2020-01-18 (土曜日)

NiceHashの元CTOがドイツで再逮捕、サイバー詐欺容疑

- Advertisement -クリブログ

暗号通貨(仮想通貨)のハッシュパワーブローカー(ハッシュパワーを売買できる)、NiceHashの共同創業者がドイツで逮捕されたようだ。

Matjaz Skorjanc氏の逮捕は、彼が他何人かのハッカーと共に数百万ドルを盗んだことに責任があるという容疑で行われた。

NiceHash

スロベニアのニュースサイト、24UR.comは、Skorjanc氏が月曜日に拘束されたと報じている。

彼は、2008年〜2013年の間に運営されていたダークウェブ市場『Darkode』を設立・運営していたとして、アメリカで指名手配されている(最大懲役50年)。Europol(ユーロポール)はかつて、同市場を「これまでで最も英語が話されたサイバー犯罪フォーラム」と評していた。

Matjaz Skorjanc
NiceHashにいたときのMatjaz Skorjanc氏。Via:delo

Skorjanc氏は最大規模のボットネットであるMariposaの開発と展開にも関与している。2008年に発見されたこのボットネットは、主にサイバー詐欺やDoS攻撃に使用されていた。2009年12月に解体されるまで、100万台のコンピューターに感染し、事実上「ゾンビ」と言われていたのだ。

ボットネットは、ウイルスに感染させて所有者からリモートでハイジャックし、所有者の知らないうちに犯罪者の制御下に置かれたPCのネットワークのこと。Mariposaは、190ヶ国まで広がっていたとされている。

Darkode
2013年頃のDarkodeサイバー犯罪フォーラムの「売り手」ページ。Via:krebsonsecurity

今年6月、Darkodeを通じてマルウェアを作成して配布しようとしたとされる陰謀で、米連邦捜査局(FBI)がSkorjanec氏を含むハッカーを追跡している様子を報告した。

当時、アメリカ人のThomas McCormack(トーマス・マコーマック)、スペイン人のFlorencio Carro Ruiz(フロレンシオ・カロ・ルイス)、スロベニア人のMentor Leniqi(メンター、レニチ)とMatjaz Skorjanc(マジャズ・スコルヤン)が、それぞれ陰謀と銀行詐欺を犯す陰謀で起訴されている。

司法省(DoJ)のプレスリリースによると、彼らはユスリ、IDの窃盗、アクセス機器詐欺などの共謀罪に問われているという。

Skorjanc氏は、Mariposaを作った罪で、すでに5年近く服役している。彼は2017年後半に一旦釈放されたが、再び刑務所で生きることとなった。

NiceHashが起訴されたわけではないので、お間違いなく。

ダークウェブに関しては、以下の本がわかりやすくまとめられている↓

参照:thenextweb


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

満腹でも食べてしまう理由。依存を高める設計の食品が多いから

生きていく上で欠かせない、食べ物に関する記事だ。 たとえば、新鮮なリンゴは、ほとんどの人にとって口当たりが良く、重要な栄養素とカロリーを提供する。 しかし、ピザ、ポテトチップス、チョコチップクッキーなどジャンクフードに分類される食べ物は、人間の欲に反することがある。パーティーやイベントで人気だし、仮にお腹いっぱいでも、なぜか食べてしまう。 これらの食品は、主成分の相乗作用によって、人工的に強化された嗜好体験を作り出すことができる。研究者たちは、これを『味覚過敏』と呼んでいる。 初期の研究では、嗜好性に関する2つ以上の重要な成分、特に糖、塩、脂肪、炭水化物を含む食品は、コカインやオピオイドのような薬物と同様に、脳報酬神経回路を活性化することが示唆されている。

初心者向けヘッジガイド。市場についての理解を深め、良い投資家になるために

ヘッジはすべての投資家が知っておくべき実践事項である。ポートフォリオの保護がポートフォリオの評価と同じくらい重要であることに議論の余地はない。しかし、ヘッジに関しては説明されている以上に語られ、最も難解な金融領域にしか属していないように見える。ここでは、初心者でもヘッジとは何か、どのように機能するのか、投資家や企業が自らを守るためにどのようなテクニックを使っているのかを学ぶことができる。 ヘッジとは何か ヘッジを理解する最良の方法は、それを保険と考えることである。人々がヘッジすることを決めたとき、負の事象に対して自分自身に保険をかけている。これによって、ネガティブなイベントの発生を防ぐことはできないが、発生したとき適切にヘッジされていれば、イベントの影響は軽減される。つまり、ヘッジはほぼあらゆる場所で行われ、私たちは毎日目にしている。例えば、住宅所有者保険に加入していれば火災や空き巣などの不測の災害に備えることができるだろう。 ポートフォリオ・マネジャーや個人投資家、企業は様々なリスクに対するエクスポージャーを減らすため、あらゆるヘッジ手法を用いている。しかし、金融市場では単純に保険会社に手数料を支払うよりもヘッジが複雑になる。投資リスクに対するヘッジとは、市場における商品を戦略的に使用し、価格の不利な動きのリスクを相殺することを意味する。言い換えれば、投資家は一つの投資を別の投資でヘッジする。 技術的にヘッジするためには、負の相関関係を持つ2つの証券に投資する。もちろん、世の中に無料のものはないので、この種の保険は何らかの形で支払わなければならない。

【60%オフ】『投資と金融がわかりたい人のためのファイナンス理論入門』が778円

冨島佑允氏の著書である『投資と金融がわかりたい人のためのファイナンス理論入門』が、Amazonで「夏休み、社会科学関連書籍キャンペーン」と称したセールの対象になっている。 『投資と金融がわかりたい人のためのファイナンス理論入門』は、もともと外資系生命保険会社の運用部門に勤務した後、メガバンクでクオンツ(金融工学を駆使する専門職)として信用デリバティブや日本国債・日本株の運用を担当し、ニューヨークでヘッジファンドのマネージャーを経験。2016年に転職し、現職では10兆円を超える資産の運用に携わる著者が書いたガチ金融本だ。 これから投資を始める人も、教養として知っておきたい人にも、『ウィール街のランダムウォーカー』や『敗者のゲーム』などと並んで是非読んでほしい本である。なかなか馴染みづらいファイナンス理論の「独特な考え方」が分かるようになる。 投資と金融の土台を支えている数学的思考を、金融工学を駆使するプロが基礎から丁寧に解説している。

これだけは見ておこう。『30分で判る経済の仕組み』という動画は超良い無料教材だ

経済の仕組みというのは一見難解だ。 初めて見る単語ばかりで、何の本を読んでも分からない方も数多くいると思う。 だが、Youtubeに上がっている、ヘッジファンド創設者であるレイ・ダリオ氏の「30分で判る経済の仕組み」という動画は、イラストの動きに合わせ内容が端的に述べられているので非常に分かりやすい。 この動画を見たあとに、日経新聞やロイターなんかの記事を読むと、これまでとは違った味方ができると思う。

InstagramでSEO(検索エンジン最適化)を行う

Instagram(インスタグラム)は人気の高い写真投稿型SNSだが、そのトラフィックは外部流入が非常に弱い。逆に言えば、サービス内でのハッシュタグや位置情報のネットワーク効果が非常に強く、Instagram内で完結しているともいえなくない。 これはなぜかと考えてみたのだが、1つ仮説がある。Instagramで投稿された画像は<img>ではなく、<div class="_hogehoge">で表現されているからではないかと思う。 *<img>は画像(Image)を表現するHTML記述。 では、実際に見てみよう。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -