Macで動画ファイル「movやmp4」を「gif」に即変換する方法

動画を画像として表現したい場面。

そんなときは、Gifへ変換すると便利ですよね。

ちなみに、読み方は『ジフ』です(ギフの方もいるので、どちらでも伝わると思う)。

動画編集ソフトやアプリ、ウェブサービスを使うのも良いですが、より手軽かつ簡単に行えれば、それに越したことはありません。

僕は以前、Googleで次のように検索し、適当にいずれかのサービスを利用していました。

「mov to gif」

しかし、毎回検索するのも面倒です。

あるとき『FFmpeg』というツールを知ってから、Gifを利用することが増えました。

では、使い方を説明していきます。

Macでmovやmp4をGifにする

例では、画面キャプチャーしたMovファイルをGifへ変換させてみます。

Macの記事なんで、Appleのサイトにしておきましょう。

動画をキャプチャーすると、僕の場合はデスクトップへ保存されるので、以下のようになります。

では、「screenshot 2020-05-17 9.42.36.mov」をコマンドラインで変換処理させていきます。

FFmpegをインストール

まず、『FFmpeg』をインストールします。

terminalから、以下の文字列をコピー&ペーストしてください。

brew install ffmpeg

↓こんな感じです。

変換処理する

『FFmpeg』をインストールできたら、以下のコマンドを入力するだけ。

ffmpeg -i [変換元movファイル] -r 24 [変換後gifファイル]

つまり、今回の場合は以下のようになります。

ffmpeg -i /Users/keisukekuribara/Desktop/screenshot\ 2020-05-17\ 9.42.36.mov -r 24 /Users/keisukekuribara/Desktop/screenshot\ 2020-05-17\ 9.42.36.gif

処理している様子をGifにしてみました。

ファイルのディレクトリをいちいち入力するのは面倒な場合、Finderからドラッグ・アンド・ドロップすると楽です。

んで、movファイルのディレクトリをコピーし、末尾の拡張子をgifにすると。

先程キャプチャした、Appleウェブサイトの動画をGifにするとこんな感じ。

動画をGifへ変換すると、次のようなケースで役立つと思います。

  • 動画をそのままアップロードすると重い時
  • 画像しかアップロードできない時

具体的には、

  • ウェブサイト
  • ブログ
  • note
  • ヘルプデスク
  • ナレッジ(マニュアル)
  • Docs

などで活躍するはず。

動画プレイヤーはブラウザで表示が異なるケースもあるので、ウェブサイトでの表現向上に役立てれば嬉しいです!

僕は『notion』というサービスを多用しているのですが、動画がアップロード不可であったため、FFmpegにマジ感謝しています。

notionは、Trelloとメモサービスを組み合わせたようなもので、

  • ドキュメント
  • ToDo
  • ナレッジベース
  • プロジェクト管理
  • ヘルプデスク

とか無限に使いみちがある神ツールです。

後で、使い方でも紹介しようと思います。

追記(2020/05/26)

脆弱性修正のアップデートが配信されました。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1254535.html

以下のコマンドでアップデート可能です。

brew update && brew upgrade ffmpeg
Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味 / キーワード:WordPress、Shopify、Googleマーケティングプラットフォーム、Facebook・Google広告、iPaaS