Google女性幹部のキャリアへ大きな影響を与えた本

この記事は約3分で読めます。

Annie Jean-Baptiste氏は、Googleのプロダクトインクルージョン責任者として、提供する製品とサービスが多様なユーザーを包含し、反映するものとなるよう取り組んでいる人物だ。

31歳のAnnie氏は、9年前にGoogleへ入社して以来、アカウント・マネージャーや多様性プログラム・マネージャーを歴任した後、2年前から現在の役職に就いている。

Annie氏はキャリアに最も大きな影響を与えた本について考えた時、Adam Grant(アダム・グラント)氏の『Originals: How Non-Conformists Move the World(ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代)』が思い浮かぶと言う。

彼女は、CNBCへ次のように述べている。

「新しい未知の領域へいるときのことを考えると、0から何か始めた人や、最初は全く理解されなかった人について知ると面白いと思います。彼らがどのようにして批判的な意見を乗り越え、何かを形成していくのか見るのは非常に興味深いです」

Annie Jean-Baptiste

この本はグラント氏のベストセラーであり、データを使い、独創的なアイデアを実現するため何が必要かを読者に示している。

グラント氏は2016年、CNBCの「On the Money」で、「多くの独創的な人々はリスクを冒すことを嫌う」と話した。

例えば、データを見ると、「”自分の仕事を続けるつもりだ”と言ってリスクを回避する起業家は、意外と失敗する可能性が33%少ない」とグラント氏は述べる。

この本は、起業家精神に焦点を当てた読み物と受け取られるかもしれない。しかし、Annie氏のGoogleでの役職が数年前は存在していなかったことを考慮すれば、0から何かを構築するという考えに関連している可能性がある。

インクルージョン、つまり「製品の包含」には、ビジネス、製品、多様性といった要素が含まれており、Annie氏はこれらすべての分野で働いてきた経験がある。

「これは、私が幸運にもGoogleで学べた多くの仕事の集大成です」

Annie氏のチームは2年間で、Google Assistant、GmailのSmart Compose機能、GoogleのPixel Cameraなどをローンチした。Google Assistantを開発した際、ユーザーと双方向の会話ができる人工知能を利用した仮想アシスタントであるため、リリース前に人種やジェンダーに配慮した言語へ対応しているかどうかをテストするため、たゆまぬ努力をしたという。

Google アシスタント|それ、Google にやらせよう。 篇 90秒

GmailのSmart Composeも同様にサービスをテストし、予測テキスト機能がネガティブなメッセージや不快なメッセージを作らないことを確認した。

また、GoogleのPixel Cameraをテストした時は、レンズが肌のトーンをすべて正確に反映していることを確認したという。

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代は、『本性』としてリスクを回避しようとする『ふつうの人々』が、ふつうの人だからこそ流れに逆らう不安や恐怖をはねのけ、『オリジナルな何か』を実現させるためのさまざまなヒントを数多く含んでいる。

デビュー作である『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』は31カ国語で翻訳され、全世界で大ベストセラーとなり、続く『ORIGINALS』も『ニューヨーク・タイムズ』紙でビジネス書の売上第1位を獲得している。

ぜひ、手にとって見てはいかがだろうか。

参照:cnbcWOMEN OF SILICON VALLEY

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント