仕事中に音楽を聴くと創造性が損なわれる。自然の音や雑音の方が遥かにオススメ

健康
Photo by JOSHUA COLEMAN on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

多くの作家は、創造性の高め方を探しているかもしれない。現在、作家がよく使うテクニックの1つに、音楽を聴くことがある。

アメリカで行われたオンラインの世論調査によると、大多数の人が執筆中や仕事中に音楽を聴いているようだ。

音楽、特にモーツァルトやベートーベンなどのクラシックは、創造性を高めるということが前提にある。だが、これは本当なのだろうか?

クラシック

今年に入って発表されたある研究は、この仮説を検証することにした。

被験者は2つのグループに分けられた。

1つは特定の種類の音楽を聴きながら創造的な作業をするグループ、もう1つは静かな空間で沈黙しながら作業をするグループだ。

3つの異なる実験が、異なる音楽タイプの影響をテストするため以下の設定を使用した。

  • スペイン語の歌詞が分からない音楽と静寂
  • 英語の歌詞が分かる音楽と静寂
  • 歌詞のないインストゥルメンタル音楽(BGM)と静寂

3つの研究すべてで、音楽を聴くと創造性テストのパフォーマンスは著しく低下することが分かった。

つまり、歌詞の有無や理解できる言語かどうかは問題ではなかった。明らかになったのは、すべての状況で音楽は創造性において悪いパフォーマンスをもたらすパターンを示唆していることである。

音楽は創造性を損なう ー 雑音か自然の音がオススメ【クリエイティビティ】

これら一連の実験の前に、いくつかの研究は音楽が創造性を高めるという証拠を示していた。音楽が創造性を高めるという結果を示した研究は、Alternative Uses Task(レンガやクリップなどを、創造的に使う方法をリストアップするよう人々に求める手法)と呼ばれるものを使って創造性を測定した。

近年、研究者たちがこの方法から離れていったのは、一見異なる概念を結びつけて、斬新で創造的な解決策を考え出すプロセスを指す「収束的な思考」が捉えられていないためである。

2019年の研究では、研究者らは洞察や言葉に基づいた、創造性のより良い尺度であるCompound Remote Associate Task(複合遠隔連想テスト:CRAT)を使用した。この尺度では、人々は3つの単語(ダイヤル/ドレス/フラワー)を与えられ、他の単語(太陽)を繋ぐ4つ目の単語を生成しなければならない。このように、CRATは作家の脳内で行われている創作プロセスを、より正確に評価するものだと考えられる。

3つの音響条件における、Compound Remote Associate Task(CRAT)の解答率。誤差バーは平均の標準誤差を表す。

まとめると、2019の研究は、通念とは裏腹に、音楽を聴くことは作家が作品を生み出すために依存している、創造的な作業を実際に損なうという強力な証拠を提供している。

しかし、仕事中の沈黙に耐えられない場合はどうすれば良いのだろう。

簡単なソリューションを紹介する。第3の実験では、音楽と無音のグループに加えて、創造的な作業をしながら、周囲の図書館の雑音(遠くのおしゃべり、PCのタイピング音、紙のガサガサという音)を聞くグループも含めた。結果は、この周囲雑音群が無音群と同等に動作することを示した。もちろん、音楽グループより成績は良い。

そのため、作業中に音楽を聴いている場合は、周囲のノイズに切り替えることを検討してみると良いだろう。

社会思想家で心理学者のMelissa Burkley氏は、数年前にこの結論へ達したという。最近は自然の音を聞くようになっており、外が暖かいときはデッキに座り、鳥のさえずりや木々と風を聞きながらライティングするそう。寒い日はYouTubeを立ち上げ、小川のせせらぎ、海の波、キャンプファイヤーで火が燃える音、コオロギの鳴き声など自然の音を聞いているとのことだ。

研究によると、どんな形であれ自然と触れ合うことは創造力を高めるという。

自然

作家であるスティーブン・キング氏はかつて、執筆中に創造性を発揮させるためメタリカやアンスラックスを聴いていると述べていた。

しかし、キング氏もこのアプローチから離れたそう。2011年のインタビューでは、「私はもう作曲の時に音楽を聞かない。できないからだ。その方法でマルチタスクする能力を失ってしまった!」と述べている。

執筆中や仕事中に音楽を聴いていると、本当に大切な『アハ体験』、つまり創造的な思いつきに必要な洞察が欠けてしまう。この記事を読んだ後に文章を書くときは、音楽を止めてイヤホンを外し、公園や喫茶店、図書館などに座り、創造性を高めてみてはどうだろうか。

ほか、僕はSpotifyで『Nature Sounds』というプレイリストを小音で聴くと、気持ちよく作業できると感じている。

参照:psychologytoday

健康

↓↓↓移動中やスキマ時間にインプットできるAudibleはオススメです✌️

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント