、

  • トピックを絞り
  • それぞれのトピックに権限をつけ
  • ブラウザでも軽快に動作し
  • 他サービスのAPIと連携させたり
  • メンバーを退出させる

といった、ある程度クローズドで機能性を求められるチャット機能がいずれも満たされてないから。

Discordアカウントを作成したら、左サイドのNavbar下にある『+』から、『サーバーを追加』をクリックする。「新規で作成する」か「既存のサーバーへ参加する」かを選択する画面が表示されるので、『新規作成』をクリックする。

↓のように、『サーバー名』と『サーバー地域』を指定する。それぞれ、『サービスやサロンの名前』と『日本』を選択すれば良い。

サロンの場合、「コミュニティを管理する者」と「コミュニティに参加する者」に分かれるはず。したがって、『サーバー設定』から『役職』に移動し、『Admin』と『Member』というように、2つ以上のアカウントロールを作成しよう。

  • Admin:管理する運営側
  • Member:サロンのメンバー

一般的に言えば、

  • 運営側がコミュニケーションを行う「Businessチャンネル」
  • メンバーと目的に沿ったコミュニケーションを行う「〇〇チャンネル」
  • 誰もが気軽に雑談をする「Randomチャンネル」
  • ブログ等の更新を流す「RSSチャンネル」

というようなトピックに分けてチャンネルを作成すると良いだろう。

各チャンネルの権限付与の仕方は↓のような感じ。

  • 『✓』がついているものは許可
  • 『×』がついているものは不許可

とするので、プライベートチャンネルは「Member」の権限を×にすれば良い。

たとえば、筆者はオンラインサロンの運営を行っていないが、以下のようにトピックを分け、それぞれ参考になるウェブサイトに更新をRSSで更新させるというようなチャンネルを作っている、自分用のサーバーがある。

このリンクをクリックすると、このブログの情報が更新されるルームへ参加できる。

様々なトピックに分けてチャンネルを作り、必要な情報を書き込むことで、メモを即座に残せたり、必要な人物と必要なチャンネルでコミュニケーションが取れる。

⑤入金が確認できたユーザーへDiscordの招待メールを配信

上記の章までで、Discordでサービス用のチャットルームが構築できた。

では、決済が完了したユーザー様をサーバーへ招待していこう。参加希望のユーザー様は、申請時にGoogleフォームへDiscordのユーザー名やメールアドレスを記入しているので、記入されていたメールアドレスへDiscordの招待リンクを配信すれば良い。

このとき、参加期限を無制限にしてしまうと、招待リンクが拡散されたときに決済を行っていないユーザーもサーバーへ参加してしまうことになる。したがって、ユーザーへは参加期限がx日以内であることを伝えよう。

招待リンクの発行は、チャンネルの右側をクリックして『招待を作成』すれば良い。

招待リンクを編集すると、期限と回数制限を指定できる。

⑥入金履歴とDiscord内のメンバーを監視(毎月)

実際にユーザー様がDiscordサーバー内に入ってくれ、コミュニケーションを通して価値を提供し続けるとしよう。ユーザー様は大半が継続してくれるだろうが、中には退会する人も当然いる。これは、実際に決済が処理されないので、Squareのトランザクション処理が記録されたGoogleスプレッドシートを参照すればすぐに分かる。

メールアドレスとDiscordアカウント名を照らし合わせ、処理が更新されてないアカウントを『Control + F』あるいは『Command + F』で見つけ出し、サーバールームから役職を削除する。

こうすれば、役職が『Admin』によって削除されたユーザー様は、メンバーのみのサーバーで交わされているコミュニケーションへ参加することはできなくなる。

したがって、オンラインサロンを管理する者がするべき処理は、

  • 処理された取引を確認
  • 決済が行われていないメンバーを発見
  • 料金を支払っていないメンバーの役職を外す

となる。

↓の記事で述べている、Wordpress + Woocommrceで作るサブスクリプションサービスを組み合わせ場合、Woocommrceの注文履歴をGoogleスプレッドシートへ記録するという流れとなる。

WooCommerce Subscriptionsが処理できる決済プロバイダーは、日本の場合PayPalとStripeなので、それぞれの利用規約に準じたコミュニティであれば実装可能。

まとめ

今回解説する方法は、一瞬面倒に見えるかもしれないが、オンラインサロンプラットフォームでもほぼ同様のことをする必要が生じるはず。

なぜなら、会員の管理はプラットフォームで完全に出来ないからだ。オンラインサロンの申し込みを開始し参加できる日程を決めておけば、ほぼ同じ周期で決済されるので会員管理は楽になるだろうし、勝手に入られて無法地帯になることを防げる。

また、Discordは許可されたメンバーのみが閲覧できるプライベートチャンネルを作成できるので、オンラインサロンを紹介するウェブサイトへは自由に入れるチャンネルの招待コードを記載していおき、メンバーへ特別な権限を振ることで管理することも可能。

クレジットカード決済を導入するので完全に手数料を0にはできないが、それでも約3.5%と10数%を比較すれば、だいぶ資金回収ロスを防げる。

サブスクリプションビジネスを成功させるには、とにかく課金してくれている人を満足させることが重要だと思う。なかなか難しいことではあるが、以下の本を読んでみると参考になるはずだ。

You May Also Like
続きを読む

あまりストレス貯まらない僕の考え方

唐突だが、僕はあまりストレスがたまらない。 頭が悪いので感覚が麻痺しているだけというのもあるが、その麻痺した感覚のおかげでどうにかなっている。 このストレスがたまらない、僕の価値観についてサクッと書いてみようと思う。 ト…