Designed item on Suzuri 👔

ユニクロのレジには店員がいない!「レジ待ち」が無い買い物の秘密はRFIDタグにある

五反田ユニクロのレジには店員がいない?全自動化された最先端店舗がすごいオピニオン
この記事は約3分で読めます。

*引用シェア歓迎です。リンクを記載し自由にご使用ください

先日、五反田のユニクロ(Uniqlo)で買い物をしたのだが、店員が処理するレジのない最先端店舗だったので、是非紹介したい。

会計という事務的作業を常にサクッと終わらせたい僕は、非常に感動した。クレジットカードの明細にサインを書いたり、店員さんが袋詰めする時間を待たなくても良いのだ。

ユニクロ 五反田TOC
ユニクロ五反田TOC店の外観

レジ

会計をしようとレジに行ったところ、よくあるレジカウンターは一切なく、以下画像のようなセルフレジのみとなっていた。

僕は、現金決済でタラタラしている人や、店員さんと無駄話を始める人にイラついたりするので、これは非常にありがたい。

ユニクロ レジ
シンプルなレジ

会計は非常にシンプルかつ簡単で、商品の入ったカゴを乗せるだけ。商品にRFID(電子タグ)がついており、それをセルフレジのセンサーが読み取っているのだろう。

RFID(Radio Frequency Identification)タグとは、電波を用いてタグのID情報を非接触で読み取るシステム。Suicaよりも電波が遠くに届き、複数商品を一括で読み取れるなど非常に高度なものとなっている。RFIDタグを採用することで、以前は1点1点バーコードで読み取っていた手法を、一瞬で複数点を読み取ることができるようになっている。

ユニクロ レジ

いまままで店員さんが行っていた商品の梱包(袋詰め)は、顧客である自身が行う。どうせ自宅へ帰宅したらすぐに開けて洗濯するか棚にしまうので、自身の裁量で行えるところは非常にありがたい。

ユニクロ レジ

自分のペースで店舗でも決済できるようになっており、最高な購買体験だった。

購入した商品

オンでもオフでも使用できそうかつ非常に軽量で、夏に丁度よいEZYアンクルパンツ(ウールライク)を購入した。

1990円(税抜き)と、コストパフォマンスはとても高い。シャツとジャケットを着ればフォーマルな雰囲気になるし、ポロシャツやTシャツを着ればキレイなオフカジュアルだ。

足元は、ローカットのシンプルなスニーカーが良いだろう。

僕のオススメはAif Force1(エアフォース1Stan Smith(スタンスミスVans Old Skool(オールドスクールPuma Suede(スウェードなどの定番カラー。

場所

五反田駅からは少し離れるが(徒歩10分程度だったか)、無料バスも出ているようなので足が悪かったりする方や歩きたくない方も大丈夫だと思う。

〒141-0031
東京都品川区西五反田7丁目22−17

営業時間

曜日時間
日曜日10:00 – 20:00
月曜日10:00 – 20:00
火曜日10:00 – 20:00
水曜日10:00 – 20:00
木曜日10:00 – 20:00
金曜日10:00 – 20:00
土曜日10:00 – 20:00

東京最大規模のユニクロらしいので、小さい店舗では置いていない商品もあったりと面白いはず(限定商品はUniqlo U、コラボ商品など)。

全店舗でセルフレジが導入されることを期待したい!

よければ、テクノロジーがファッション業界をどのように変革させるのか、というレポートもブログにしているので是非読んでほしい↓