2020-01-20 (月曜日)

有料の検索エンジンができないものかとボヤく…

- Advertisement -

知識の話ではないが、僕が寝る前に本を読んでいたら、ふと頭に思い浮かんでしまったの事について少し話したいと思う。

何の話かと言うと有料検索エンジンの話だ。

今の検索エンジンは、全て無料で使用する事ができる。これはGoogleとかYahooとかBingとかDuckDuckGoとかBaiduとか。

この無料検索エンジンの仕組みは、検索エンジンがコンテンツを読み込んで HTMLを解析しながら、それぞれの要素をデータベースに貯めて行って、キーワードが検索されたときに吐き出してる。

なので、何か検索されると、全てユーザーのもとに結果が表示される。

日々、検索エンジンは進化してるわけだが、それと同じぐらいのスピードでウェブサイトはできており、またコンテンツが膨大に生成されている。

いわゆるジャンク情報が大量にあるわけだ。

例えば、インターネット回線のことを検索したとしよう。そうすると、アフィリエイトが目的の中身のないサイトが大量に出てくる。しかも、それぞれのサイトというのは同じような事が書いてあって、自分が本当に知りたいことの情報にたどり着くまでに時間がかかってしまう。

これは当然で、上位表示されているサイトを見て、その構文や文体を真似するからだ。SEOの基本である。

実際僕もアフィリエイトはしてるのでなんとも言えないが、それでもジャンク情報がアリすぎるなという印象を持っている。

僕は、これを変えてほしいなと思った。お金で、これをどうにかできないかなと考えている。

例えば、有料検索エンジンのX社というものができたとしよう。

このX社は、承認されたパブリッシャー、いわゆるコンテンツを生成している側のことで、「この承認されたパブリッシャーから」の「承認されたコンテンツ」しか表示しないというアルゴリズムになっているものとする。

このパブリッシャーはまず、X社にお金を払う。

お金を払うと、X社はパブリッシャーがまともな情報を作っているのかを審査し、認められたらそのお金を受け取る。承認されなかったら、お金は返金されるものとする。

すると、確からしい情報を発信している媒体側が、お金を払ってX社にコンテンツを登録する事になる。これは例えば米ドルとかビットコインでX社にお金を払う形になる。

で、コンテンツを見るリーダー側もお金を払う。これも、毎月とか毎年とかそういった形で払っていく。そうすると、X社にはパブリッシャー側からのお金とリーダー側からのお金が貯まっていく。

リーダー側から集めたお金も含めて、X社は確からしいコンテンツが生成されているかどうかを解析する審査へお金をつぎ込んでいく。

で、売上から、例えば読まれている時間が長いコンテンツに対してお金をパブリッシャーにペイバックする。仮に登録料が10万円だとしても、リーダー側が欲しい情報を取得できて、解決できる文章であり、11万円以上の価値ある可読時間になれば、パブリッシャー側は資金的な面で儲けになる。

つまり、資金的な面だけでパブリッシャーのメリットはあるはず。かつ、お金を払ってX社に承認されパブリッシャーは、『承認マーク』をつけることができるものとする。

SSL化されたサイトで、SSL証明書を発行した証明元を記したマークがウェブサイトのフッターにあったりする。あれと同じようなことだ。

Via Onamae, サイトシールでWebサイトの信頼性をアピール

こうすると、検索エンジン側はユーザーからの直接課金でマネタイズができていて、パブリッシャー側はお金を払うことで確からしい情報源であると証明することができて、またちゃんと読まれるコンテンツが作られていればお金がペイバックされる。

で、リーダー側のコンテンツを見る人は、あらかじめお金をかけて精査された情報にいち早くたどり着くことができる。何か正しいだろうという情報であれば、お金を払ってでも見たい人はかなり多いと思う。

僕も、仮に月1万円とかでも、ちゃんと根拠があってまともな情報が検索できるサービスであれば絶対利用する。

そうするとどうなるかと言うと、正しい情報を見たい人ってのはちゃんとお金を払って、無料でもいい人は無料の検索エンジンを使うというように分かれる。

正しい情報を得たい課金する側のリーダーは、くだらない芸能人のゴシップニュースとか興味ないわけだ。なので、そもそも有料の検索エンジンのシステムを使って、コンテンツを見ている時にはそういったものを目にしなくていいわけ。

または無料に固執しているユーザーが見ているコンテンツのジャンク情報に惑わされなくてもいい。

無料ユーザーと有料ユーザーで棲み分けが出来るのだ。

また、リーダーは有料側で取った確からしい情報を要約して加工すれば、無料側のユーザーに情報を提供して、情報アービトラージできるかもしれない。著作権次第だが。

僕が寝る前に本を読みながらふと思いついたことなので、全然穴とかあるだろうし、成り立たないよなという批判もあると思う。

が、何か同じような事を考えている人がいれば、ぜひお話ししたいなと考えている。

ちなみにこのホワイトボード的なやつで書かれているのは持ち運びできるNuboordってやつ。僕は、撮影とかにお金かけたくないのと、どこでもできるっていうところを主眼に置いているので、これ買ってみた。

かなり快適だ。


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

犬や猫は孤独を癒やすのに優れているか?

経済成長が鈍化してきた現代社会は、人口の構成において変化が起きている。 特に高齢者の割合が増加しており、今後数十年間で大幅に増加すると予想されている。例えば、北米では現在、65歳以上の人口が14歳以下の人口を上回っている。これは日本も同様で、15歳未満の人口と65歳以上の人口を比較すると、高齢者の方が2倍以上多いことが内閣府の発表で明らかになった。 高齢化の現状 高齢者人口が増えるなかで重要な事実は、1人暮らしの人が相当数いることである。パートナーが死別したり、離婚してたり、結婚しているが配偶者と別居していたり、独身であったりと理由は様々だ。典型的に、これらの高齢者は独り身のままで、1人暮らしを続ける傾向にある。

太りやすい人におけるダイエットの最も効果的な運動とは?

最新研究によると、定期的なジョギングは減量に最適な運動だという。 ジョギングは、肥満のリスクを高める遺伝子を持つ人で特に有効であるという調査結果が出たようだ。 肥満体質の人は少し食べただけでも太る傾向があり、これは遺伝的問題のため簡単な解決が難しい。 肥満に対する遺伝的要素と戦うのに適した、ジョギング以外の運動は次の通りである。 ウォーキングワルツ、タンゴ、フォックストロット、クイックステップなどの公式なダンス登山時間をかけて行うヨガ

ICOやIEOの次に流行るのはIFOなのか

結論から言えば、IFOはある条件を満たせば流行ると考えている。 ICOとIEO ICOという言葉が一人歩きし、トークンエコノミーやコミュニティのような虚像がもてはやされた時期は過ぎ、IEOという言葉を聞くようになった。 軽く解説すると、ICOがInicial Coin Offeringとして一般投資家へ無尽蔵にオレオレトークンを売りさばくのに対し、IEOはInicial Exchange Offeringといい取引所が主体となって(販売やマーケティングを含む)トークンを販売するモデルである。

セックスが楽しいのはなぜか?モデリングと身体や脳への影響などについて

生殖器はセックスにおける重要な部分であるが、セックスから生まれる快感は多くの身体の部分と関連している。快楽を伴うセックスは脳に大きく依存しており、脳は性的快楽を支えるホルモンを放出し、刺激を快楽と解釈する。 2016年のある研究では、脳が最も重要な生殖器官である可能性が示唆されている。著者は、オーガズムは脳内で催眠のような状態を引き起こす可能性があり、感覚認知の亢進状態(こうしんじょうたい)であることを発見した。 本記事では、セックスが身体と脳に及ぼす影響と、これらの影響がセックスをどのように感じさせるかを検討した。また、なぜセックスがうまくいかないのかについても考察している。 セックスがもたらす身体への影響

幸福感に関連する脳内物質の『ドーパミンとセロトニン』を説明する

人は、気分や感情の調節を行うことから、ドーパミンとセロトニンを「幸せホルモン」と呼ぶことがある。 また、これらの脳内物質は気分の落ち込みや「うつ病」など、いくつかの精神疾患にも関与している。 ドーパミンとセロトニンは似たような身体効果に関与しているが、それぞれ作用は異なる。脳内物質の不均衡は、本来治療を必要とする状態に誤った処方してしまう可能性があるので注意が必要だ。 この記事では、ドーパミンとセロトニンの違い、その関係性、健康状態との関連性について解説していく。 ドーパミンとは何か

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -