2020-01-20 (月曜日)

最高月商4600万の便利屋に凡人力を学ぶ。凡人が豊かに暮らすための心がけ

- Advertisement -

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。

文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。

はじめに

今日は、「凡人が強運を掴む59の心得」という本を紹介したいと思う。

この本は、天才ではない誰にでもオススメできる本だ。僕も天才ではない1人なので。

幸せになる、金持ちになる、成功する、のような方法論などが書かれた本は大量にある。つまり、皆成功したいとか考えるものの、成功する1つの方法など存在しないということだ。

そして、そういった競争にさらされているということは、強いストレスを受けることでもある。

そんな現代社会だからこそ、この本で書かれている「凡人力」は生きてくるもの。

才能や学歴、資格、経歴。こういったものを凡人は満たしていない。

であれば、開き直って凡人に徹すればよいのだ。

凡人力は訓練して培っていくものというより、ほんのちょっとの気付きや、その気付きを積み重ねていくことで強くなっていく。

この本では、そういった、さしたる才能やスキルがなくても幸せに生きる気づきを59個紹介してくれている。

著者は、右近 勝吉(うこん・かつよし)という方で、便利屋として月最大4600万円の売上をあげ、また月売上300万円は下回ったことがない方である。

引っ越しを手伝うとか、ネコの死骸を片付けるとか、物置を整理するとか、一緒に飯をたべるとか、そういった困ったときに役立つのが便利屋だ。

便利屋は、ヒトに頼られなければ成り立たない商売だ。

つまり、凡人に徹すれば、ヒトに頼られ、強運を掴むことができるかもしれないということである。

勇気付けられる内容になっているので、いくつか、かいつまんで紹介したい。

内容紹介

もともと、右近さんは、ヒトの雑用を受けるくらいしか無いと悟ったことから便利屋家業を始めている。

在庫は無いし、困ったことを助ければ感謝され、お金ももらえるので、平凡でも十分に生き残っていけるのだ。

何か、他人の才能をみて劣等感など抱く必要はないといえる。

なので、自分を凡人だと悟ったときに道は開ける。何か、変なプライドを持つ必要はないので、ヒトに蔑まれることはないのだ。そうすると、便利屋は仕事が回ってくる。

このループなのだそう。

自分の才能を過信したり、凡人であることを否定して生きていくと、無いものねだりを続けて、最終的に何も手に入らないことになりかねない。

世の中の大半のヒトは凡人だ。才能はなくても、十分幸せに生きていける可能性はあるので大丈夫。

右近さんは、才能幻想を捨てると良いと言っている。これは、自分は特別であるみたいな自己愛だ。自己愛は良いのだが、あまり強すぎると自己幻想になってしまい、現在の状況を把握せず努力しなくなってしまう。

目の前の事をコツコツやれなければ、いつまでたっても自己実現などできないのである。

つまり、凡人である自分を肯定してしまえばいい。プライドを捨てると、チャンスが広がるからだ。こんな仕事、と思わずに、頼まれたら何でもやるくらいの方が強い。なんでもやった結果、何か新たなチャンスに巡り合う可能性は高くなる。

凡人だから自分は何もできないのではなく、凡人だからこそできることだってあることは胸に刻んでおきたい。

こうして自分を受け入れ、心に余裕をもち、すこしフラフラしていおると、真っ直ぐ突き進むだけでは見えてこないアイディアが浮かぶこともある。シャワーを浴びている時や散歩しているときにひらめいたりしやすいのは、脳活性を休めることも大事なことを表していると思う。

右近勝吉
右が右近勝吉さん。Via:右近勝吉さんとお会いしてきました!

営業の事でもアドバイスがあるそう。

非常に無口で愛想笑いをすることも無い営業マンは、一見陰気臭いだろう。だが、この暗い便利屋の営業マンは、なぜか契約を取ってくるのだそうだ。

なぜか分析してみると、余計な事は一切はなさないので、逆に信頼感を得ていたということであった。一生懸命売り込みしすぎると、逆にもういいわとなってしまう。

もし、喋るのが苦手で営業の成果が出ていないヒトは、喋らない方が信頼感を得やすいフィールドで戦うと、驚くような成果が出るかもしれない。

凡人に徹すると、ヒトが集まる傾向にあるという。基本的に、才能のある人は話したがりだ。そして、凡人は黙って聞いているだけでよい。そうすると、相手は気持ちよくなってくれる。右近さんは、ヒトの話しを聞くだけという仕事が結構あるそう。

それだけ、現代では、話しを真面目に聞いてもらう、受け入れてもらうという需要が満たされていないのだ。

これはおそらく、便利屋だけでなく、どんな分野でも活かせるだろう。

恋愛や悩みの相談は、あなたに意見してほしいのではなく、たんに聞いてほしいだけだ。そして、相手は話しを聞いてもらえば、勝手に自己解決するケースが大半である。

無駄な相槌や質問はしないほうが正解だったりもするのだ。

そして、もう1つ大事な心がけがある。

それは、いつでもだれにでも同じ姿勢でいることだ。偉い人だからといって必要以上にへりくだったり、年下だからといって偉そうにしたり、このように極端な区別は行わない方がよい。

そして、常にヒトを受け入れる心がけをしておく。心から笑顔でヒトを迎え、同じように接していれば自然と信頼はできていくものだそうだ。

プライドを捨てたほうが良い例として、ある水道工事を頼んだ女性が、業者がベンツで来たことを理由に、それ以来仕事を頼む気がしなくなってしまったという話しが出てくる。

ベンツに乗るのはおおいに良いが、お客様のところに行く時、儲かっているアピールをするのはマイナスになりかねない。凡人であれば、高いプライドで虚栄心を見せつける必要はない。

また、もう1つアドバイスがある。

それは、値引きしないということだ。

値引きすると、そのぶんサービスの価値を落とさなければならないケースが大半だ。最初は安くしておいて、オプションでどんどん高くしていく価格設定がある。

これは、契約数を伸ばす施策ではあるが、継続率という面で見るとなんとも言えない。最初からちゃんとお金を取って、何か追加で注文されても課金はしない。そういった、追加の作業も含めて想定した価格の方が、より誠実である。

感想

この本は、友人の実業家が推奨したので、手にしてみた本であった。

世の中の成功をつかもうというアドバイスは、たいてい何かスキルを身に着け、他人を出し抜くというものだ。

これは資本主義としては当然なのだが、とうぜん途中で心が折れてしまうヒトもいる。

凡人が強運を掴む59の心得は、そういったヒトにも救いの手となる考え方だと思う。凡人を受け入れ、できることを何でもやる精神は、誰にでもオススメすることができる。

実際、僕自身も凡人なので、できることをやっている。何かご相談があれば、全然うけている。

お問い合わせフォームなどからご連絡いただければと思う。

みなさんも、是非、凡人力という考え方を取り入れてみてはいかがだろうか。


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

アメリカ人は宝くじに年間10万円以上を費やしている

金曜日の夜、ジャックポッドで3億4000万ドルの大当たりが出る確率は、302,575,350分の1である。 数えるのが面倒な方のためへ簡単に説明すると、約3億分の1だ。 見方を変えれば、休暇中にアメリカ国立公園でハイイログマ(グリズリー)に襲われる可能性の方がはるかに高い。国立公園局によると、このようなことが起きるのは270万回に1回だけだという。 Photo by 🇸🇮 Janko Ferlič...

仕事は仕組み化してシンプルに考え実行するべきだ。無印良品会長である松井忠三氏の著書「無印良品は仕組みが9割 」を紹介

一時不振にあえいだ無印良品を立て直した、良品計画株式会社で会長を務める松井忠三氏の著書『無印良品は仕組みが9割 』を読んだので、知見の共有にまとめておく。 「仕事はシンプルにやること」の重要性が書かれており、複雑化したシステムや会社は立ち行かなくなるという教訓を得ることができた。 概要 ナチュラルをテーマにブランドを展開し軌道に乗っていた無印良品は、競合が台頭してきたことで業績は悪化し、大赤字(38億円)となっていた。

【ニュートレーダー×リッチトレーダー 株式投資の極上心得】に学ぶ

『ニュートレーダー×リッチトレーダー 株式投資の極上心得』は、新たにトレードを始めようとする人とすでにトレードで資産を築いている人との対話方式で書かれた本だ。 トレード手法や分析手法といったものが書かれた本ではなく、どちらかというと投資家心理について物語(ストーリー)形式で書かれているので読みやすい。本書は、テクニカル分析やCNBCなどのニュースソースから忙しなく取引する事を否定し、トレンドフォローについて述べられている。 「プロフェッショナルでいるということは、どんな気分でいたとしても自分の仕事をするということ」、「誰でも失敗を乗り越えなければならないが、成功するのはやり続けた人だ」、「読書に勤しまない人を1人たりとも見たことがない」などなど、投資に限らず、ビジネスをするにもその考え方は有用で活かせると思ったので紹介したい。 自己啓発本を読むより、良い金融関係の本を読むほうが良い。

ヘッジファンドについて。概要、歴史、モデル、主要ファンドなど

ヘッジファンドとは、プールファンドを利用したオルタナティブ投資で、投資家のためにアクティブリターン(アルファ)を得るために異なる戦略を採用している。ヘッジファンドは、高いリターン(特定の市場ベンチマークを超える)を生み出すことを目的として、国内外の市場において積極的に運用するためデリバティブ商品やレバレッジを活用したりする。 ヘッジファンドは、他のファンドよりも規制が緩いため、一般的には認定投資家しか利用できないことに注意することが重要である。ヘッジファンド業界を際立たせている一つの側面は、ヘッジファンドがミューチュアルファンドや他の投資ビークルよりも面倒な規制に直面しないという事実である。 キーワード ヘッジファンドは、認定投資家の顧客にアルファを生み出すため様々な戦略を採用するオルタナティブ投資である。通常の投資商品と比べて割高なのは、手数料体系が『2And20』で運用資産に2%と総利益の20%を手数料として取るからである。過去20年の間に例外的な成長曲線を描き、いくつかの論争と関連づけられてきた。

身近に使っているサービスで日本企業のプロダクトがほぼ無いことに気づく

自分の生活を振り返ってみた時、スマートフォンのアプリやラップトップに入っているソフトウェアを眺めると、日本企業のプロダクトがほぼ無いことに気づいた。 *本社が日本以外のサービスの事を指している。 GAFAの市場独占やプライバシー保護の問題が取り出される中、自分の生活を振り返るといかにアメリカのサービスに依存しているか分かる。これは、筆者だけではなく多くの日本人が同様なのではないかと思う。 GAFAとは、Google、Apple、Facebook、Amazonという巨大IT企業群の頭文字を取った総称。コミュニケーションや生活が、だいぶこれらの企業に抑えられていると感じるのではないだろうか。 日本企業に頑張って欲しいということ、自分も頑張りたいなと思ったことから、記事にするに至った。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -