”ディープフェイク動画の96%がポルノである”という最新の調査結果

- Advertisement -クリブログ

ディープフェイクは最近の技術トレンドで最も恐ろしい現象の1つだ。

ディープラーニングにより合成されたポルノムービー(フェイクポルノ)は、女性を貶めたり金銭的損失に至らせるなど、多くの迷惑をかけている。

オランダに拠点を置くサイバーセキュリティ企業Deeptraceが公開した新しいレポートは、オンラインで出回っているディープフェイク動画の96%がポルノであり、1億3400万回以上閲覧されたと述べている。

重要な点は、すべてのポルノムービーに女性が登場するということである。

ボストン大学法学部教授で、Hate Crimes in Cyberspace(『サイバー空間における憎悪犯罪』)の著者でもあるDanielle Citron(ダニエル・シトロン)氏は、ディープフェークが女性への武器として使われていると同社に語っている。

ディープフェイクの技術は、女性の顔をポルノに合成することで実質的に攻撃している。それは、恐ろしく、恥ずかしいもので、屈辱的であり、沈黙することとなる。ディープフェイクのポルノビデオでは、自分の体は他人のものなので、ブラウジングが恐怖になり、仕事を得たり維持することは難しく、安全だと感じることができなくなる。

Danielle Citron
Danielle Citron氏はTedでDeepFakeについて話している。

レポートの概要など

レポートによると、2018年12月以来、同社がオンラインで発見したビデオは14,678本を超え、昨年の7,964本から100%増加したという。また、これらビデオの96%がポルノであることも指摘している。

Deeptraceによると、昨年2月以来、ディープフェイクのポルノサイトが多数開設されており、上位四つのサイトは1億3400万回以上閲覧されているとのこと。

昨年、Redditは「r/Deepfakes」と呼ばれるディープフェイクの主要なsubreddit禁止とした。Deeptraceによると、Deepfakeのアダルトサイト、Reddit、4chan、8chanには20のクリエイターコミュニティがあり、全体で10万人近いメンバーがいるという。

ディープフェークの開発は、GitHub上で公開されている人気のフェイススワップアルゴリズムや、機械学習技術におけるGenerative Adversarial Network(GAN)の急速な台頭によっても後押しされている。

arXiv3で毎年公開されるタイトル/要約でGANSに言及している学術論文の年次推移

そのおかげか、服を着た写真からヌードを生成するウェブサイトが急速に人気を得始めた(DeepNude)。このサービスはすぐに閉鎖されたものの、クローンサイトが数多くインターネット上に出現している。

DeepNude
DeepNudeは衣服を通して見るX線機能を備えたインターネット上のカメラアプリ。人工知能アルゴリズムを使用し写真を偽のヌード写真に変換する。

Deeptraceによると、今では数分でディープフェイクを作れるアプリやオンラインマーケットプレイス、サービスがあるという。つまり、誰でもハイスキルな技術を持っていなくても、2〜3ドルを払えばすぐにフェイクビデオを手に入れることができるのだ。

ディープフェイクが複数の論争を引き起こした例もある。Deeptraceは大きな脅威とみなし、サイバー犯罪者に対するソーシャルエンジニアリングと詐欺を強化する高度な新機能を提供するそうだ。

参照:thenextweb

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -
- Advertisement -

こちらもオススメ

かつて南アメリカにいた自動車サイズの「カメの化石」が発見される、まじデカイ

科学者たちは、かつて生息していた、最大のカメの化石を新たに発掘しました。 このカメは、約1300万年前から700万年前まで、南アメリカ北部の湖や川をうろついていたとされる、車サイズの爬虫類です。 『Stupendemys geographicus』と名付けられた化石は、コロンビアのタタコア砂漠およびベネズエラのウルマコ地方で生息していた種で、全長4メートル、体重1.25トンまで成長した巨大カメについて、初めて包括的な理解が得られました。 スチュペンデミスのレプリカ。Chris Gladis (MShades)...

仕事中に音楽を聴くと創造性が損なわれる。自然の音や雑音の方が遥かにオススメ

多くの作家は、創造性の高め方を探しているかもしれない。現在、作家がよく使うテクニックの1つに、音楽を聴くことがある。 アメリカで行われたオンラインの世論調査によると、大多数の人が執筆中や仕事中に音楽を聴いているようだ。 音楽、特にモーツァルトやベートーベンなどのクラシックは、創造性を高めるということが前提にある。だが、これは本当なのだろうか?

あなたを預言者に変える予測市場とは?ブロックチェーンとの相性や展望も【集合知】

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログです。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたいと思います。 https://youtu.be/SVNR4rlSSsA はじめに

『テンプルトン卿の流儀』から分かる常に比較し安く買うことの大切さ

『テンプルトン卿の流儀 』は、マネー誌が「20世紀最高のストックピッカー(銘柄選択者)」と称えた伝説的なファンドマネジャーのジョン・テンプルトン氏の事を、その子孫であるテンプルトン・ローレン・C氏が書いた本である。 ジョン・テンプルトン氏は俗に言うバリュー投資家として分類され、バリュー投資は世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も使用している価値観だ。 バリュー投資とは、本来ある価値よりも大幅に安く見積もられている企業(株価が低い)を長期的に保有することでリターンを得ていく手法だ。ジョン・テンプルトン氏は早くから世界に目を向けグローバル投資を創始し、50年にわたって市場平均をアウトパフォーム(収益率が上回る)したことで広く知られている。 Amzonの内容紹介から引用させてもらうと、本書は簡単に言えば以下のような事が書かれている。

【非常識な成功法則】お金と自由を得る習慣

この記事は、Youtubeに公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/fol3UEw4-Us はじめに

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -