2020-01-18 (土曜日)

睡眠中に記憶が安定するまでの新たな発見

- Advertisement -クリブログ

Center for Interdisciplinary Research in Biology(CNRS:フランス国立保健医学研究所とINSERM:フランス国立科学研究センター)の研究者たちは、文献で何十年も記述されてきたように、睡眠中に発するデルタ波は、皮質が静止している一般的な無意識状態ではないことを示している。

代わりに、長期記憶形成に重要な役割を果たすニューロンの集合体を単離するものだという。

この調査結果は、2019年10月18日にScienceへ掲載されたものである。

私たちが眠っている間、海馬は起きている間と同様の活動を起こすことによって、自発的に再活性化する。大脳皮質に情報を送り、皮質が反応する形だ。

Via:「脳波」と「行動」で考える睡眠の定義

この後に『デルタ波(脳波の周波数が1~4Hz)』と呼ばれる無意識状態が続き、次に 『睡眠紡錘派(脳波が12~14Hzの波)』と呼ばれるリズミカルな活動が続く。これは、皮質回路が再編成され記憶を形成するときである。

しかし、新しい記憶の形成におけるデルタ波の役割は、依然として謎だ。なぜ、無意識状態が、海馬と皮質の間での情報交換や、皮質の機能的再構成を妨げるのか分かってない。

この研究の著者らは、デルタ波の発生時に何が起こるかをより詳しく調べた。

驚いたことに、大脳皮質は完全に無意識でなく、少数のニューロンが活性化されたまま集合体を形成すること、すなわち情報をコードする小さな共活性集合体を形成することが発見された。

この予想外の発見は、他すべてのニューロンが静止しているときに活性化する、少数のニューロンが起こりうる障害から保護されながらも、重要な計算を実行で可能であると示唆している。

また、この研究の発見はさらに進んでいた。

海馬の自発的な再活性化は、デルタ波の間にどの皮質ニューロンが活性のままであるかを決定し、2つの脳構造間の情報伝達を明らかにした。さらに、デルタ波の間で活性化される集合体は、日中の空間記憶の学習に参加したニューロンから形成される。

これらの要素を総合すると、上述したプロセスが記憶の統合に関与していることが示唆される。これを証明するため、ラットに人工的なデルタ波を与えて、海馬の再活性化に関与するニューロンとランダムなニューロンを単離した。

結果、正規のニューロンが分離されると、ラットは記憶を安定させ、翌日の空間テストに成功した。

この結果は、皮質の理解を大きく変えるだろう。

したがって、デルタ波はニューロン集合体を選択的に分離する手段であり、海馬と皮質の対話と皮質回路の再構成の間に重要な情報を送り、長期記憶を形成するということだ。

参照:sciencedaily


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

自尊心と良好な人間関係について、13ヶ国53の研究で明らかになったこと

「あなたは、自分が価値のある人間だと感じていますか?自分自身に満足していますか?」 この言葉は、自尊心のレベルを測定しようとする研究者から聞かれる、質問の一例である。 人生経験の中で、自分をより良い気分にしてくれるものはたくさんある。ポジティブな思考と良好な社会的関係を持つことは、そのうちの1つだ。 友人、両親、パートナーと親密で満足のいく関係を築けば、自尊心は高まるのだろうか。自尊心には、何か独自の力があるのだろか。 ここで、1つの事実をお伝えする。自尊心が高ければ、社会関係の質が向上するということだ。

BitMEXで流出したメールアドレスのプロバイダー割合。Gmailは約61%

日本時間で2019年11月1日、暗号通貨(仮想通貨)のデリバティブ取引専門ブローカーであるBitMEXが、顧客へのアナウンスをする際、CCで送るというミスを犯した。 https://twitter.com/BitMEXdotcom/status/1190176233281114113?s=20 そして、BitMEX側も顧客メールアドレスが流出したことを認め、原因追求に務める事を報告している。 実際、筆者の元にも大量のメールアドレスが送信されてきており、「あ〜、MEXやっちまったな」という感想しかない。

Route53のネームサーバー変更でつまずいた。Route53取得ドメインをCloudflareで管理する

Amazon AWSが提供しているドメインレジストラー&DNSサービスのRoute53で、ネームサーバーを変更するときに少しつまずいたので記録しておく。 お名前ドットコムやムームードメイン、Namecheap、Godaddy、Gandiなどのドメインサービスでは、ドメインを管理しているDNS設定でネームサーバーを変更できる。 しかし、Route53のDNS管理からネームサーバーを変更しようとしてもなかなか名前解決されず、数日間無駄にしてしまったので同じ事でつまずく人がいないように記しておくことにした。 僕がつまずいたのは、取得したドメインで作成されたホストゾーンでネームサーバーを変更していたためだった。

Macbookが熱く遅くなる現象に対応する3つの手段

筆者はMacbook Proを使用しており、複数のブラウザで複数のタブを開き、テキストエディタやSpotify、Slack、Discord、Terminalなどを稼働させていることが多い。 こういった使い方をしていると、本体の温度が非常に高くなり、キーボードへ触れるのも嫌になることが度々あった。 本体の温度が上がると、人体への影響だけでなく、処理性能が落ちるなど作業自体にも大きな影響が出てしまう。 我がMacを守らなければならない

【海外法人】Stripe Atrasという米国デラウェア州法人を設立できるサービスの紹介、規制回避と節税効果を狙える?

IT関係に従事していない方はご存じないかもしれないが、決済プロバイダーで最大手の米Stripe社は様々なサービスの裏側で稼働しており、今日無くてはならない存在となっている。 実際、Kickstarter、Booking.com、DocuSign、Nextdoor、Shopify、Salesforce、Lyftといったグローバル企業の決済はStripeを通じて行われている。 プログラムによってバックエンドで動作しているため、一般消費者は知らない方が当然。しかし、とりあえず、すごい企業であることがお分かりいただけると思う。 Stripeは、執筆時点で最新の評価額は90億ドル、約1000億円だ。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -