2020-01-29 (水曜日)

【初心者向け】ムームードメインでドメインを取得する9ステップ

- Advertisement -クリブログ

ムームードメインでドメインを取得する方法を、端的に分かりやすく解説したいと思う。

めっっちゃくちゃ分かりやすいはず。

ドメインとは

ドメインは、インターネット上へ公開される情報に住所のような役割をつけるもの。基本的にサーバーはIPアドレスという数字のみで表されるのだが、ドメインとIPアドレスを紐付けることで人間が分かりやすい状態に変換することが出来る。

ドメインは世界中で1つしかないので、同じものは一切ない。自分の名前のドメインなどは、他人に取得されないよう、早めに取っておきたいところだ。

1.ムームードメインにアクセス

ムームードメインにアクセスする。登録は、先に済ませておこう。

2.欲しいドメインを入力

欲しいドメイン名を入力する。取得するドメインで迷ったときは、Google翻訳を使い様々な言語で該当する単語を調べてみると良いかもしれない。

他、調べた時に同じような名前(ドメイン)で、強い同業他社がいないかどうかも確認しよう。

3.ドット以降で好きなドメインを選択

ドット以降、好きなドメインを選択する。基本的に、こだわりが無ければドットコム(.com)を取得したほうが良い。

これは、多くの人がドメインに関して真っ先に思い浮かぶのが「.com」だからだ。

4.カートに追加

取得したいドメインをカートに追加する。

5.WHOISなどの選択をする

Whois情報で、自分の情報を出したくない時は代理公開するを選択する。ネームサーバーは、ドメイン取得時はムームーDNSで良いだろう。

6.連携サービス各種のチェックを外しておく

レンタルサーバー、ホスティング、メールといったサービスは不要なので、チェックを外しておこう。

7.クレジットカード情報を入力

支払うクレジットカードを登録する。基本的に、ドメインは1年に一度更新される。

8.「ドメインと一緒にいかがですか」をスキップ

ロリポップ、レンタルサーバー、オンラインショップ作成といったサービスをオススメされるが、いらないのでスキップしよう。

9.規約に同意し「取得する」

利用規約に同意し、「取得する」をクリック。これで、ドメインの取得は完了!


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

こちらもオススメです

【CSSのみでOK】スマートフォンでウェブサイトが横揺れするのを完全に防ぐコード

レスポンシブデザインで設計してあるウェブサイトでも、PaddingやMarginなどの関係から横揺れしてしまうことがある。 まずは、「画像 / 動画 / テーブル / スクリプトがレスポンシブになっているか」、コンテンツが「max-width: 100%; 」に設定されているかなど基本的な部分を確認してほしい。 それでも、ウェブサイトがグラグラと横揺れしてしまう時は、強制的にCSSで補正できる。

ICOやIEOの次に流行るのはIFOなのか

結論から言えば、IFOはある条件を満たせば流行ると考えている。 ICOとIEO ICOという言葉が一人歩きし、トークンエコノミーやコミュニティのような虚像がもてはやされた時期は過ぎ、IEOという言葉を聞くようになった。 軽く解説すると、ICOがInicial Coin Offeringとして一般投資家へ無尽蔵にオレオレトークンを売りさばくのに対し、IEOはInicial Exchange Offeringといい取引所が主体となって(販売やマーケティングを含む)トークンを販売するモデルである。

クオンツトレーダーになるためのステップ

高額な給料、高額なボーナス、仕事の創造性が定量的投資(クオンツ投資)を魅力的なキャリアにしている。クオンツトレーダー(quantitative traders、略してquant) は、数学モデルを使用してトレーディングの機会を特定し、有価証券(金融商品)を売買する。 学界、ソフトウェア開発、エンジニアリングのスペシャリストが流入したことにより、この分野はかなりの競争力を持つようになった。この記事では、クオンツが何をするのかや、必要なスキルと教育について見ていく。 クオンツトレーダーの本質 「クオンツ(定量)」という言葉は、数値を扱うことに由来している。コンピュータによるアルゴリズム取引や高頻度取引(HFT)の進歩は、分析すべき膨大な量のデータがあることを意味する。

日本で合法な大麻ビジネス。経験者が教える、CBD販売の懸念事項や注意点など

この記事は、CBD販売における注意点や考慮事項を経験者が書いているものである。 ここ最近、僕はCBDビジネスに関する相談を受けることがちらほらあり、その都度同じような事を話していた。 僕に問い合わせてくる方はブログ等から入ってきてくれるのだが、なにせ提供する情報が同じような事ならインターネットへ公開したほうが速いと判断した次第だ(勿論、話す人ごとに内容の詳細は変えている)。 私自身は大麻(マリファナ)に結構詳しく、日本有数の大麻のメディアを運営していたり、またCBD販売の経験がある。 これからCBDビジネスを始めたいと考えている方CBDビジネスを新規事業の候補に入れている方大麻に興味がある方日本で合法的な麻ビジネスに興味がある方単純に消費者としてCBDに興味がある方

ビットコインの何が面白いと思うか💸

特に公言しているわけではないが、僕はおそらくビットコイナーに分類される。なぜなら、その他ブロックチェーンと言われるものへ関心を持っているものの、ビットコインほどではないからだ。 ビットコイン一筋で、それ以外は邪道というマキシマリストでないが、ビットコインというものを強く『信用』している一人である。 では、なぜ僕はビットコインを信用しているのか。 それは、『信用がいらない』からである。そして、信用がいらない、つまり『トラストレス』であることが、僕は最も面白いと感じている。トラストレスの定義は人それぞれあるだろうが、僕は取引に際する信用が極めて小さいことだと考えている。 ビットコイン自体はここ10年ほどで出来たものだが、用いられている要素は、さして新しいものでもない。新しいアルゴリズムを用いることで、何かを解決しようとするプロジェクトが多い中、ビットコインはすでに確立されている既存技術をうまく組み込み(PoW)、経済合理性が働きやすいプログラムにインセンティブを組み込んだ。
- Advertisement -

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -