2020-01-20 (月曜日)

シカゴで元旦から娯楽用大麻解禁のゴングが鳴り響く

- Advertisement -

2020年1月1日、イリノイ州は娯楽用大麻(マリファナ)の合法的な売買を認めることで、その他10州とコロンビア特別区の仲間に加わることとなる。

6月、イリノイ州は民主党のJ.B. Pritzker(ジェイ・プリツカー)知事が、1月1日から州民や訪問者が認可薬局で大麻を購入可能となる法案に署名した後、娯楽用大麻を合法化した11番目の州となった。

J. B. Pritzker知事 Via https://flic.kr/p/26xfqHG

大麻愛好家やマリファナに興味がある人は、州内の認可された薬局に集まることが予想され、そのほとんどはシカゴやシカゴ郊外にある。

シカゴに本拠を置く大麻企業のCresco Labsは、イリノイ州の従業員約530人を対象に、好奇心旺盛な顧客が急増するのを見越し、初心者教育のトレーニングを数週間かけて実施したという。

同社はシカゴ郊外で複数店舗を所有しており、プレロールジョイント、Vape、濃縮液、食品(エディンブル)などの製品を揃えている。ウェブサイトを見てみると、価格は通常15〜80ドルの間になっている。

Cresco Labs
Cresco Labs

Cresco Labsの広報担当であるJason Erkes(ジェイソン・アークス)氏はCNBCに対し、「興奮のレベルは、iPhoneやJordanのリリースをはるかに上回るものだった」と述べている。

新法の下では、21歳以上の成人が、大麻の花を30グラム、500ミリグラムまでのTHC製品、5グラムの大麻濃縮物を所有できる。州を訪れる人々(観光客など)は15グラムまで大麻を購入できるが、州を越えて輸送することはできない。

州法によれば、大麻は個人用の住居と喫煙所でのみ喫煙できるそうだ。

大麻の販売へ課税する新法は、州や国に巨額の収益をもたらすと予想される。

大麻の購入は、THC含有量に基づいて課税される。

THC含有量が35%以下の大麻には10%、THC含有量が35%以上の大麻には25%、THC製品には20%の税金が課される。

コンサルティングファームであるFreedmanKoskiは、大麻産業が毎年4億4,000万〜6億6700万ドル(約470〜720億円)の税収を州にもたらすだろうと予想している。

シカゴだけでも、娯楽用大麻からの税収は2020年に350万ドル(約3.8億円)へ達すると見込まれる。

Cresco Labs
Cresco Labs

同法はまた、大麻関連の軽犯罪で有罪判決を受けた人の記録を廃棄することも認めている。これは、打撃を受けた人たちを救済することを目的とした大麻関連法案では、かなり一般的なものとなっている。

主に、有色人種、特にアフリカ系(黒人)とヒスパニック系(中南米)のアメリカ人はドラッグ関係で有罪判決を受けるケースが多い。よって、これは人種差別だとして問題となっているのだ。一度有罪判決を受けると、その後の人生に大きな影響を受ける。

しかし、州法が有色人種のコミュニティに与えた影響を是正し、予算の問題を解決すると、誰もが確信しているわけではないそうだ。

マリファナ

大麻合法化反対運動の先頭に立ったアドボカシー団体 『Smart Approaches to Marijuana(マリファナへのスマートアプローチ)』 の代表であるKevin Sabet(ケビン・サベト)氏は、推定税収には大麻を使用した人が起こす交通事故や生産性低下の可能性など、他の可能性を考慮に入れていないと述べている。

サベト氏は、CNBCのインタビューで、大麻合法化は「社会正義と関係なく、お金を稼ぎたい企業のためにある」と批判した。

シカゴの町並み。Via https://flic.kr/p/21NX6kk

大麻を肯定している団体の意見も紹介する。

大麻の矛盾を明確にし、成人年齢による責任を追及した医療大麻の利用に生じる犯罪者としての矛盾したシステムを無くそうとする米国無利益団体である『NORML』のPaul Armentano(ポール・アルメンターノ)副理事長は、以下のように語っている。

「イリノイ州の議員たちは、世論と公平性と社会正義の原則に従った包括的な立法改革を行ったことで称賛されるべきだ。現在、推定で4人に1人のアメリカ人が、大麻が合法的に規制されている管轄区域に住んでおり、2020年には他の州もこれに続くと予想している」

さあ、シカゴへ行こう。

参照:CNBC


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

シカゴで元旦から娯楽用大麻解禁のゴングが鳴り響く

2020年1月1日、イリノイ州は娯楽用大麻(マリファナ)の合法的な売買を認めることで、その他10州とコロンビア特別区の仲間に加わることとなる。 6月、イリノイ州は民主党のJ.B. Pritzker(ジェイ・プリツカー)知事が、1月1日から州民や訪問者が認可薬局で大麻を購入可能となる法案に署名した後、娯楽用大麻を合法化した11番目の州となった。 J. B. Pritzker知事...

オフィスワーカーは化粧品の有毒化合物を吸引している可能性が高い

公害は屋外の問題と考えがちだが、多くの会社員(オフィスワーカー)は、オゾン、二酸化炭素、粒子状物質(SPM)、揮発性有機化合物(VOCs)など、目に見えない浮遊物質を絶えず吸い込んでいる。 これらは、カビ、建材、人間の細胞、ローション、デオドラント、ヘアスプレー、化粧品などのパーソナルケア製品から放出されるガスである。揮発性有機化合物の中には、疲労、集中力の低下、眼、鼻、喉への刺激、癌など健康への影響と関連しているものもある。 via ScienceDirect しかしながら、オフィス中を浮遊するこれらの物質にさらされることが、健康に重大なリスクをもたらすかどうかは未解決の問題だ。

【LSD】沢尻エリカの好み?サイケデリックドラッグ誕生から最新研究まで

1970〜90年にかけてアメリカのテレビで大々的に放送された公共広告は、薬物使用による有害な結果を警告した。 放送されたコマーシャルでは、俳優に精神病の発作が起こった事を描写させたりして、薬物が精神衛生と脳にどれほど有害かを示した。 https://youtu.be/8L3HWR_jtlA 薬物は嗜癖性があり使用者の健康に有害であることは明らかだが、特にリゼルグ酸ジエチルアミド(Lysergic...

研究を精査して分かった「ペット飼育」と「うつ病」の悲しい真実

イギリスのThe Independentによると、研究はペットがうつ病を含む、多くの精神衛生問題を緩和できることを示している。 また、ペットを飼うと憂鬱な気分が紛れるという主張をしているのは、インディペンデント紙だけでない。 https://youtu.be/sK0Pf9JZ5W8 National Alliance...

初心者向けヘッジガイド。市場についての理解を深め、良い投資家になるために

ヘッジはすべての投資家が知っておくべき実践事項である。ポートフォリオの保護がポートフォリオの評価と同じくらい重要であることに議論の余地はない。しかし、ヘッジに関しては説明されている以上に語られ、最も難解な金融領域にしか属していないように見える。ここでは、初心者でもヘッジとは何か、どのように機能するのか、投資家や企業が自らを守るためにどのようなテクニックを使っているのかを学ぶことができる。 ヘッジとは何か ヘッジを理解する最良の方法は、それを保険と考えることである。人々がヘッジすることを決めたとき、負の事象に対して自分自身に保険をかけている。これによって、ネガティブなイベントの発生を防ぐことはできないが、発生したとき適切にヘッジされていれば、イベントの影響は軽減される。つまり、ヘッジはほぼあらゆる場所で行われ、私たちは毎日目にしている。例えば、住宅所有者保険に加入していれば火災や空き巣などの不測の災害に備えることができるだろう。 ポートフォリオ・マネジャーや個人投資家、企業は様々なリスクに対するエクスポージャーを減らすため、あらゆるヘッジ手法を用いている。しかし、金融市場では単純に保険会社に手数料を支払うよりもヘッジが複雑になる。投資リスクに対するヘッジとは、市場における商品を戦略的に使用し、価格の不利な動きのリスクを相殺することを意味する。言い換えれば、投資家は一つの投資を別の投資でヘッジする。 技術的にヘッジするためには、負の相関関係を持つ2つの証券に投資する。もちろん、世の中に無料のものはないので、この種の保険は何らかの形で支払わなければならない。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -