2020-01-26 (日曜日)

ビジネスパーソンはKindle Unlimitedを契約すべき【¥980/月で読み放題】おすすめ本は随時更新

- Advertisement -クリブログ

本を読むか。

筆者は比較的日常から書籍を読む方で、1ヶ月あたり6冊以上は何かしら読んでいる。最近AmazonのAudibleを始めたので、さらに書籍と触れる時間は長くなるはず。

Audibleに関しては、また別で記事にするつもりだ。

自己啓発的なことを言うのはあまり好きでないのだが、傾向として読書量の多い人物は社会的ステータスが高いように思える。これは、読書とステータスの関係が相関であるのか因果であるのか不明であるものの、書籍と向き合うことにおいてマイナス面は無いと言えるだろう。

一般的な書籍は概ね1000〜2000円が相場であり、好きなものをひたすら購入していると結構な金額になってしまう。

だがしかし、AmazonにはKindle Unlimitedという月額定額制の本読み放題サービスがあることは多くの方が知っていることと思う。

ジャンルは様々で、ビジネス書、歴史書、技術書、漫画、雑誌、経済系などと、かなり幅広い。

筆者はKindle Unlimitedをサービス開始時から契約しているが、ここ最近は対象書籍がだいぶ充実してきた。つまり、Kindle Unlimitedに該当する書籍を漁るだけで、そこそこ知識は蓄えられるのだ。

Via Alu

Kindle Unlimitedで可能なこと

Kindle Unlimitedは、月額980円で該当する本が無限に読めるサービスだ。読める冊数に限度はなく、一度にKindleアプリで利用するのは10冊が最大というルールがある。

まず10冊利用し、読み終わったら新たな本と交換することでサービスを最大限活用できる。

Kindle Unlimited対象の本は、『Kindle Unlimited対象マーク』がついているので、すぐに分かるはずだ⬇️

Kindle Unlimited
Kindle Unlimited対象マーク

書籍の例

例えば、非常に一般的で人気の本が意外とKindle Unlimitedの対象だったりする。

以下で、カテゴリーに分け対象のオススメ書籍を紹介したいと思う。実際に読んで面白かった本を紹介している。

カテゴリー

金融・経済

ビジネス

大麻

心理系

漫画

その他

まとめ

欲しい本は購入しつつ、Kindle Unlimitedも利用することで非常に多くの書籍と触れ合うことができる。お金は使うと必ず出ていくが、知識はどれだけ放出しても減少せず、逆にアウトプットすることで密度は濃くなるもの。

様々な意見を取り入れ、エビデンスを確認し、知識に対し貪欲になり、知人へ話したりインターネットで発信していく、頭に定着しやすくなる。真っ当な知識を頭に入れていくと、生きているだけで楽しくなると思う。

筆者自身は、人と話したときに読書をする人かしない人か、何となく分かる。読書量の多い人は、知識が豊富で、何か深い感じのする人が多いからだ。

こういったことを背景に、Kindle Unlimitedを契約してみてはいかがだろう。


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

東京からの日帰り旅行は〈みさきまぐろきっぷ〉が最強過ぎる

東京から気軽に旅行へ行きたいと思った時、どこが思い当たるだろう。 東京に住んでいる人は自動車を持っていない割合が多いと思う。千葉や伊豆、茨城、栃木などへ遊びに行きたいと思っても、電車では結構時間がかかる(2時間以上)ので躊躇しがち。僕もそうだ。 電車を乗り換えて片道2時間以上かけて遊びに行くのは、かなりきつい。遊んだ後も帰らなければならないからだ。 ベターな場所では鎌倉などもあるが、少し冒険したい気持ちもある。 そこで先日、京急電鉄が発行している『みさきまぐろきっぷ』という切符を利用して神奈川県の三浦半島へ日帰り旅行をしてきた。

ジャック・ドーシーなど、VCや企業がアフリカに興味を持つ理由

Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、アフリカへ注力する実業家である。 詳細を明らかにしていないが、TwitterとSquareのCEOであるドーシー氏は先月、来年は最大6カ月をアフリカ大陸で過ごすと発表した。 ドーシー氏だけでなく、他の経営者やベンチャーキャピタル(VC)も、アフリカ大陸で起こるテクノロジー爆発とその利益に可能性を見出している。

裁定取引戦略の1つ、統計的アービトラージを理解する

この記事は、アービトラージ、つまり裁定取引のなかでも統計的アービトラージを解説している。 基本となる定量トレーディングの解説から行っているので、非常にわかりやすいはずだ。 定量的トレーディングとは 定量的トレーディングは、統計的手法及び過去データの定量的分析を用いてトレーディングの機会を特定する。定量的トレーディングは、マクロ経済事象や有価証券の価格データなど、定量化が可能な情報を適用して取引を行う。定量的トレーディングのモデルは、証券取引がコンピューターアルゴリズムの売買決定のみに基づいて行われる場合は、アルゴトレーダーと呼ばれる。このような定量的手法を利用するアルゴリズムトレーディングで適用される戦略の例として、統計的アービトラージ戦略がある。 統計的アービトラージ

本が苦手でも大丈夫。Netflixにある『ヤバい経済学』でインセンティブと因果関係を理解しよう

全世界で400万部売れたとされる『ヤバい経済学』は、経済的な知識がなくても楽しく読め、既存の固定概念や一般的に言われていることなどの常識を打ち砕いてくれる本である。 より専門的な経済学の本を読みたい場合は、『ミクロ経済学の力』などを読めば良いのだが、『ヤバい経済学』はとりあえず手に取ってみるのに最適だと言える。 増刷版や『超ヤバい経済学』という続編も出るなど、多くの人が手にとっている本。そんな経済学の本に、動画版もあることをご存知だろうか。 現在、Youtube、Google...

【仕事できる人の違い】イシューから考え生産性の鬼になれ…!

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zjxsQjouYk はじめに
- Advertisement -

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -