10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

ビジネスパーソンはKindle Unlimitedを契約すべき【¥980/月で読み放題】おすすめ本は随時更新

本を読むか。

筆者は比較的日常から書籍を読む方で、1ヶ月あたり6冊以上は何かしら読んでいる。最近AmazonのAudibleを始めたので、さらに書籍と触れる時間は長くなるはず。

Audibleに関しては、また別で記事にするつもりだ。

自己啓発的なことを言うのはあまり好きでないのだが、傾向として読書量の多い人物は社会的ステータスが高いように思える。これは、読書とステータスの関係が相関であるのか因果であるのか不明であるものの、書籍と向き合うことにおいてマイナス面は無いと言えるだろう。

一般的な書籍は概ね1000〜2000円が相場であり、好きなものをひたすら購入していると結構な金額になってしまう。

だがしかし、AmazonにはKindle Unlimitedという月額定額制の本読み放題サービスがあることは多くの方が知っていることと思う。

ジャンルは様々で、ビジネス書、歴史書、技術書、漫画、雑誌、経済系などと、かなり幅広い。

筆者はKindle Unlimitedをサービス開始時から契約しているが、ここ最近は対象書籍がだいぶ充実してきた。つまり、Kindle Unlimitedに該当する書籍を漁るだけで、そこそこ知識は蓄えられるのだ。

Via Alu

Kindle Unlimitedで可能なこと

Kindle Unlimitedは、月額980円で該当する本が無限に読めるサービスだ。読める冊数に限度はなく、一度にKindleアプリで利用するのは10冊が最大というルールがある。

まず10冊利用し、読み終わったら新たな本と交換することでサービスを最大限活用できる。

Kindle Unlimited対象の本は、『Kindle Unlimited対象マーク』がついているので、すぐに分かるはずだ⬇️

Kindle Unlimited
Kindle Unlimited対象マーク

書籍の例

例えば、非常に一般的で人気の本が意外とKindle Unlimitedの対象だったりする。

以下で、カテゴリーに分け対象のオススメ書籍を紹介したいと思う。実際に読んで面白かった本を紹介している。

カテゴリー

金融・経済

ビジネス

大麻

心理系

漫画

その他

まとめ

欲しい本は購入しつつ、Kindle Unlimitedも利用することで非常に多くの書籍と触れ合うことができる。お金は使うと必ず出ていくが、知識はどれだけ放出しても減少せず、逆にアウトプットすることで密度は濃くなるもの。

様々な意見を取り入れ、エビデンスを確認し、知識に対し貪欲になり、知人へ話したりインターネットで発信していく、頭に定着しやすくなる。真っ当な知識を頭に入れていくと、生きているだけで楽しくなると思う。

筆者自身は、人と話したときに読書をする人かしない人か、何となく分かる。読書量の多い人は、知識が豊富で、何か深い感じのする人が多いからだ。

こういったことを背景に、Kindle Unlimitedを契約してみてはいかがだろう。

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

【まとめ】高城剛氏著『GREEN RUSH』から世界の大麻事情を俯瞰する

高城剛氏の最新著書である『Green Rush』を読んだので、中身をまとめてみる。 『Green Rush』の構成は、アメリカ、カナダ、イスラエル、ウルグアイ、オーストラリア、日本という各国での大麻事情について書かれている。法律、ビジネス、闇社会の撲滅、栽培、イベントなどと、現地の人に直接取材した形態なので非常に読みやすかった。僕はKindle Unlimtedで読んだのだが、Kindle版は雑誌を電子化したようで、文字が小さく近視の人だと読みづらいかもれない。 日本で大麻は「ダメ、ゼッタイ」という風潮で薬物として認定され、まともな教育を受けていない人が大半だ。批判する人達は、海外で出た論文や事例などを調べたのだろうかと疑問に思ってしまう。 では、世界各国が医療用途、娯楽用途含め大麻を合法化していくなかで、どのようになっているのか見ていこう。

Veilの閉鎖から考え予測市場はコインチェックのようなUIにするべきだという話

 先日、イーサリアムベースの分散型予測市場であるVeil.coが閉鎖することを発表した。 https://medium.com/veil-blog/next-steps-for-veil-133777c4a774 これについて少し思うところがあったので、書いておく。 Veilとは Veilは、オープンプロトコルに基づいて構築されたP2Pの予測市場だ。ベースとなるプロトコルに、Augur、0x、Ethereumがある。つまり、簡単にいえばイーサリアムネットワークで稼働する予測市場プロトコルのAugurに、0xのオフチェーン注文機能を加えたプロジェクト。

パスワードは安全に管理したいよね。オススメのパスワードマネージャー3選

メールアドレスやパスワードをきちんと管理することは非常に重要だ。 同じメールアドレスとパスワードで、複数のウェブサービスやアプリに登録していないだろうか。すでにしてしまっている方は、今すぐにでもパスワードを変更しよう。 それは、「私の情報を取っていってください」と公言しているようなものだ。 ただ、多くの人がなぜパスワードを管理できないのかを考えたところ、以下のような理由があるのではないかと思われる。 パスワードを管理できるものが無いから。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -