Facebookが手がける新しいデジタル通貨ネットワーク「Libra」の詳細が明らかになった。

ビットコインやイーサリアムなどとは異なり、バスケット資産(米ドル、英ポンド、ユーロ、および日本円)と紐付けられたペグコインである。第三者機関が準備金を監査することで信用を担保し、その準備金と同等の価値があるよう設計される。

2020年、メインネットに加え専用のウォレットアプリケーションであるCalibraもローンチさせる予定のようだ。

Libraとは

ウェブサイトに書いてあることを引用してみる。

Libraのミッションは数十億人のエンパワーメントにつながる、シンプルでグローバルな通貨と金融インフラを提供することです。

とのこと。世界中の人々を繋ぐ決済手段を作り上げようという試みだ。以下、動画での解説。

SafariにFirefox Focusを入れている人はブロックされ見れないと思います

また、ホワイトペーパーを見た限りでは、送金だけでなくスマートコントラクトによるアプリケーションも実行できるよう。スマートコントラクトのデプロイを一般ユーザー(個人開発者など)もできるのか、現状不明。お金を扱うので、多分許可された人だけになると思う。

Libraのミッションは「多くの人びとに力を与える、シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラになる」ことと述べられているが、3つの要素が互いに機能し合うことで実現するらしい。

  1. 安全でスケーラブルで信頼性の高いブロックチェーンを基盤とする
  2. 実態価値を付与するための資産のリザーブを裏付けとする
  3. エコシステムの発展を目指す独立したLibra協会がLibraを運営する

Libraは、ファウンデーションのような機能を持つスイスに拠点をおく非営利組織のLibra Association(協会)が主体として運営し、ネットワークに参加したい企業がバリデーター(取引を検証する者)となることでコンソーシアムチェーンのように機能するのだろう。

現在、Libra協会に所属している企業は以下の通り。バリデーターでもある。Libra協会のメンバーは、2020年前半に予定されている運用開始により、およそ100に増える見込みであるとのこと。

決済

テクノロジー・マーケットプレイス

電気通信

ブロックチェーン

ベンチャーキャピタル

非営利組織、多国間組織、学術機関

豪華な顔ぶれ。

参加企業を見る限り、様々な企業のサービスとサービスが相互作用し、実生活まで落とし込めることを想像をするのは難しくない。

ただし、日本においては、おそらく仮想通貨というより外国為替として取り扱われ、受け取った時点で雑所得が課されることと思う(実現すれば)。

このことから、仮に流行ったとしても日本人に浸透するのは相当後になると予想される。

取引しただけで課税される通貨、すなわち自由度の低い通貨を日常的に使用するインセンティブはない。

通貨の特性でもあり、日本人の特性でもある、「みんな使っているから私も使う」状態にならないと意味がない。

他にも色々どうなのか、と思う部分はあったが、仮に実現すると面白いプロジェクトではあるので、ビジネスに活かせそうな前向きな事を簡単に書いておく。

クレジットカード決済の禁止対象産業

Libraはバスケット資産にペグされたデジタル通貨だ。つまり、オンライン決済を容易に導入することが可能だと予想される。Stripe、Paypal、Spotify、eBayなどがLibra協会のメンバーだからだ。

現在、クレジットカード決済を導入しようした場合、取り扱っている商品や業種に合格しなければいけない。以前、「大麻のレポートを販売したらPaypalアカウントを追放された」という記事を書いたが、クレジットカード決済というのは審査が厳しい。

Stripeの禁止業種を見てみよう。禁止業種は、次の4項目で分けられている。

  • 金融・専門サービス
  • 違法商品またはサービス
  • 不正または人を欺くような、略奪的行為
  • カードブランドで禁止されるいかなる商品、サービス

厳しい。「Stripeが不適格とするもの」って、何でもありやな。。

なんなら、普通のソフトウェアやアパレル、グッズ程度しか販売できないのではないかレベルに感じてしまう。

例えば、僕はビットコインのペイメントプロセッサーであるBTCPay Serverで、サードパーティホスティングとしてサーバースペースを貸しているのだが、これをStripeで行おうとしたら暗号通貨に関連しているので決済を承認できないと言われてしまった。理屈ではサーバースペースのレンタルなのだが、どうもそういかないらしい。また、CBDオイルも販売しているのだが、これも何故かだめだと言われてしまった。

そう。たとえ、合法でも世間の見てくれが悪かったり、正確な認識が行き届いていない商品・サービスは、なかなかクレジットカード決済を導入できないのである。

日本のアダルトグッズなど世界に向けて販売したらかなり売れると思うのだが、簡単にはいかない。ドン・キホーテのアダルトコーナー見てみろよと。外国人めっちゃバイブとかいじってるやん、ビジネスしようぜって思う。

母数は少ない特殊な性癖を持った人も、地域単位では1人などかもしれないが世界全体でみれば結構いるものだろう。

考察

合法でありクレカ決済ができないのであればビットコインを使えば良いと僕は思うのだが、世の大半の人間はそうでもない。

ビットコインという言葉は知っていても、実際手にしたり、送金したり、決済に使った経験がある人は少ない。また、地域によっては手に入れられなかったりもするだろう。

すべての地域で同じ単位かつ同じ認識になる世界標準の通貨機能を持つものはビットコインが最適だが、より多くの人が扱いやすい形式の通貨もあるべき。

そこでLibraだ。

Facebookが運営しているサービス(Facebook、Instagram、WhatsApp、Messenger)をすべて含めると、世界で27億人が使っている。それだけ多くの人間へデジタル通貨をアプローチできる可能性がある。

参照:「Facebook Reports First Quarter 2019 Results

日常的に使用されているMessengerやWhatsAppへ送金機能が搭載されるので、世界中の人間が「ウォレット」というものを所持するようになるはず。

また、価格変動が極めて小さいものになる予定なので、消費者は安心して決済を行え、事業者は受け取った通貨の価格下落リスクを減らすことができる。

それがBTCの場合はこうなる。

消費者は、ビットコインを購入し、安全に管理し、アドレス間違いを気をつけ、送金完了をトランザクションIDから確認する必要がある。事業者は、大きな額を扱う時には受け取ったBTCを市場で売却するまで、先物市場を使いショートする事で価格変動をヘッジしなければならないかもしれない。

暗号通貨というものが大衆も扱うものになると仮定すると、グローバル企業が手がけるLibraのようなペグコインをコンソーシアム型で運営し、マジョリティとイノベーターで棲み分けする事が重要だと思う。

Libraコインが価格の安定した通貨であるならば、非常に商売がしやすくなる。

アメリカ国民であれば、Uberで稼いだり、Lyftで移動したり、Ebayで商品を購入するといった事はLibraで出来るだろう。

日本人なら以下のような使用方法ができるはずだ。

  • 越境ECでの決済を簡単にできる
  • クレカ禁止業種の商品を容易に販売できる
  • 国外企業からの広告費を簡単に受け取れる
  • 海外旅行での為替交換を省ける
  • Libra/JPYで合成ペアを作りトレードできる

などなど、きちんと実現すれば非常に面白いと言える。事業活動をするにあたって日本円を扱えないとき、暗号通貨を使っていたりPayoneerTransferwiseで何とかしていたものをシームレスに扱える。

銀行口座を開きにくい大麻企業や暗号通貨企業にとっては追い風だと思う。

もちろん、AML上の観点から事業者、個人ともにIDと紐付けられるので、グレービジネスが反映するということもないだろう。

まとめると、合法であるにも関わらず見てくれが悪いビジネス、すなわり限りなくホワイトなグレービジネスをワールドワイドに展開する場合、Libraは非常に扱いやすくなるだろうし、そうなって欲しいと僕は考えている。

感想

と、まあこれまでポジティブな意見を書いてきたが、もちろん数多くの懸念事項がある。

注意事項として、Facebookアカウントがあるから無条件にLibraアカウントも付与されるかと言われるとそうでもない。

  • Libraを直接使うのではなくCalibra をインストールする必要がある
  • 政府発行のIDを登録する必要がある
  • 国によって使えないところが出てくる

などと、お金を扱う上で重要な規制面の障壁があるので簡単には広まらない。

懸念事項をいくつか上げてみよう。

  • 為替差益にかかる税金は?
  • 国際金融ネットワークをオープンソースにして大丈夫?
  • AML体制は問題ない?
  • 異常に需要が高騰した時100%リザーブであることは保証できる?
  • 世界中の人間が使ってもトランザクション処理できる?
  • アメリカの犬である日本がLibra専用に課税されない法律作るんか?
  • 世界各国のレギュレーションに基づいて運営できるんか?
  • 遊びじゃないネットワークで裏付け資産ペッグを維持できるんか?
  • 散々ユーザーデータを乱用してきたFacebookは、お金データ管理できるんか?

とか、沢山出てくる。特に、バスケット型であることが気になる。為替変動により、必ずしもペグされないと思う。

詳細は、SDRのWikipediaを見れば分かる。

特別引出権(とくべつひきだしけん、英: Special Drawing Rights, SDR)とは、国際通貨基金(IMF)が加盟国の準備資産を補完する手段として、1969年に創設した国際準備資産、及びその単位である。ISO 4217における通貨コードはXDR。

SDR構成通貨とSDR価値の計算方法は5年に一度見直しが行われており、直近には2015年に見直しが行われた。2018年現在のSDRの価値は0.58252米ドルと0.38671ユーロと11.900日本円と0.085946イギリスポンドと1.0174人民元の和である。

wikipedia

Libraのバスケットについて。

各Libra コインを裏付ける実際の資産実際の資産は、安定していて信用のある中央銀行が発行する通貨や公債など、価値の変動率の低い資産の組み合わせになります。Libraの価値は実質的に法定通貨のバスケットに結び付けられるため、どの特定の通貨の観点からも、Libraの価値は変動しま す。リザーブの構成は、特にネガティブな変動 (経済危機など) が起こる可能性と、それらの重大な事態の影響を軽減するように設計されています。その目的を達成するため、前述のバスケットは資本保全と流動性を念頭に置いて構成されています。資本保全での観点では、高インフレになる可能性が低く、債務不履行に陥る確率が低い政府が発行する公債にのみ投資します。また、そうした事態が発生 する可能性をさらに低減するために、1 つではなく複数の政府を選択することでリザーブを多様化しています。流動性の観点では、前述のような政府が発行し、流動性の高い市場で取引される短期公債を利用する計画です。流動性の高い市場とは、1日に数百億から数千億にまで及ぶ取引量を日々扱っている市場です。これにより、流通するLibra数の拡大や縮小に応じてリザーブの規模を簡単に調整できるようになります。

Libraリザーブ

ほか、Libraは「Move」というプログラミング言語で記述されているのだが、これが開発の容易さやパフォーマンスはどうなのか、僕にはちょっと分からない。

また、コンセンサスアルゴリズムはBFT(ビザンチン・フォールト・トレランス)だが、これがEthereumやEOSなどの構造とは違うよう。ちょっと様子見という感じ。

インターネットサービスならば、作って、壊して、試して、アップデート、という感じで良いのが、何しろお金を扱う金融サービスなので適当にはできない。

個人的には、大したことなく終わり失敗例を見て対策してきたGoogle Coinが覇権を取るというシナリオも考えられるな、とか思いつつ、Libraには期待している。

負けず嫌いで執着心の強いザッカーバーグ氏のことだ。Facebookはゴリるだろう。

おまけ(テストネット稼働)

テストネットがUinx環境で動かせるよう、すでにドキュメントがある。

今僕が使用しているPC(Thinkpad x240 * Ubuntu)では、Libraネットワークを動かすと他の作業が何もできなくなりそうなので(メモリMAXになって動かなくなる)、別のマシンを用意して弄ってみたい。

手順

Libra Coreリポジトリのクローン作成

git clone https://github.com/libra/libra.git

Libra Coreのセットアップ

cd libra
./scripts/dev_setup.sh

Libra CLIクライアントを構築しテストネットに接続

./scripts/cli/start_cli_testnet.sh

クライアントがテストネット上のノードに接続すると、次のような出力が表示される。クライアントを終了するには、quitコマンドを使用する。

usage:  

Use the following commands:

account | a
   Account operations
 query | q
   Query operations
 transfer | transferb | t | tb
   | |  [gas_unit_price (default=0)] [max_gas_amount (default 10000)] Suffix 'b' is for blocking.
   Transfer coins from account to another.
 help | h
   Prints this help
 quit | q!
   Exit this client

Please, input commands:

libra%

アカウントを作成

libra% account create

成功

Creating/retrieving next account from wallet
Created/retrieved account #0 address 3ed8e5fafae4147b2a105a0be2f81972883441cfaaadf93fc0868e7a0253c4a8

アカウントリスト

libra% account list

成功

User account index: 0, address: 3ed8e5fafae4147b2a105a0be2f81972883441cfaaadf93fc0868e7a0253c4a8, sequence number: 0
User account index: 1, address: 8337aac709a41fe6be03cad8878a0d4209740b1608f8a81566c9a7d4b95a2ec7, sequence number: 0

アカウント0に110 Coinを追加

libra% account mint 0 110

成功

Minting coins
Mint request submitted

アカウント1に52 Coinを追加

libra% account mint 1 52

成功

Minting coins
Mint request submitted

残高チェック

アカウント0の場合

libra% query balance 0
Balance is: 110

アカウント1の場合

libra% query balance 1
Balance is: 52

トランザクションを送信

アカウントのシーケンス番号を照会する

libra% query sequence 0
>> Getting current sequence number
Sequence number is: 0
libra% query sequence 1
>> Getting current sequence number
Sequence number is: 0

送金

libra% transfer 0 1 10

>> Transferring Transaction submitted to validator To query for transaction status, run: query txn_acc_seq 0 0 <fetch_events=true|false>

と、進んでいく。動かしたくなってきた!

You May Also Like
銀行は始まりに過ぎない。55の産業でブロックチェーンが変革をもたらす
続きを読む

銀行は始まりに過ぎない。55の産業でブロックチェーンが変革をもたらす

ブロックチェーン技術の影響を受ける可能性があるのは銀行だけではない。法執行機関や配車サービス、および他多くの分野でも将来的にブロックチェーンが利用される可能性がある。 ビットコインといった暗号通貨の基礎として使用され始め…
続きを読む

【最大年利8.6%】BlockFiで仮想通貨をレンディングし金利を得る方法

ビットコイン等の暗号通貨(仮想通貨)を保有している場合、そのものが収益を生むことは無い。これは、希少性や使用される機会が増えるに従って値上がりによるキャピタルゲインを望むことは出来るが、ただ保有しているだけで数量が増える…