8.3 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

牛乳は2倍のダイエット効果がある飲み物だった。カルシウムとビタミンDが鍵

牛乳をよく飲む人は、2倍の体重減少効果を見込めることが研究で明らかになった。

コップ2/3の牛乳でも、体重を4.5キログラム減らすことが期待できる。

この研究では、牛乳を飲む人の体重は、牛乳を飲まない人の2倍近く減少した。これは、カルシウムやビタミンDを含む、他の乳製品も同様に効果があるとのこと。

研究では、カルシウムとビタミンDの両方の濃度が高いほど、体重が減少することが示されている。

ビタミンDも必要な理由は、ビタミンDがカルシウムの吸収を助けるからだ。

残念なことに、世界の人口の約半数はビタミンDが不足しており、肥満者の50%はカルシウムが不足している。

研究は、ビタミンDに関して次のように書いている。

「ビタミンDは、血液のカルシウム吸収を増加させる。日光や食物(主に魚や卵)、栄養強化食品(牛乳やヨーグルトなど)、サプリメントから得らことができる」

この研究では、322人が、

  1. 低脂肪食
  2. 低炭水化物食
  3. 地中海式食事法

のいずれかを無作為に割り当てられ、2年間追跡された。

しかし、その結果は体重減少と関係ないことを示していた。代わりに、牛乳を多く飲んだ人ほど体重が減っている事を示した。

少量のミルクを飲んだ人は3.1キログラムしか体重が減らなかったものの、より多く飲んだ人は5.4キログラム体重が減っていた。

牛
Thank you 牛。牛に感謝。Photo by Pixabay from Pexels

著者らは以下のように説明している。

「要約すると、今回の知見は、乳製品から得られるカルシウムと血清ビタミンDの摂取量増加の両方が、独立して体重減少の成功と関連していることを示唆している。これら因子間の因果関係は、明確にする必要があるだろう」

カルシウム不足は、ウエストラインが太くなったり、体脂肪率が上昇したり、悪玉コレステロールが増えることと関連している。

体重が最も減少した被験者は、平均580mg/日のカルシウムを摂取していた。

これは、牛乳2杯分くらいの量である。

この研究に納得した方は、参考にしてみてはいかがだろう。僕のように、牛乳を飲むとお腹を下しやすい人はヨーグルトが良い。

参照:PsyBlog

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

WordPressで真面目にサイト運営するなら最低限やっておきたいセキュリティ対策

この記事では、Wordpressで構築したウェブサイトを真面目に運用するのであれば、最低限やっておきたいセキュリティ対応を書き連ねている。 Wordpressは便利で、世界中の人が使っており、非常に柔軟だ。つまり、それだけクラッカー(悪意あるハッカー)から攻撃を受けてもおかしくないということ。 よくあるWordpressサイトへの攻撃は、Wordpressそのものが悪いのではなく、管理する人間の不手際から起こるものだ。Wordpress自体を主に開発しているAutomattic社は、ハッカーに脆弱性を発見してもらい、修正するためのプラットフォーム『hackerone』へ参加している。 //cdn.iframe.ly/embed.js コアは比較的安全なので、管理する側の落ち度はなるべく減らしたい。

【金儲けの原則】ユダヤの商法でビジネスを学ぶ。女と金持ちを狙え!

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/kz2A-uEnTIk はじめに

【まとめ】高城剛氏著『GREEN RUSH』から世界の大麻事情を俯瞰する

高城剛氏の最新著書である『Green Rush』を読んだので、中身をまとめてみる。 『Green Rush』の構成は、アメリカ、カナダ、イスラエル、ウルグアイ、オーストラリア、日本という各国での大麻事情について書かれている。法律、ビジネス、闇社会の撲滅、栽培、イベントなどと、現地の人に直接取材した形態なので非常に読みやすかった。僕はKindle Unlimtedで読んだのだが、Kindle版は雑誌を電子化したようで、文字が小さく近視の人だと読みづらいかもれない。 日本で大麻は「ダメ、ゼッタイ」という風潮で薬物として認定され、まともな教育を受けていない人が大半だ。批判する人達は、海外で出た論文や事例などを調べたのだろうかと疑問に思ってしまう。 では、世界各国が医療用途、娯楽用途含め大麻を合法化していくなかで、どのようになっているのか見ていこう。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -