Googleドキュメントを使い画像やPDFを爆速でテキスト化する方法

Googleドキュメント

Googleはマジですごい。

Googleのオフィス系サービス(ドキュメント、スプレッドシート、スライド、その他)のレベルがどんどん上がっており、ほとんど全てがオンラインで完結するようになっている。

先日、書評を書く際に必要なKindle書籍のスクリーンショットを文字化するためGoogle Docsを使用したのだが、これが便利すぎてヤバかった。

取得したスクリーンショットをPCからGoogleドライブへアップロードし、画像をGoogleドキュメントで開くだけ。

この記事で、その使い方を紹介したい。

1.画像をGoogleドライブへ取り込む

筆者はAmazonのFireタブレットで読書しているので、スクリーンショットはAmazon Photosへ保存される。Amazon PhotosをMacと同期して、対象の画像ファイルをGoogleドライブへドラッグアンドドロップした。

Fireタブレットのレビューはこちら↓

2.画像をアプリ(Googleドキュメント)で開く

テキスト化したい画像やPDFを、右クリックから『アプリで開く』⇒『Googleドキュメント』を選択する。

3.読み取り完了まで1分程待つ

↓のような画面が表示されたら、Googleが画像を解析してテキストを抽出、文字化しているので、しばし待つ。

4.完了

画像がGoogleドキュメントで開かれたら、文字化は完了している。

ページの上に画像が、下に文字が抽出され表示されているはずだ。

  • 文字の大きさ
  • 行間
  • スタイル
  • 改行

などを自分で軽く手直しすれば、Googleに読み込ませるだけで画像をドキュメント化できてしまう。

データを取得されることは分かっていても、それ以上に利点があるので、Google製品は積極的に使ったほうが良い。

本記事でドキュメント化した書籍は、こちら↓

ブログにもしているので、チェックしてみてほしい↓

ちなみに、Chromebookを購入すると追加のストレージがもらえる。このため、仕事でGoogleのソフトウェアを主に使う人は、セキュリティ上の問題も極めて小さいことからChromebookを使用すると良いと思う。

安い端末を購入すると後悔すること間違いないので、Chromebookでも『マトモ』な性能を持つPCが良い。

情報をGoogleへ取得されるのが嫌な人は、Blockstackに基づくドキュメントサービス『Graphite』を使用すると良いかもしれない。Blockstackは、分散型のネットワークのため情報は個人で管理するネットワークだ↓

参照:

Total
2
Shares
You May Also Like
続きを読む

チャット型マーケティングサービス『Drift』をウェブサイトへ導入し、ユーザーとの交流を図ろう

ウェブサイトに訪れてくれた顧客へ、チャット型ウィジェットを導入してコミュケーションを図るケースが増えている。 チャットでコミュケーションを取ることはユーザーと事業者の双方へメリットがあり、 「事業者」⇒形式張った面倒な文…