Designed item on Suzuri 👔

あまりストレス貯まらない僕の考え方

オピニオン
この記事は約2分で読めます。

*引用シェア歓迎です。リンクを記載し自由にご使用ください

クリブログ

 

唐突だが、僕はあまりストレスがたまらない。

頭が悪いので感覚が麻痺しているだけというのもあるが、その麻痺した感覚のおかげでどうにかなっている。

このストレスがたまらない、僕の価値観についてサクッと書いてみようと思う。

1.他人にどう思われるかは割とどうでもいい

他人にどう思われようがどうでも良いと思っている。勿論、人への配慮や多少思いやりみたいな事を考え行動はしているが。

そのため、他人に配慮して行動はするが、その後どう思われてるかはあまり興味ない。

また、好きじゃない人とは関わろうとしないので、嫌な他人の事を考えることも無い。

なので、僕の事を良く思っているのであれば『ありがとう、よろしく!』だし、僕のことを悪く思っているのであれば『頼むから関わらないでくれ』というようなスタンスでいる。

誰も、自分の人生の責任取ってくれないからね。

2.興味の対象に蓋をしない

僕は何か興味が出たら、たいてい試してみるか結構調べる。そうやって色々見たり調べたりすると、いつのまにか多くの事を知っている状態になる。

やりたいことが分からない、という人の気持ちはあまり理解できない。

色々情報収集をして、気になったことを調べて、みたいなことを繰り返せば良いだけ。やりたいことが一切無い人は、多分、効率良く成功したいと考えているのだろう。

3.返信を早くする

返信を早くすると、ストレス溜まりづらいと思う。

返信対象を溜めると、今行っていることに集中できなかったり決定事項が遅れたりする。なので、すぐに返せるメッセージには即レスすると気持ちが楽になる。

4.言いたいこという

言いたいことを言う。

言いたいこと言って離れる人は、所詮自分にとってそれまでの人物だ。ただし、無尽蔵に批判してはいけない。

言いたいこと言った結果事故ったこともあるので、事故っても対処できるか気にしないメンタルのある人にのみ推奨してはいる。

5.楽観的に考える

僕は比較的楽観主義で、『人生なんとかなるでしょ』と考えている。ホームレスになったり、刑務所に入っても別に良いや程度だ。

これくらい適当に考えれば、そこまでストレスは溜まらないはず。

どんなマインドセットでいると良いか、みたいな事がファクトベースで以下の本は記載しているので、目を通してみると良いと思う。題名は胡散臭い自己啓発本のようだが、中身は研究結果や過去データなどに基づき記述されている。

睡眠、自信、楽観・悲観主義、生産性など気になる方はぜひ読んでみてほしい。

コメント