2020-01-20 (月曜日)

偽情報が脳をハックする方法と騙されないためのコツ

- Advertisement -

デジタル化された現代社会は、我々の偽情報(フェイクニュース)に対する脆弱性を高めた。

しかし、脳の弱点を認識することで、耐性をつけることはできる。

約3年前、エドガー・ウェルチという『ピザゲート』を信じていた人物は、次のようなメッセージを友人へ送っている。

「児童性愛のネットワークを襲撃する。多くの命を救うために、何人かの命を犠牲にするかもしれない。赤ん坊や子どもたちを誘拐し、拷問し、レイプするようなことが俺たちの身近で起こっている。その腐ったシステムに対して立ち上がるんだ。次世代の子どもたち、我らの子どもたちを、こんな邪悪な目にあうことから守るんだ」

コメット・ピンポン
児童性的虐待に関わっているとされたピザ店、コメット・ピンポン英語版)。Farragutful [CC BY-SA]

2日後、ウェルチはワシントンD.C.に向かい、ホワイトハウスから北西7キロほどの交差点に面したピザレストラン『コメット・ピンポン』に到着。この時、軍用のM16自動小銃(AR-15)の銃口を下に向けて胸に抱えつつ、38口径のリボルバーを腰のホルスターに差し、店内へ入った。

「ピザゲート」とは、児童性愛の地下組織が首都ワシントン近郊のピザレストラン「コメット・ピンポン」を拠点に活動しており、そこに民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントン氏が関与している、とネット上に拡散していた出所不明の陰謀論だ。

AR-15
AR-15, Via : https://flic.kr/p/9iucur

ウェルチは店内で、『ピザゲート』の証拠となる「子どもたちが閉じ込められた秘密の部屋」を探す。そして、鍵のかかった部屋を見つけると、ドアに向けて自動小銃を発射する。

だが、その部屋には誰もいなかった。

ウェルチは3時半前には店内に武器を捨て、両手を上に掲げて正面入り口から投降する。

逮捕後の供述で、ウェルチ氏は、「ピザゲート」のニュースをインターネットやラジオ、さらに知人の話で知り、自分の手で調査しようと思った、と話している。

ウェルチが逮捕されてから3年たったが、情報はさらに溢れ、テクノロジーは進化し、より詳細な虚偽情報を描き出せるようになっている。

大胆な犯行を実行しただけで、エドガー・ウェルチと他の人はさして変わらない。

例えば、繰り返し偽の主張を受けた時の事を想像してみよう。

最近の研究で、Jonas De keersmaecker(ジョナス・デ・キースマッカー)氏率いる研究チームは、『知的』かつ『分析的』で、『曖昧な事が気にいらない』ような人でも、繰り返し同じ主張を聞かされると、説得力ある言葉だと感じることを発見した。

「錯覚による真実の効果」として知られるこの現象は、1970年代に初めて報告されたもの。フェイクニュースであふれる現代社会では、かつてないほど重要である。

ドナルド・トランプ大統領が頭に浮かぶ人がいることと思う。トランプ氏は、この種の嘘をたくさんつく人物である。ワシントン・ポストは最近、「トランプ氏が同じ主張のバリエーションを、少なくとも3回繰り返した350以上の事例がある」と報告した。

オンライン空間の増大は、偽情報の拡散性と同様の事例を目にする可能性をさらに高める。虚の主張を繰り返すと、即座に世界へ広がるからだ。

さらに重要なのは、虚偽の主張をしている人は、公の場やニュースで主張に伴う圧力(潜在的な法的影響)を避けながら、その主張を続けていることである。

心理学者によると、同じ主張を繰り返すと真実であるように見えるのは、その『流暢さ』であり、流暢さは、情報を処理する際の認知で『容易さ』を意味するよう。

最近の研究レビューで、ハーバード大学のNadia M.Brashier(ナディア・M・ブラシエル)氏とデューク大学のElizabeth J.Marsh(エリザベス・J・マーシュ)氏は、人間が真実の判断を誤る2つの理由を明らかにした。

流暢さと、その流暢さが生み出す良い感情へ密接に関連するものは、『記憶』だ。我々の記憶に蓄積された情報や経験は、真実を求める戦いにおいて強力な武器となる。

しかし、記憶は手掛かりとして機能し、よく考えた判断をするための『素材』でしかない。言い換えれば、私たちは『十分そうな選択肢』を選ぶ傾向にある。

さらに、我々は自分が関心を持っている問題について、知識や理解を過大評価する『錯覚』の犠牲になることもある。調査によると、自分の能力を過大視すると、極端な信念を持ち、フェイクニュースを真実として受け入れる傾向が強くなるという。

残念なことに、SNSや運営者不明のブログなどは、我々の記憶や思考力を弱くし、真実を判断する能力を弱体化させているかもしれない。Brashier氏とMarsh氏は、「検索アルゴリズムは、真実でなくキーワードに基づいてリクエスト(コンテンツ)を返すからだ。

Brashier氏とMarsh氏はまた、人間の脳とデジタル環境の間で起こる、基本的なミスマッチについても指摘している。これは特に視覚情報に当てはまるという。

真実を判断するための手がかりと同様に、これは他の状況では便利で役に立つ適応力だ。

つまり、人間は何千年もの間、『感覚を信頼できる環境』で生きてきた。しかし今、我々は新しいエコシステムの中で生活している。

ある情報源によると、近いうちに人間は〈真実を伝えるメディア〉よりも〈偽情報のメディア〉を多く消費するようになるとのこと。このような偽情報へ対処するには、脳の能力が十分でない。

『何かできることはないだろうか』、といっても難しい。単純な事実確認を要求するだけでは、十分でないからだ。

ただし、希望はある。脆弱性を認識すると、その脆弱性を念頭に置いて行動できる。

デューク大学のEmmaline Drew Eliseev氏、Brashier氏、Marsh氏は、研究参加者に事実をチェックするよう促すだけで、『錯覚による真実の影響を払拭できる』ことを発見した。

また、最も興味深い解決策の1つはコラボレーションがある。

Ziv Epstein氏(MIT)、Gordon Pennycook氏(リジャイナ大学 )、David G.Rand氏(MIT)は、ニュースソースの信頼性に関するクラウドソースの判断が、驚くほど正確であることを発見した。

彼らは、ソーシャルメディアのユーザーがアルゴリズムでトレーニングし、スケーラブルで分散型のソリューションとしてフェイクニュースを発見できるよう提案している。

友人からの警告を無視し、エドガー・ウェルチは1人で犯行を行った。おそらく、我々全員が脳の脆弱性を認識していれば、同じ過ちを犯すことはないだろう。

Judging Truthの概要

フェイクニュース、広告、政治活動、噂など、虚偽の主張が私たちを取り囲んでいます。人々は、何を信じるべきか、どのように知れば良いのでしょうか?

真実の判断は、基準率、感情、記憶から取得した情報との一貫性という、3種類の情報から得られた推論を反映しています。

  • 第1に、人々は私たちの環境でほとんどの主張が真実であるため、入ってくる情報を受け入れるバイアスを示します。
  • 第2に、人々は、処理の容易さのような感情を、真実の証拠として解釈します。
  • 第3に、人々は(常にではないが)、記憶に保存されている事実とソース情報に一致するかどうかを考慮します。

この3つの部分からなるフレームワークは、特定の幻想(例:真実性、幻想的真実)を予測し、頑固な誤解を修正する方法を提供し、虚偽が真実よりもさらに速く移動する世界で収束する、キッカケの重要性を提案します。

参照:Scientific American新聞紙学的


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

仕事は仕組み化してシンプルに考え実行するべきだ。無印良品会長である松井忠三氏の著書「無印良品は仕組みが9割 」を紹介

一時不振にあえいだ無印良品を立て直した、良品計画株式会社で会長を務める松井忠三氏の著書『無印良品は仕組みが9割 』を読んだので、知見の共有にまとめておく。 「仕事はシンプルにやること」の重要性が書かれており、複雑化したシステムや会社は立ち行かなくなるという教訓を得ることができた。 概要 ナチュラルをテーマにブランドを展開し軌道に乗っていた無印良品は、競合が台頭してきたことで業績は悪化し、大赤字(38億円)となっていた。

Macbook Proカスタムモデルが手元に届くまでの日数を公開

Macbook Proのカスタマイズモデルを購入したので、注文が完了してから実際手元に届くまで、どのくらい時間がかかったかか公開する。 これにより、同じようにカスタムモデルを購入した人の参考になれば幸いだ。 注文 6月30日

セックスが楽しいのはなぜか?モデリングと身体や脳への影響などについて

生殖器はセックスにおける重要な部分であるが、セックスから生まれる快感は多くの身体の部分と関連している。快楽を伴うセックスは脳に大きく依存しており、脳は性的快楽を支えるホルモンを放出し、刺激を快楽と解釈する。 2016年のある研究では、脳が最も重要な生殖器官である可能性が示唆されている。著者は、オーガズムは脳内で催眠のような状態を引き起こす可能性があり、感覚認知の亢進状態(こうしんじょうたい)であることを発見した。 本記事では、セックスが身体と脳に及ぼす影響と、これらの影響がセックスをどのように感じさせるかを検討した。また、なぜセックスがうまくいかないのかについても考察している。 セックスがもたらす身体への影響

猫組長著『アンダー・プロトコル 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学』で印象的だった文言

Kindleのセールで安くなっていたので、猫組長氏の書籍『アンダー・プロトコル 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学』を購入してみた。 本の内容は、著者が投資を始めたきっかけから商売を行っていく様子、他人資本を入れてレバレッジ取引していく様子、バブル崩壊で借金を追う様子、債権者のうち1人であった人に金を返すため暴力団に入る様子、石油ビジネスを行っていく様子、プールさせていたオフショア銀行にテロリストの資金が入り凍結された様子、などが書かれている。 本を読んだ感想としては、猫組長は非常に合理的で頭が良い人だというところ。商売が非常にうまい。経済合理性を追求した金融市場で生きている人物だけあって、あまり無駄が無い。 表の世界でも事業を普通に成功させ、裏の世界でも巨額の資金を扱っていた著者の本は、読んで見る価値があると思う。 本の中で印象的だった文言があるので、記述しておく。自分なりに咀嚼して貰えればと思う。

ウェブサイトの簡易モニタリングは『updown.io』がコスパ最強

サイトやアプリといったウェブサービスを運営している場合、常に稼働しているかどうかは非常に重要だ。しかし、『利用者の事を考え1秒たりともダウンさせたくないという考え』と、『なるべくランニングコストは落としたい』という二項対立で悩まされることになる。 CloudflareやCloudfront、Fastly、AkamaiといったCDNサービスを利用することでキャッシュをためておいたりという施策はあるが、万が一ダウンした時、即座に復旧できる体制は大切。 https://keisukekuribara.com/cloudflare-free-cdn-domain-manage/ そこで、AWS環境で動作している場合はAmazon CloudWatchなどのモニタリング&アラートサービスを利用するのが一般的となっている。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -