先日Twitterで見かけたのだが、DeepFake(ディープフェイク)がマジですごかった。

そもそもDeepFakeとは何かというところだが、「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake)」の造語で、人工知能(AI)によって人物を合成したコンテンツの事をいう。

最新技術が普及するのに最も大きなエネルギーを生み出すのは常にアダルト産業だが、機械学習に基づくDeepFakeもそう。

現在、DeepFakeを専門としたアダルト動画を配信しているウェブサイトがいくつかある。

主に、タレント、アーティスト、女優などの顔と既存のアダルト動画を合成しているので、配信されている動画は顔を合成された本人の体ではない。

本人ではなく、また同意もないのに裸が晒されるという事や、そもそも本人ではなく合成コンテンツなので販売することに違法性はあるのかという事など、諸々は問題ある。

アダルトに限らなければ、以前話題になったように政治家のDeepFakeを流す事で世論を操作できてしまうなどの問題もある。

ただ、ここでは問題をおいておき、素直に変態技術者が凄いという事でフェイクポルノを紹介させていただく。

kindle unlimited

サイト

DFIDOL

URL:「www.dfidol.com/」

韓国人を中心としているようだが、日本人も結構いた。タグで各人の動画が見られるようになっている。タグの数を見る限り、橋本環奈、吉岡里帆、石原さとみ、新垣結衣が人気のようだ。

DFIDOL

Mr DeepFakes

URL:「 https://mrdeepfakes.com/ 」

海外セレブが中心。「Celebrities」で各人の動画が配信されている。Mr DeepFakesで人気のセレブは、Emma Watson(エマ・ワトソン)、Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソ)、Chloe Grace Moretz(クロエ・グレース・モレッツ)のよう。

Mr DeepFakes

ADULT DEEPFAKES.com

URL:「 https://adultdeepfakes.com/ 」

海外セレブのフェイクポルノが掲載されている。執筆時点で583人のセレブがいるよう。タブで「Celebrities」を選択し各人をクリックすると、動画が見れられるようになっている。

ADULT DEEPFAKES.com

フィリップ2世

URL:「https://twitter.com/Philip2Prof

20年近くアイコラを作成している名人。Twitterで積極的に自身が作成したフェイクポルノの動画を配信している。勿論、動画サイトもある。広瀬すず、宇垣美里など、国民的に人気の女性タレントのフェイクポルノを作り、楽しんでいるよう。

所感

フェイクポルノを作っている人は変態ではあるが、スケベ心よりも違和感を感じず完成度の高いコンテンツを作成することに喜びを見出しているように感じた。

コンテンツを作成している人たちが、訴訟で負けなければ良いな、とか思ったりした。

フェイクポルノなど、アダルトコンテンツを中心にブログ書いている人を見かけたので、詳しくはそちらを見てもらえればと思う。

追記

先日、フェイクポルノを正式に違法とする地域が登場したと報道された。元交際相手などとの日常における画像・映像とポルノムービーを合成させる「フェイクポルノ」は、リベンジポルノとして使われる可能性が問題視されている。

このことから、アメリカ・バージニア州が世界で初めてフェイクポルノを『違法』と定めたようだ。

The Vergeによれば、2014年以来バージニア州は「他人を強制、嫌がらせ、または脅迫する目的」で裸の画像またはビデオを公開することを禁止している。最新の改正によって、「ニセの作成されたビデオまたは静止画像」を含むことを明確にされた。これは、「ディープフェイク」だけでなく、Photoshopによる画像または偽造映像も指す可能性がある。規則に違反するのはクラス1の軽犯罪となり、最高 12ヶ月の懲役と最高2,500ドル(約27万円)の罰金が科せられる。

また、アメリカの他41州も2019年までにフェイクポルノを違法化する方針だという。

女性の写真を1クリックで裸にしてしまう「DeepNude」というサービスは、問題を指摘されため停止している。

DeepNudeで生成されたフェイクポルノ

一応、動きの遅い日本では未だ違法化はされていないが、多少相手を思いやる気持ちも持ってほしいところだ。

アダルト関連の記事はこちら↓

Total
3
Shares
You May Also Like