ICOやIEOの次に流行るのはIFOなのか

結論から言えば、IFOはある条件を満たせば流行ると考えている。

ICOとIEO

ICOという言葉が一人歩きし、トークンエコノミーやコミュニティのような虚像がもてはやされた時期は過ぎ、IEOという言葉を聞くようになった。

軽く解説すると、ICOがInicial Coin Offeringとして一般投資家へ無尽蔵にオレオレトークンを売りさばくのに対し、IEOはInicial Exchange Offeringといい取引所が主体となって(販売やマーケティングを含む)トークンを販売するモデルである。

ICO、IEOは共に、何かを行いたいプロジェクトが資金の調達手段としてトークンを発行するものだ。ICOにおいて、暗号通貨を発行するだけなら原価は0なのでめちゃくちゃ儲かり(コイン発行分が売上で利益率はイかれてる)、やる気が無くなってトンズラする組織が多発した。

IEOは取引所が主体となって資金調達の『お手伝い』をするため、上場されず取引できない(購入したものの売れない)といったリスクは無く、より厳選されたトークンへ投資できるためにBinance(バイナンス)などの規制から逃れ自社トークンを発行していた海外の取引所で賑わいを見せていた。

基本的に、IEOは取引所トークンを所有していることが参加の条件である。

ICOよりはIEOの方がまだマシだと筆者は考えている。

それは、BinanceであればBNBトークンを勝手に作られた先物市場(BaseFEX)でショートすることで、IEOに参加するためロングしていたポジションをヘッジできることや、完全な詐欺プロジェクトはスクリーニングされた状態でリストされることが理由だ。

IFOとCoinFLEX

IEOもそのうち個人投資家からは飽きられるんだろうなと考えていたところ、新たなスキームが登場した。

それは、IFO(Initial Futures Offering)だ。

Initial Futures Offering、つまりは先物商品として先に値付けを行い、売買させてしまえというスキームである。

このIFOというモノは先物市場であるため、本来原資産となる現物がなければならないはず。しかしInitialと言うだけに、そもそも現物は市場で取引されていないのに先物商品が出てきた状態なのだ。

よく分からない。確かに、期日を決めユーザー間で差金決済取引をするだけで、先物と呼んでしまえるのかもしれないが。

Coindeskによれば、世界で初めてIFOを行うのは大手VCであるPolychain CapitalDigital Currency Group、ビットコインキャッシャーで有名なRoger Ver(ロジャー・バー)らが支援している『CoinFLEX』。

https://www.coindesk.com/polkadot-tokens-are-being-sold-in-a-coinflex-initial-futures-offering

CoinFLEXは、多くの日本人が愛するBinanceやOKEXといった現物取引所ではなく、セーシェル共和国で登記(運営?)されているデリバティブ取引所である。

Flex Coinという取引所トークンもちゃんと発行している。今年4月にオープンした非常に新しい暗号通貨の先物市場だ。

IFOの対象となるトークンは、PolkadotのDOT。75ドルから取引が開始されるようだ(購入する権利が75ドルから)。

Polkadot

PolkadotはCosmosと似たようなプロジェクトで、複数のブロックチェーンを相互運用できるようにし、経済圏をシームレスにする目的がある。イーサリアムの共同創業者であるGavin Wood氏が中心となって進める、Web3 Foundationの主要なプロジェクトの1つ。

現物が取引されていないのにもかかわらず、どのような根拠をもとに先物商品を売買するのか未だ不明であるが、IFOは新たに個人投資家を呼び込むスキームとして流行るかもしれない。

CoinFLEXではアメリカ、キューバ、イラン、シリア、スーダン、北朝鮮、アフガニスタンの居住者は取引が禁止されているが、一応日本人はできるっぽい。

アカウントを作成しPolkadotのIFOの参加方法を見てみたところ、75ドルで値付けされた根拠?のような数字が出てきた。一応、300人までしか参加できないようにキャップが定められていた(もう終了)。

速攻で売り切れているなど、DOTの人気度合いが伺える。

500 USDT + 1000 ‘locked’ FLEX Coin = 6.6666 Polkadot Futures.

Price per DOT.Fut : 75 USDT

ぶっちゃけ、上記の式を見ても何がDOTの値付けとして根拠となるのか全く分からない。それっぽい値段でつけてみたという感じだろうか。

CoinFLEX自体はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの先物市場として機能しているが、トークンのIFOだけは全く理解できなかった。

https://coinflex.trade.tt/workspaces/latest

現状、暗号通貨の先物市場としてはBitMEXの方が断然洗練されている印象を受けた。

結論と所感

まず、はじめにPolkadotのDOTがIFOとして売りに出されたわけだが、これまでのスキームと同様に、仕組みを理解できなくてもDOTが仮に値上がりし儲かった人が出れば流行ること間違いない。取引マイニングで配当とかいう酷いものも一時期流行ったものな。

今後の予想として、以下のようなトークンがIFOに出されるかもしれないと筆者は考えている。

  • Dfinity
  • Telegram
  • Blockstack
  • Filecoin

いずれも、適格投資家へ販売された非常にバリエーションの高いプロジェクトで、すでにトークンの引換券を所有している人(投資している人は売りたい)や、期待感を目にし購入したくなったユーザーが取引に参加しそうだと感じる。

*適格機関投資家(Qualified Institutional Investor; QII)は、金融商品取引法上の概念。「有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定める者」(金商法2条3項1号)。プロ私募やプロ私売出し、適格機関投資家等特例業務の定義などで用いられており、その結果、一般投資家に比べて関連する規制は緩やかである。「アマ」である一般投資家に対して「プロ」とも通称される。 また、適格機関投資家は当然に特定投資家である(金商法2条31項1号)。(Wikipedia

取引したいというニーズがあればプラットフォームはサービスを提供するので、ひとまずDOTで様子見といったところだろうか。

もちろん、先物市場なので購入、すなわちロングポジションをとっても送金はできないが。

BitPointのハッキング事件などを見ると、原資産だけコールドウォレットで所有しユーザーの入出金は法定通貨のみというデリバティブ取引所なんかの方が運営しやすそうだなと思ったこともあり、先物市場の動向を見守りたい。

関連リンク

Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味